ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

よかいち 芋焼酎の純水割り

4_20120930190619.jpg 5_20120930190618.jpg

しぶいですねー(笑)
原材料はさつまいも、米麹(タイ産米)で、
アルコールは10%。
缶飲料にしてはしっかりめですね。

クセがなく、スルッと飲めるお味でした。

スポンサーサイト

PageTop

小川の干しいも(再)

6_20111107133353.jpg

いつぞや、昆布臭い、と評したこちらの焼酎。
名誉のために、再アップします。

7_20111107133353.jpg 8_20111107133352.jpg

しばらく手つかずで置いておいたのですが、
寒くなるとお湯割りが恋しくなります。
お湯で割ると、昆布臭が強くなっちゃうかなぁ…と思いながら、
香りを嗅いでみると、
ちゃんとした芋焼酎の香り!

ストレートで飲んでみると、
確かにちょっとクセはあるのですが、芋焼酎っぽくなってる!
てか、芋焼酎!
これなら飲める!

ってことで、お湯割りなどでいただいてます。
「昆布くさい」で終わっちゃうと失礼ですのでね。
訂正の記事をアップすることにしました。

飲む数日前に口開けしとくと良いのかも?

PageTop

小川の干しいも

大事に飲んでいた赤霧島が無くなったので、
スーパーで適当に焼酎を仕入れてきました。

9_20111002201902.jpg

以前からちょっと気になっていた、干しいも焼酎。
1本ごとにいくらかを義捐金として寄付する、というタグにも心惹かれて
買ってみました。

10_20111002201902.jpg 11_20111002201901.jpg

原材料は干芋と米麹。
アルコールは25%と、オーソドックスな焼酎ですね。

香りは芋焼酎と同じ、甘いちょっとクセのある香り。

飲んでみると…

なんか・・・

生臭い?!

なんだっけ、この感じ…と考えながら飲んで、
思い当たりました。
とろろ昆布の匂い(^^;

いやー、微妙に生臭い焼酎をロックで飲むのは結構キツいです。。。
注いだ1杯は何とか飲み干しましたが、
1本飲み干せる自信がありません。。。
友達に話すと、ダシ代わりに料理に使ったら?と。
それもアリかも…。

栓を開けて1晩置いておくと、味変わったりしないですかねー?
うーむ。
まさか、芋焼酎がとろろ昆布の香りとは…

PageTop

鍛高譚のソ-ダ割

9_20110711163333.jpg 10_20110711163333.jpg

どうなんだろう?と思いながら買ってきてみました。
原材料は焼酎甲類(糖蜜)、焼酎乙類(デ-ツ、しそ)、
レモン蒸留酒、果糖ブドウ糖液糖、酸味料。
アルコールは7%。

…原材料を見る限りでは期待できない感じ(;^_^A
焼酎だけで3種使ってますもんね?
缶に「甘い」とか書いてあるのもちょっと…。

飲んでみると…。
甘い。
甘いレモンの味にヘンに甘いシソの風味が絶妙にミスマッチ(爆)
うぇぇ-ってなる甘さ&香り。

普通に鍛高譚のソ-ダ割にしといてくれればいいのに。
竹鶴とフォアロゼのハイボール(缶)の差、みたいな感じですかね。

残念でした…。

PageTop

さつま美人 黄金千貫天然水割り

08_20100322173824.jpg 009_20100322173823.jpg

発売元の福徳長酒類株式会社は東京の会社なので、
こちらでも売ってるんでしょうねぇ?

原材料はシンプル!
さつまいも&米麹。
焼酎の原材料のまんまですね。
シンプルイズベストです♪
アルコールは10%。
焼酎の水割りそのまんま、って感じですかねー。

まろやかな甘みで美味しかったです。
飲む前日とかに水割りを作って冷蔵保存して飲む・・・
前割りって言うんですかね?
味がまろやかになって美味しいって言いますけど、
そんな感じだと思います。

あとは値段との兼ね合いですかね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。