ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クリスマスビール

クリスマスに友人から贈り物が届きまして。
開けてみると、中からとても可愛いボトルが
それがコチラ。

046.jpg
        

ボトルは白ですが、中は黒ビールです。
ほのかな甘みが感じられますが、余計なものは使わず、
ローストした麦芽の甘みでしょうか。
美味♪
0.5Lですが、何の苦もなく飲めました(笑)
(一応最近は、家では350mlしか飲まないんですっ)

ボトルがとっても可愛いので、保存決定です
ただ今水に浸けてラベル剥がし中。
そろそろ置き場が無くなってきたので、
どれか処分しないとダメかなぁ~。

ごちそうさまでした(^O^)

…正式名をチェックし損ねました(>_<)

スポンサーサイト

PageTop

Bar Estel

先日潜入してきた、面白いバーのお話。

私がしょっちゅう中野で飲んでいた頃にはまだ無かった、
比較的新しいバーがあることは認識してまして。
「行ってみたいお店がある」と、行ってみることにしました。
看板から察するにモルトのお店、のはず。          

まず入口の小ささに驚き。
茶室の入口のように小さいんです。
高さは・・・1mあるかなぁ?ってぐらい。
ガラスから中を覗き込むと、人がいるのが見えて
とりあえず入ってみよう!と。

先客は中(高?)年男性が2人。
私たちが席につくと同時に帰って行かれました。
そしてバーテンさん。
30代半ばくらいの男性なのですが、
とぉっても色白で、眉が茶色くて細くて、顔のパーツが大きくて・・・
ちょっと・・・妖怪人間ベラ、みたいな・・・(爆)
ご、ごめんなさいっ

そしてそして、並んでいるお酒を見て、これはヤバイ、と。
オフィシャルの、どこでも買えるようなお酒が1本たりとも無い
名前は知ってるのばっかりだけど、
熟成年数が30年とか、ラベルはなんか見たことないぞ、とか
そんなのばっかり。
ボンベイでさえ、あの青い瓶じゃなくて、なんかオレンジのラベルの
見たことがないもの。。。

とりあえず最初に「あれはおいくらですか?」と聞いてみると
「こちらは2千円でお出ししております」
おうっ!2せんえんですか・・・
「じゃああちらは・・・?」
「こちらは5千円ですね。ハーフでもお出ししておりますので。」
・・・これ以上値段確認しててもしょうがないや、と
腹を括って適当にハーフで注文。
「オススメはどれ?」と聞いてくる友人に
「ごめん、私の知識では歯が立たないので、気になるのを適当に飲んで」
と、ヒソヒソ(でも丸聞こえなんだろーけど)。

で、写真はこの前ブラインドコンテストで飲んで以来
妙に気になっているAberlour(アベラワー)。
 
044.jpg
      

熟成年数は10年だけど、多分ヴィンテージが古いとかそういうの?
ズラリと並べてくれて、ラベルが微妙に違っているのが面白かったです。
アベラワーといえば今はスペイサイドの括りに入りますが、
まだ‘ハイランド’って書いてあったし。
(昔はハイランドとローランドにしか分かれてなかったんですって)
お味は普通に美味しかったです。
・・・すみません、若干動揺してまして・・・

続いてはアイラを飲んでみたいな~、と注文したBruichladdich。
ブルイックラディ、と読むようです。

045.jpg
      

アイラ独特のスモーキーさはあまりなくて、
軽く飲みやすいモルトでした。

で、ですねぇ。
飲んでる間に、スモークうずら卵、オレンジピール、枝付き干しぶどう、
フルーツヨーグルト、なんぞが次々出てくるわけです。
これは、ナニ?!
チャージはおいくら?!みたいな
(結局2人でハーフで5杯飲んで、ぴったり1万円でした。)

そして更に驚いたことに、グラスがね、全てバカラだったんですっ!!!
チェイサーを入れるグラスも全部!
「高いお酒を飲んでいただくのに、高いグラスの方が良いと思って」と。
おつまみを載せてるお皿も重くて高そうだったし、
こだわりのお店なのですね

入口についても聞いてみました。
「茶室のイメージですか?」と。
「1Fでバーだと、カクテル飲みたいお客さんが入ってきちゃうんで・・・
 ちょっと入りにくい方がいいなぁ、と思って」とのことでした。                     

いや~、最近明朗会計のお店でしか飲んでなかったので、
面白い体験しちゃったな~って感じでしたね~(笑)
付き合ってくれた友達にも感謝、です。

PageTop

「Laphroaig」 10Y リカーズハセガワ オリジナルラベル

043.jpg


ローズバンクに続いて、ラフロイグもいただいてきました。
これまた美味♪
特に樽のは味わい深かったですねぇ。
また飲みに行くべし。

写真はラベルが面白いな~、と思って撮ってきました。
東京駅、とかですよね?
八重洲って書いてあるし。
(※リカーズハセガワのオリジナルボトルです)

はぁ~、飲めるって幸せ~ヽ(´▽`)/

PageTop

「Rosebank」 atcfプライベートボトル

042.jpg


昨日はブラインドコンテストの候補のお酒を一通り飲んで、
ますます分からなくなってしまいました(笑)
難しいがな…

写真はそれとは関係なく飲んできたローズバンク。
お店のオリジナルラベルです。
独特の甘い香りと味とで美味♪
はぁ~、飲めるって幸せ~ヽ(´▽`)/

PageTop

booker's

えぇ~?!と思った値段の話を一つ。

booker'sというバーボンがございます。
個人的に特に好きとかいうわけではないのですが、
学生時代、「好きなんだけどなかなか売っていない。見かけたら教えて」と
友人が言っていたので、
酒屋に行くとつい探してしまうクセがついております。
・・・何年来のクセだよ(^^ゞ

まぁそのツッコミは置いておいて、と(笑)
以前から意外と普通に売っていたんですね。
HPで価格を見てもおわかりいただけるように、
大体1本1万円くらいで、
たまに安売りの酒屋で9800円(それでも定価か・・・)
くらいで置いてる、と認識しておりました。
バーだと、ショットで千円くらい。
最近ショットで千円っていうのが普通の感覚になってきましたが、
学生にはちと高いですな。。

で、奮発してバーで飲んだことはありますが、
すっごい好き!ってわけでもないので、酒売場で値段を確認して
うんうん、この値段だな、っていう行動を取り続けておりました(笑)                     

ところが、です。
先日、仕事で新横浜まで出かけた時、
いつもの習慣で酒売場を覗いたんですね。
そこそこモルトなんぞも置いており、
booker'sも置いてあったのですが、な、な、なんとっ!
4980円だったのです!!
えぇぇ~?!
半額ですか?!         

好きなお酒だったら仕事の途中だろうが、
お構いなしで買って帰る価格ですよ(笑)

先日飲みに行った時、ちょうど飲んでいる人がいて、
カウンターにボトルが置いてあったので、
随分安くなりましたよねぇ・・・なんて話したのですが。
お店で仕入れるルートでも、以前は6~7千円程度で
バーボンは並行輸入が多いから
なかなか価格が下がらないとか何とか・・・。
何だったんですかねぇ、あの価格は。
きちんと箱にも入ってましたよぉ~。

PageTop

キリンとれたてホップ 缶

040.jpg


ぼんやりしてると、店頭から無くなってしまいました…
つみたてホップの瓶。
仕方ないので缶を買ってきましたが、
やはり全然別物ですね(´Д`)
かなり軽くて、まぁ美味しいけど。

あ-あ。
ある時に瓶買っておけば良かった。

PageTop

ストロベリーロワイヤル

039.jpg


安いお酒もオシャレなグラスに入れると
おいしそ-に見えますね(^_-)
カクテルパートナーのストロベリーロワイヤルです。
ま、ファーストドリンクにごくごく飲む感じで(笑)

PageTop

Myブラインドコンテスト1回目 結果発表

先日参加したブラインドコンテストの結果が発表になりました。

正解はカリラ6年でヴィンテージは2000年。
私の予想はカリラ9年で1998年。
う~ん。
惜しい!・・・か?!

蒸留所が当たりますように
っていうのが今回の目標だったので、
とりあえずは目標達成ですかね。

お店で試飲したのはカリラ12年だったんですね。
で、お店の人に「これより若いのは何年があるんですか?」
と聞くと「9年があります」とのことだったので、
そのまま「9年」って書いたんですけど・・・
9年も熟成してない気はしたんですけど・・・

悔しいので是非リベンジしようと思います(笑)
ちょっとコツは掴んだ・・・かな?
熟成年数は自分の目で見て判断する&ヴィンテージは勘!
・・・って、コツでも何でもないし(^^ゞ

今週末からまた開催されるんですよ~。
そろそろ怪我も治ってきましたし。
ふふふふ。

PageTop

Patrasche

038.jpg


ベルギービールのパトラッシュ。
ラベル買いしました(笑)
やや頼りない感じのイラストですけどね(;^_^A
2種類あって、濃い方を買ってきました。
しっかりしたコクと香りで美味♪

パトラ-ッシュ(T_T)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。