ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

OCHAGAVIA Silvestre 2007

ワインの名前はどこまで、どう書いていいのかよくわかりませんねぇ。
地名とか、蔵の名前を知らないせいだと思われます。
本を買ってこなきゃと思って、まだ買ってないしな~(^^ゞ
ワイン会講師の山本さんオススメの本を本屋で見ると、
とてもサイズが大きくて、本棚に収まらないなぁ…
ってそこかい!(笑)

で、第3弾安物ワインシリーズ1本目です。
今回は特に安物を狙ったつもりは無かったのですが、
6本で5千円弱という安物セットを買ってました(爆)
多少なりとも当たりがあるといいですねー。
(他人事?)

01_20090318142105.jpg

 OCHAGAVIA Silvestre 2007

最初にラベルで飲む順番を何となく決めるのですが、
これと、スクリューキャップのメルローとどちらにするかすごーく悩みました。
フランスのスクリューキャップなんて、いかにも期待できなさそーじゃないですか(^^;
なのでそっちにしようかな、とも思ったのですが、
そのインポーターが巴工業だったんですよね~。
巴工業といえば、大好きなBarahondaを仕入れているところ。
なので「巴工業を信じてみよう」ってことで、こちらを先に開けました(笑)

02_20090318142157.jpg

03_20090318142246.jpg

チリワインで、カベルネS100%です。
ゴムのコルクでした。
まず色で見ると、いかにも薄そー
香りはプラムやバターっぽさも感じられて、濃厚。
味は…薄い。
「水入れたでしょ?!」とまでは思いませんが、薄い。
チリワインでも薄いのあるんですねー。
ま、千円以下のワインですから、こんなものでしょうか。。。
薄い中にも酸味とタンニンが少~し感じられます。
ベリーっぽさもあり。
これで濃度が濃かったら、好きな系統の味なんだけどな。
ま、テーブルワインとして食事と一緒にスルスル飲むには良いかも。

スポンサーサイト

PageTop

イタリアンスクリュードライバー

04_20090318141854.jpg

カクテルパートナーから出ている、イタリアンスクリュードライバーです。
確か前に一度飲んだのだけど、
相当酔っ払っている時に飲んだので
(そんな時に飲むなよ…)
よく覚えてなくて、再度買ってきました。

05_20090318141929.jpg

文字が金色なので見づらいのですが、
アルコール分はオレンジリキュール、かな?
4%なのでかなり軽いですね~。

で、お味なのですが。
なんか、かき氷の蜜の味がしました(爆)
あの作り物っぽい甘さ(^^;
なんででしょ…

PageTop

Cono Sur Gewurztraminer Reserva 2本目

ちゃんとしてそうなお店で買ってもう一度飲んでみたい、
と思っていたCono Sur Gewurztraminer Reservaを、
届いたその日に早速いただきました♪

01_20090317102903.jpg

まぁラベルの写真は前回と変わらないのですけど(笑)
で、やっぱりフルーティーな良い香りです。
幸せです。
マスカットとか蜜のような香り。
そしてお味もスッキリとした甘さ。
とってもフルーティー。
あらためて、美味しい
千円ちょっとでこの味なら文句ナシです。
ただ、食事には合わせにくいかも。
デザート感覚で、ワインだけいただくのが良いかな~?

で、前回気になったピリピリとした刺激ですが、
心なしか弱い気がします。
口に含んだ瞬間は確かに刺激が少しあるのですが。
ん~。
確証はないですけど、あの店ではもうワインは買わないぞー(^^;

02_20090317103040.jpg

いつぞや‘赤ワインとバラ’の写真がすごくキレイに撮れたので、
白ワインバージョンを撮ってみました。
が。
二番煎じはダメですね~(^^;
バラの葉が入ってないので、全体的に締まりがない気がします。
ま、美味しかった~♪のイメージってことで(笑)

危うくまた1本空けてしまいそうになりましたが、
前回その後風邪を引いたんだぞ!
と自分に言い聞かせて、3分の2程で止めておきました。
それでも3分の2だけど(爆)
2日目になると完全に刺激が無くなって、
とっても飲みやすくなってました~(^O^)
これはまた買うかもです♪

PageTop

Night Music

03_20090317102521.jpg

WDのお返しにいただいたものを、早速いただきました!
ドイツのワインです。
ワイン?
ワイン…だよね…。
デパートなんかで売ってるのは見たことがあります。

04_20090317102552.jpg  05_20090317102604.jpg

ボトルデザインが可愛いですよね~♪
ラベルに書かれている楽譜は「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の出だしの部分ですね。
ナハトムジーク(Nachtmusik)=Night Music、かな。

品名にもきちんと「ワイン」と書いてありますが、
度数は10%弱。
なんでそんなに低くなるのかしら…?     

香りを嗅いでみると、
ワインっぽいけど、普通のワインではないよね?という感じ。
味も普通のワインというより…ワイン風アルコール飲料?(笑)
サッパリとした甘さ&軽い飲み口なので、アルコールが苦手な人でもOKかな?
それにしては10%は高すぎるかしら(^^;

アルコール得意な私はごきゅごきゅと飲み干しました(爆)
ごちそうさまでした~(^O^)

PageTop

「Auchroithk」1989 18Y(Blackadder)

13_20090316144934.jpg

シェリー樽を使ってます。
しっかりとシェリーを感じる香り&味ですが、
あまりまとわりつく感が無いので、
シェリー樽苦手な私でも大丈夫なお味でした。

PageTop

ブラッディメアリー

12_20090316144823.jpg

ここでちょっと何か食べたくなって、ヤリイカとオリーブのトマト煮をオーダー。
「モルトに合います?」と聞くと
「正直に言うと、合わないです」と(爆)
だよね~(^^;
ちょうど、フレッシュトマトを使ったブラッディメアリーができる、
ということで、そちらをいただきました。

「フードに合わせるために、クラマトトマトを少し入れました」
というブラッディメアリー。
魚介っぽさはあまり感じませんでしたが、フレッシュなトマトの香りが美味
甘くしても美味しそうだな~♪
家でもやってみたいな~。
トマトって、あんまりたくさんは食べられないけど、これなら。。。

PageTop

「Clynelish」1993 15Y(Three Rivers)

10_20090316144727.jpg  11_20090316144739.jpg

カスクです。
57.3%あります。
やっぱり一口目はきっついですねー(笑)
味はその分濃厚ですけど。
ぎゅっと凝縮された甘味。
フィニッシュも甘い余韻が続きます。
ちょっとくどいかな?

PageTop

「Lagavulin」1995 10Y Chieftain's

09_20090316144649.jpg

随分前にリリースされたものが、インポーターさんの倉庫から出てきて、
こちらの系列店で買い取ったそうです。
見かけないラベルですよね~。
The スコットランドって感じ。

ほのかにピート香。
濃い甘味、だけど後味はサッパリ。
ほのかに苦味。
フィニッシュにもピート香り。
苦味の中に甘味のある余韻。

PageTop

「Aberlour」1995 11Y NC2(Duncan Taylor)

08_20090316144610.jpg

こちらはちょっとクセのある香り。
口当たりはまろやかで、後からぶわっと甘味が。
スッキリとした、鋭角的な甘み。
後味はスッキリで、フィニッシュは短め。
こちらは時間が経つと苦味が立ってきます。
時間による変化も面白いですねぇ。

PageTop

「Tormore」 1993 10Y Provenance(Douglas Laing)

07_20090316144533.jpg

春夏秋冬シリーズの春です。
口当たりは軽く、後からふわっと甘味。
ピリッとした刺激と、酸味もほのかに感じます。
バニラ香。
フィニッシュは意外と長め。
ゆっくりと飲んでいると刺激が弱まり、
まろやかな甘味が強くなってきます。

PageTop

「Macallan」ハイボール

06_20090316144435.jpg

「マッカランで自家製リキュールを作ったんですよ。
 それを最後にちょっと垂らした マッカランのハイボールはいかがでしょう?」
ってことで、それをいただきました。
確か、ハチミツとオレンジを漬けた、とおっしゃっていた気がします。
でも甘さはほとんどなく、スッキリしたお味。
マッカランのハイボールもアリですねぇ。

PageTop

Orange Chocolate Stout 2009

冷蔵庫に収まりきらないビールがあと2本あります(笑)
暖かくなってきたし、「今日はビールの日だ♪」ってことで、
シルクヱビスの後、更にビールをいただきました。
普通のビール→度数高いビール、なら
1晩に2本でも3本でも……おほほほ(爆)

02_20090313131415.jpg

Imperial Chocolate Stoutと同じ、サンクトガーレンのビールです。
今年の新商品だったと思います。

03_20090313131547.jpg

こちらの商品ラベルでおなじみの修道僧はいませんねー。
シンプルで可愛いラベルです。

04_20090313131611.jpg

原材料は麦芽・麦・ホップ・酵母・だいだい。
だいだいって、オレンジなんですかね?(笑)
Japanese Orange?
こちらの醸造所のある神奈川県産のだいだい使用だそうです。
アルコール度数は7%で、ちょっと高め。

まず香りを嗅いでみると、ふわっと柑橘系の香りがします。
でも、くんくんし続けると
黒ビールらしい香りしか感じられなくなります(笑)
飲んでみるとそれほど重くない黒ビールの中に、
ほのかに柑橘系の香りが感じられます。
そして割とビターなテイスト。        

で、驚くのはその後味のスッキリさ。
説明に「皮まで使用しているので後味スッキリです」
みたいなことが書いてあったのですが、
本当にスッキリ、サッパリ!
黒ビールにありがちなクセみたいなのが残らず、
スーッと消えていく感じ。
そして柑橘系にありがちな、苦味は全くありません。

オレンジピールのチョコレートがけみたいなのを連想していたので、
ちょっと甘いかと思っていたのですが、大人な味ですね~♪
これは好きです。
また買います。
…来年の話だけど(笑)

PageTop

シルクヱビス再び

01_20090313131308.jpg

味覚は完全に戻ったので、シルクヱビスを再びいただきました。
グラスに注ぐ瞬間、麦芽の良い香りが漂ってきて、
あぁ~、嗅覚がしっかりあるって幸せ…
と、ヘンなところで感動(笑)

で、再び飲んだお味の感想なのですが。
まぁ味はふつーですよねー(笑)
そんなに劇的に違うはずもなく。
やっぱり刺激はちょっと弱めでまろやかな気がします。
普通のヱビスと飲み比べると、何か違いが分かるかも。
でも1晩に普通のビール2本はいらないなぁ~。

「数量限定だし、もう何本か買っておこうかな・・・」と
お酒売場に行ったのですが、
シルクヱビスの近くにプレミアムモルツが8円違いで並んでまして。
「8円しか違わないならプレミアムでしょ・・・」と、
そっちを買ってしまったのでした(^^ゞ
でも、もう一度は買ってきますよぉ~。

PageTop

<Mercedes Eguren 2006>2日目

05_20090312092341.jpg

「大ハズレ」とご紹介したワインの残り半分を、
昨日飲みました(笑)
ええ、飲みますとも、勿体無い(爆)

激マズワインに梅酒をちょっと入れると美味しくなる、
と教えてもらい、自家製梅酒をスタンバイして
ワインをグラスに注ぎ、一応香りを嗅いでみる…と。
昨日よりは断然ワインらしい香りがします。
錆っぽさがなくなって、ブドウの酸味を感じる香り。
おやおやおや?
と、飲んでみると。     

味があるんですっ!
前の日より全然!!
口当たりは軽めで、深みはないけど、
酸味と渋みがちゃんとある、普通のワインになってるんですっ!
なんで?なんでなんで?

これなら普通に飲めるじゃーん
と、ゴキゲンでいただきました(笑)
ワイン会の時も、赤は前日に口開けなさっているようですが、
ある程度は空気に触れさせないと、
ポテンシャルが発揮されないのでしょーか。
でもなー。
さすがに家で「明日飲む」って、口開けしないよなー
せめて、お風呂に入る前に口開けしましょうかねぇ。。。

で、梅酒なんですけどね。
赤と白、どっちでもOKなのかは聞いてなくて、
でもイメージ的には白よねぇ???と思いつつ、
試しに最後、ちょこっと入れてみました。
…はい、白で正解でした
香りでは全然分からないのですが、
せっかくのワインのコクが消えてしまいました。
ブランデー梅酒だからかもしれませんが・・・。
白の激マズワインに出会ったら、また試してみようと思います。
出会いたくないけど(^^;

PageTop

Mercedes Eguren 2006

Cono Surのゲヴェルツと一緒に買ってきた赤ワイン。
お手頃価格と、ラベルのセンスの良さにひかれて買いました。

11_20090311101632.jpg

スペインの赤ワインで、
セパージュはカベルネ・ソーヴィニヨン100%。
ラベル、なかなか素敵ではにゃいですか?

12_20090311101711.jpg

インポーターはモトックス、というところ。
初めて見たかな~。

で、味なのですが。
まぁ勿体をつけるまでもなく、タイトルに「大ハズレ」と書いたので
美味しくなかったんだろうな、というのはお分かりかと。
えぇ、美味しくなかったです。

まず、随分長い間立てて保管されていたようで、
コルクにはほとんどワインが染みていませんでした。
買って帰ってから寝かせていた分のみ、
うっすらとついている、という感じ。
あまりに色が薄いので、ワインの色も薄いのかと思って
ビックリしました(^^;
まぁ無事に抜栓できたので、それは良いとしましょう。

予想に反して、ワインの色はかなり濃度のしっかりした印象。
「これなら大丈夫じゃん♪」と香りを嗅ぐと…
何といいますか…錆びた鉄の匂い、みたいな。
とても飲むのが楽しみになる香りではありません。
口に含むと口当たりは軽く、というか味が無く、
後から酸味と渋みがちょびっときて、
でもコクとかそういうのは全くなく。。。
口開けして1週間経っちゃって、
香りも味も飛んじゃいました~、なお味
料理酒?みたいな。       

確かCono Surより高かったと思うのですが・・・。
このワインのポテンシャルが最初からこの程度なのでしょーか。
樽熟もかけてるのに。
225Lの樽だとあんまり関係無いのかしら?

非常にガッカリなワインでした。
ここまでハズレも珍しいような…?
週末に届くワインを楽しみに待つことにします。。。

PageTop

-196℃ 桜&さくらんぼ

08_20090311093533.jpg

春限定商品です。
色はほのかにピンク色をしていたのですが、
ピンクの背景の前に置いちゃ、透明にしか見えません。
分かってます。
わざわざ黒い背景にして取り直すの、
面倒くさかったんだもーん
あ、でもこの缶のデザインだったら、
黒の背景の方が良かったですね。
学習、学習。

関係ないけど、-196℃って液体窒素の温度なんですね~。
この前、液体窒素を使った新感覚スイーツ、とかって
TVで紹介してて、知りました。
え?常識?
すみません、文系なもので・・・(笑)

09_20090311093605.jpg

佐藤錦って書いてありますよ~。
ホントにぃ~?
アルコール分は桜リキュールとスピリッツで、
アルコール度数は5%。
さくらんぼ自体がそれほど濃い味のものではないので、
まぁこんなものかな~なお味。
香りの弱さを桜でカバーって感じですかね。
サッパリと甘酸っぱくて美味しかったです。     

で、こちら。
いつもと何か違うのがお分かりいただけますでしょうか。
そう、これ、500ml缶なんです。
500mlなんて買うの、ちょー久しぶりですよ~。
ビールばっかり飲んでた時に買ってましたけど。
あの頃は一晩に1L近く飲んでましたねぇ…(爆)

話が逸れました(笑)
別にたくさん飲みたかったわけじゃないんです。
売場で「お!新商品!」と思って、
「500もいらないから350は…」と、棚の隅々まで、
箱売りしているところまで確認したのですが、
350が無かったんです。
500しか無いってことは無いだろうけど、
わざわざコンビニを探し歩くほどでもないし…と、
500を買ってきたわけですね
ま、チューハイは安いですしね♪

PageTop

シルクヱビス

体調を崩してから4日ほど、アルコールは飲んでおりませんでした。
で、昨日。
どうしようかな~と迷ったのですが、
そろそろ大丈夫…そう?ってことで、
ビールを飲んじゃいました~(笑)

02_20090308125300.jpg

シルクヱビスで~す♪

03_20090308125348.jpg

04_20090308125400.jpg

限定醸造だそうです。
原材料は麦芽(大麦・小麦)とホップのみ。
アルコール度数は5.5%。

で、味なのですけど。
味なのですけど。。。

いかんせん「見切り発車」なもので、
味が分かるような、分からないような…って感じなんですよね(^^;
普段のヱビスより、刺激が少なめだったような気はします。
きちんと味が分かるようになってから、また報告しま~す。

で、久し振りのアルコールだったわけですが。
一口飲むと、内臓に染みわたる感じがしました(笑)
で、ビール1本でちょっとホロ酔い。
普段では考えられない酔い方でしたねぇ(^^ゞ

PageTop

Barley Wine 2007

11_20090308094457.jpg

恵比寿で見かけて、気になっていたビールを
目白・田中屋でゲットしてきました♪
ラベルアップと裏の写真もどうぞ。

10_20090308094517.jpg

12_20090308094556.jpg

原材料は麦芽とホップのみ。
だけど、アルコール度数は9%。
最近、シンプルだけど度数が高いのが好きです♪

これは最低でもワイングラス、
できればゴブレットでいただきたいお味ですね~。
濃厚なお味。
とうもろこしみたいな…ちんすこう?
なんだか嗅いだことのあるお菓子の匂いがします。
嫌味のない甘さで、じっくりとデザート感覚で味わうビールですね。
これは好きです~(^O^)
賞味期限ギリギリまで寝かせたものも飲んでみたいですねぇ。

やっぱラベル買いは侮れないなぁ~。

PageTop

Chocolat Brewary

07_20090308094236.jpg

一部を除いてネットのみで販売された限定商品です。
SapporoとROYCE'がコラボして作ったチョコレートビール。
缶のアップもどうぞ。

08_20090308094320.jpg

09_20090308094345.jpg

原材料は麦芽、ホップ、糖類、カカオニブ、香料で、
アルコール度数は5%。
まぁ普通のビールと同じ感じですね。
大きめのグラスとワイングラスと、どっちにするか迷いましたが、
ワイングラスでいただきました。
この後、続けて違うビールを飲むつもりだったこともあって(笑)

お味ですが。
最初にふわっとチョコレートが香ります。
味はホロ苦いチョコレート味。
フィニッシュにもカカオの香りが鼻を抜けます。

ん~。
まぁまぁ、かな(爆)
香料を使っているのがちょっと気に入りません。
どうせホロ苦いならサンクトガーレンの方が
嫌味のない苦さで良いかも?
ま、値段を考えたらその差は仕方が無いですかね。

PageTop

Cono Sur Gewurztraminer Reserva

13_20090303104301.jpg

14_20090303104341.jpg

前々回のワイン会で飲んで「美味しい!」と感動した
ゲヴェルツトラミネール100%のチリワイン。
このシリーズですので、お値段は千円ちょっと。
でもReserva
安物ゲヴェルツの味はどうよ?
と買ってみました。

正直、あまり期待はしていなかったのですが、
ところがどっこい!
充分美味しい!!

ワイン会でいただいたのはライチの香りでしたが、
これはマスカットの香り。
味もマスカットのようなさわやかな甘さ。
食事に合わせたい時には少し冷やして甘さを抑えて、
デザート感覚でいただく時は
少し温度を上げていただくと良いかも。
ただ、ちょっとピリピリと刺激があるのが気になります。
これはそういうワインなのか、亜硫酸なのか…。

で、「どうだろな~、亜硫酸だったら明日頭痛いだろうな~」
と思いながら、1本空けてしまいました(爆)
久しぶりです、1晩で1本。
破れかぶれなんで。
あはははー。

で、今朝。
頭はちっとも痛くありませんでした
う~ん、侮るなかれチリワイン、ですね。
又買って来ようっと♪
今度は1本は空けないぞー(笑)

PageTop

「Tomatin」 42Y Jack&Jack(Jumping Jack)

23_20090303104158.jpg

カスクだけど度数は41.7%しかありません。
「しか」って言っても42度弱ですけど(笑)
57%の次に飲むと、ものすごーく飲みやすく感じますね。
先ほどに比べるとまろやかな甘み。
ワインもそうだけど、年数を重ねると丸くなるのでしょうか。
人間もそうですもんねー。

PageTop

「Dalmore」1992 12Y(Acredyke)

22_20090303104116.jpg

初めて聞きました、エイカーダイク。
ダルモアのボトラーズものって珍しい気がします。
57.7%のカスク。
強烈なパンチと甘味があります。
やっぱカスクはきついわ、うん。
当たり前だけど(笑)

PageTop

イチゴのカクテル

21_20090303104006.jpg

「サッパリしたものが飲みたいです」とオーダー。
「苺を使ったカクテルなんかでもいいですか?」ってことで、
作っていただきました。
お酒は何を使ってたのかなぁ。
複数入れていらっしゃったのですが、
ぼんやりしてよく分りませんでした(^^ゞ

甘酸っぱい苺がサッパリして美味しかったです。
真ん中に浮いているのはバジルの葉。
写真だとイマイチですね(^^;

PageTop

Vinsanto Recinaio

20_20090303103818.jpg

サンジェルヴァジオの名前を最初に有名にしたドルチェワイン。
‘VinsantoでVinsantoを飲む’と、盛り上がる一堂(笑)
Trebbiano80%、San Colombano20%。
どちらも白ブドウだそうですが、ワインの色は褐色がかっています。
紹興酒とかお醤油のような香り。
甘いだけじゃなくて、何とも複雑な味わい。
面白い。

こちらは、陰干ししたブドウを、112L入る専用バリックに
少し余裕を持って90L入れ、屋根裏で6年寝かせるそうです。
そして6年後には40Lくらいにまでワインが減っているのだとか。
そうしてできたのがこのワインなのですねぇ。

PageTop

I Renai 2003

01_20090311100754.jpg

こちらはMerlot100%。
なんだけどそれほど重くないんですね~。
A Sirioと似た重い香り&味で、
後味に少し蜜を感じます。
そしてバランス良く酸味もあって、飲みやすいです。
美味しいワインはどんどん飲みたくなるもの、というポリシーで、
重いどっしりしたワインではなく、
バランスの良いワイン造りを目指している、という説明に納得。
個人的にはどっしり重いメルローも好きなのだけど。

PageTop

A Sirio 2003

18_20090303103643.jpg

確か2003年だったと思うのですが・・・。
これとI Renaiを作るために、畑で一番いいブドウを使うそうです。
Sirioとはルカのおじい様のお名前で、
「おじい様に捧げる」ワインなのだそう。
Sirioは星の名前でもあり(日本で言うシリウス)、
「星になったおじいさんに捧げる」という、
とってもステキな名前のワイン。

Sangiovese95%、Cabernet Sauvignon5%。
メルローのような重い香り。
どっしりとした味の中に、軽いほのかな酸味とタンニン。
これは、美味い
サンジョヴェーセでこういう味になるのか~、と。
即売会でも大人気だそうです。
そしてカベルネが5%入っているのは、
色々試した結果、このブレンドが一番好きだったから、と。
なるほど~。

PageTop

Sangervasio Rosso 2005

17_20090303103554.jpg

Sangiovese70%、Merlot20%、Cabernet Sauvignon%。
甘い優しい香り。
程よい酸味で飲みやすく、食事に合わせやすいですね。
・・・このボトルだけとってもメモが少ないのだけど、なんで?
あ、ここでルカが「セパージュは何だと思う?」と
クイズっぽく質問してくれたのですが、
配布資料にしっかり書いてあったので
「書いてある・・・」と答えてしまいましたとさ(笑)

PageTop

Sangevasio Chardonay 2005

16_20090303103503.jpg

シャルドネ100%です。
さっきとは全く異なる香り&味わい。
少し潮を感じる香り。
口当たりは軽いのだけど、ふわっと花のような香りが広がります。
山本さんに「2本飲み比べてどうですか?」と聞かれ、
「シャルドネは、お花のたくさんある初日の劇場のロビーの香りがする」
と、ふつーに答えてしまいました(^^ゞ
だって、そう感じたんだもん。
しっかりした味わいなので、じっくり飲むのに良いかもですね。

ちなみに、東中野では2006年のヴィンテージをいただいたのですが、
こちらはそれほどお花な感じはしませんでした。

PageTop

Sangervasio Bianco 2007

15_20090303103305.jpg

セパージュはVermentino65%、Chardonay15%、Sauvignon5%。
甘い華やかな香り、早春のよう。
味もサッパリとした酸味と甘味で、食事に合わせやすいお味。
飽きずに飲める味ですね~。

サンジェルヴァジオは94年にできた若い蔵なのですが、
年々評価の高まっている蔵なのだそう。
また、暑いトスカーナで美味しい白ワインを作っている、
唯一の蔵なのだとか。
徹底して無農薬にこだわっているのが特徴で、
土に住む微生物を育てるのに、畑に豆を撒いて
花が咲いたところで刈り取って、根などを土に混ぜる、という
とっても手間のかかる方法で土を育てているそうです。

昔はブドウの木は20~25年が寿命で、
そこまで育った木は刈り取って
植え替えるのが普通だったのだそうですが、
最近は100年は持たないとダメ、という考え方に変わっているそう。
「僕は死んでもブドウは残る」とおっしゃっていたのが印象的でした。

無農薬にこだわっていても、
亜硫酸(酸化防止剤)だけは絶対に使わないとダメ、
でも、ルカ本人が非常に敏感な体質で、
亜硫酸が多いワインを飲むとすぐに頭が痛くなってしまうのだそう。
なので、酸のしっかりしたブドウを作り、
亜硫酸は最低限の量しか入れないようにしているそうです。
美味しいものは体に良いのですね。
ちなみに、来日中に日本のワインを飲んだところ、
即、頭が痛くなったそうです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。