ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こだわり果樹園 秋りんご

限定バージョン出ました~。

200908242037000.jpg 200908242037001.jpg

アルコールはスピリッツ使用で5%。
スッキリしたリンゴの甘みで、ごきゅごきゅ飲めるお味でした。

ところで。
どうも、りんご=春、のイメージがあるのです。
でも、品種にもよりますが、基本的に秋~冬の果物ですよね。
どこでりんご=春のイメージが植え付けられたのか考えてみました。
で、思い当たりました。
島崎藤村の「初恋」ではなかろうかと。

この詩、小学校くらいの時に覚えたんです。
「まだあげ初めし前髪の りんごの元に見えし時」
はい、いきなりリンゴが出てきますねー。
何となく、なんですけど、この詩って春~初夏のイメージなんです。
で、りんご=春の認識になっちゃったのかな、と。

でも。
「やさしく白き手をのべて 林檎をわれにあたへしは
 薄紅の秋の実に 人こひ初めしはじめなり」
ちゃんと「秋の実」って書いてあるではあーりませんかっ。

…アテにならないなぁ(^^;

スポンサーサイト

PageTop

Piccicato Frizzante(Bodegas Mas Comtal)

11_20090827112556.jpg 12_20090827112556.jpg 13_20090827112556.jpg

さて、本日のブラインドです。
ブドウ品種と国を当てる、というもの。

注がれたワインは微発泡で、ちょっとベージュがかった薄い色合い。
香りはマスカット!
とっても華やかな甘い香りで、少しだけグレープフルーツ。
ほのかに甘口でとってもキュートなお味。
これは好きかも~♪

香りはマスカットだけど、マスカットは白だよね?と迷い、
良く分からないのでグルナッシュでイタリア、と回答してみましたが、
Muscatでスペインでした。
色つきのマスカットもあるんですねぇ。

白よりは味があって、でも赤ほど重くないロゼ。
ワインを選ぶ時のの選択肢に入れても良いな~と思いました。

PageTop

Ciantons Rose 2007(Vie di Romans)

09_20090827112400.jpg 10_20090827112400.jpg

本日最高額のイタリアロゼワインです。
Merlot 100%。
4本目より少し薄いですが、赤ワインと間違えそうなしっかりしたルビー色。
ちょっとオレンジがかってます。
草のような木のような香りがしますが、それは樽熟をかけて造っているからのようです。
新樽ではなく、赤ワインを造った樽を使っていたんじゃないかな?とのこと。

ちょっと枯れた、革のような香り&味で、
これもロゼワインのイメージとは全く違うお味でした。

PageTop

Odysseus Rosato Priorat 2005

07_20090827112401.jpg 08_20090827112400.jpg

スペインの回の時に、この赤ワインをいただきましたね。
アルコールは14.5%です。さすがスペイン(笑)

Cariñena、Garnacha、Touriga Nacionalの混醸。
これがですねぇ、赤ワインと遜色ない色&香り。
紫がかった濃いめのルビー色。
しっかりしたベリーのような味わいで、ほのかに甘み。
これはロゼワインの一般的なイメージとは全くかけ離れてます。
美味♪

PageTop

Casabianca Rose 2007

05_20090827112018.jpg 06_20090827112018.jpg

今度はフランスです。
コルシカ島にあるワイナリーです。
セパージュはSiaccarello 50%、Nielluccio 20%、Syrah 30%です。
Syrah以外聞いたことないですねぇ。
NielluccioはSangioveseの亜種のようです。Siaccarelloはコルシカ島固有の品種です。

淡いオレンジがかったピンク色。
コルクからはいちごの香りがしましたが、ワインからはすこ~し感じられるかな?な感じ。
スッキリ軽い味わいで、ほのかに酸味。鼻にイチゴの香りが抜けます。
アフターはほぼ無い、と言っていい感じ。
アフターの長さ=値段、で本日最安値のワインでした。
でも食事に合わせてゴクゴク飲むには、ヘンに癖があるものよりは良いかも。

PageTop

Albeggio 2008(Lavacchio)

03_20090827112018.jpg 04_20090827112018.jpg

Syrah 100%のロゼです。
イタリアです。
赤ワインは皮ごと醸造しますが、ロゼはブドウをプレスした果汁を醸造するので、
ほのかに赤色になるそうです。
アルコールは12.5%。

色はややベージュがかったくすんだ淡いピンク。
何となく麹っぽい香りがするような…
割と酸味が強く、アフターの伸びはそこそこ。
Syrahらしい香りとかスパイシーさは全く感じられませんでした。
皮の持つ力が大きいのですねぇ。。。

PageTop

Metodo Zero(De Stefani)

01_20090827112019.jpg 02_20090827112018.jpg

イタリアのスパークリングワインです。
抜栓の時、ポスッとコルクが抜けてあれ?本当に泡?と。
きちんと泡でした(笑)
あまり炭酸がきつくない感じでしたね。

セパージュはMarzeminoとRaboso 50%ずつで、アルコールは11.5%。
Rabosoはイタリア・ヴェネト州固有のブドウで、忘れられていたのが復活されたそうです。
とっても可愛い味のスパークリングで、最初に飲んだ時は酸味を割と感じたのですが、
一通り飲んで、最後にもう一度飲むと今度はむしろ甘味を感じました。
舌の慣れがあるんでしょうね~。
ぶどうっぽい香りもあって、食事とも合わせやすいお味でした。

PageTop

サッポロラガービール 赤星

コンビニで発見して買ってきました。

03_20090825115349.jpg 04_20090825115348.jpg

まぁ、ね。
多分好きな味ではないんですよ(爆)
米もコーンスターチも使ってるし。
でも数量限定商品ですからね。
とりあえず一度は買って飲まないと、ですよ。
義務です、義務。
…なんで?(笑)

色は少々濃いめですかね~。
お味はコクがありつつ苦味もあります。
キリンの大正のラガーに近い感じかな?
ホップの香るフルーティーなビール好きとしては、
やはり好みの味ではありませんでした。

ところで。
ただいま我が家の冷蔵庫には、国産の普通のビールが大量にあります。
これを飲む前に数えてみたら15本。
高級ビール含まずに、です。
冷蔵庫の中身の6割…7割はビール、という有様(^^;
買ってきたわけじゃないデスよ。
職場に届いたお中元のお裾分けをいただいてきたのです。
最近はあまりビールを飲んでいないのですが、
さすがにジャマくさいので、せっせと飲まないと!デスッ。

ってわけで、普段は絶対買わないスーパードライを、
ちょ~久しぶりに飲んでみました。


…うすい。

PageTop

「Usquaebach Reserve」

05_20090823130947.jpg 06_20090823130947.jpg

モルトとグレーンのBlendedですね。
ハイボールでいただいたのでちょっと曖昧ですが、
スモーキーさなどはなく、甘くもなく、
むしろちょっと苦味が感じられるようなお味だった気がします。

PageTop

Roger Goulart Cava Grant Cuvee 2004

冷蔵庫にずーっと寝かせてあったCAVAをいただきました~。

01_20090823130611.jpg

スペインのCAVAです。
お、泡だけどヴィンテージが入ってますね。
ドンペリみたいなエチケットデザインが印象的です。

02_20090823130611.jpg 03_20090823130610.jpg

セパージュはCharerro、Macabeo、Parellada、Chardonnayで、割合までは不明です。
Chardonnay以外はスペインの地ぶどうですね。

04_20090823130610.jpg

お味ですが、Extra Brutとあるように、スキッとした辛口。
グレープフルーツのような酸味も少々。
食事に合わせて飲むのにピッタリですね。
炭酸の混ざり具合もちょうど良い感じ。

個人的な感覚なのですが。
‘これはいいぞ’と思うのは、グラスに注ぐ時、泡立ち過ぎない程度に泡立ちつつ、
ゆっくり注げば途中一度も止めずに最後まで注げる泡。
ゆっくり注いでもシュワシュワーっ!と大量の泡が立って、
おさまるのを待たないとグラス一杯注げない泡、ありますよね?
そういうのは口当たりもイマイチな気がするのです。

とか言いつつ、ゆっくり注ごうと頑張りすぎて
こぼしちゃったりすることもあるのですが。。。
日々、鍛練です。


…何の?

PageTop

Brothers Thelonious

順調にビールのストックが減ってきました。
ビール置場にサンキストレモンを入れる余裕ができたほど!
…また買って来なきゃ(笑)

200908172100000.jpg

アメリカビールです。

200908172101002.jpg 200908172101001.jpg 200908172101000.jpg

ラベルをぐるりと撮ってみました。
ドクロ、ちょっと怖いです(^^;
そしてグラスの持ち方、ちょっとヘンですね。
グラスの底部分が手のひらに食い込んじゃう感じ?(笑)

200908172101003.jpg

原材料は麦芽とホップのみで、アルコールは9.5%。
アメリカでこういうビールが作られているというのが、ちょっと新鮮な驚きでした。
それは偏見かしら(^^ゞ

お味ですが、苦味と甘味のバランスが良くて、じっくり味わって飲むのにピッタリでした。
美味♪
侮るなかれ、アメリカビールですね。

お、HP発見♪
色々ありますねぇ。
どれも飲んだことないです。
飲んでみたいな~。
あ、Old Rasputinは飲んだことある!
確か恵比寿で飲ませていただきました!
そうかそうか、あれと同じメーカーなのね。
繋がると嬉しいですね*^^*

PageTop

Jean Dorsene Brut

nec_1185.jpg NEC_1184.jpg

地元で行ったイタリアンのお店でオーダーしたミニボトルの泡。
フランスです。
セパージュはわかりませ~ん。
酸味と甘味のバランスが良くて、食事に合わせやすかったです。
個人的にはちょっと少ないかな?って量でしたが(笑)、
泡ですし、少し飲みたい人には良いかもですね。

PageTop

Sieur d'Arques Extra Dry Sparkling

NEC_1180.jpg

フランスでーす。
お、HPもありますね。
コンビニで仕入れました~。
棚に並んでいた唯一の泡で、
コンビニですが1800円くらいでした。

NEC_1179.jpg NEC_1178.jpg

HPあるけど、これは載ってないですね。。。
そしてインポーターとして書かれているエムピーケー株式会社は、
今はメルコム株式会社という名前で、メルシャンのグループ会社なんですね。
コンビニだもんねー。
サントリーかメルシャンだよねー(笑)

ってわけでセパージュが不明です。
Chardonnay種主体、と書いてあるので何か混ぜてあると思われます。
アルコールは12.5%。

お味ですが、Extra Dryとある通りスッキリ辛口でした。
開栓した日は冷やし具合が足りなかったので、ちょっとイマイチでしたが、
きちんと冷やして飲むと美味でした。
やっぱり食事に合わせるには辛口ですねー。

PageTop

Zeller Schwarze Katz

NEC_1226.jpg

買いに行ったスーパーに並んでいたのが、
西○友に並んでいるのと同じものがほとんどだった中、
唯一違う商品だったのでチョイスしてきました。
お値段1300円弱。

NEC_1228.jpg NEC_1227.jpg NEC_1225.jpg

ドイツです。
Moselって明記されてます。
Moselは爽やかな酸味が特徴、と。
さすがに覚えてきましたよ~(笑)
アルコールは12%でセパージュはRiesling100%、
でしょう、多分。

割としっかりした味わいだったように思います。
甘みも爽やかだけどしっかりしている感じ。
緑の強い黄緑って感じかな~。
充分美味しかったでーす。

PageTop

Cuvee Brut di Casa Martellelli

NEC_1223.jpg NEC_1222.jpg

実家に帰ったその日にコンビニで仕入れた泡。
レジ前に置かれた机の上に1本だけ置いてあって、
少しだけディスカウントされてたもの(笑)
780円くらいだったかな~。

セパージュは不明でーす。
アルコールは11%。
スッキリとした軽く甘みを感じるお味で、
デイリーとしては充分満足でした。
ブラボー、ディスカウント!(笑)

PageTop

グラスカクテル ココナッツパイン(サントリー)

06_20090819144201.jpg

こちらはなんとなんと!
果汁100%なんですよ!!
…えっと-。
アルコールは6%なんですけど。
あ、濃縮還元果汁使用だから、
お水とアルコ-ルとで割って100%にした、ってことね?
ちなみにアルコ-ルはスピリッツ使用です。

お味ですが、パインジュ-スですねぇ(笑)
ココナッツはあまり感じませんでした。
こちらもデザ-ト代わりって感じ。

…お酒じゃないね(爆)

PageTop

カルピスサワ- あまおう

05_20090819143951.jpg


ず-っと気になっていたのですが、
酔わないお酒にしては値段が良かったので、う-ん…と眺めておりました(笑)
母親と買い物に行った時、ささっとカゴに忍ばせてみました(爆)

アルコールはウォッカを使っていて、5%。
あま-い、ですね。
デザ-ト代わりにいただくと良さそうな感じ。
疲れてて、たくさんは飲めないけど何か飲みたい…
みたいな時とか。

ごちそうさまでした~♪

PageTop

François Fouché

西○友で売っている安物泡を飲み比べようシリーズです(笑)

01_20090819143731.jpg

フランスです。
お値段はいつぞやのCAVAと同じ800円弱。

02_20090819143731.jpg 03_20090819143731.jpg

アルコールは11%で、セパージュは分りませ~ん。

04_20090819143731.jpg

この前のCAVAが口に含んだ瞬間、シュワシュワと泡が消えていったのに対して、
これはグラスに注いだ瞬間シュワシュワと消えてきました(笑)
でも口の中でシュワシュワするのは好きではないので、まぁ良いのかも。

お味ですが、裏に書いてる通りグレープフルーツっぽい酸味が少し感じられる・・・かな?
可もなく不可もなく、食事に合わせてゴクゴク飲めます。
800円と考えればアリですね~♪      

西○友で扱っている泡の最安値はこの2種類なので、
次回からは少しずつ値段が上がっていきます。
とはいえ、最高でも1250円とかなんだけど(笑)

PageTop

Franziskaner Weissbier

いただきものをいただきました~♪

01_20090811145147.jpg

ドイツビールです。
いわゆる小麦のビールですね。

02_20090811145147.jpg 03_20090811145147.jpg

原材料は麦芽(大麦、小麦)、ホップのみで、
アルコールは5%。
1杯目から飲んでもOKそうなお味の予感。

04_20090811145323.jpg

瓶底には酵母がしっかり沈殿してます。
「芳香をお楽しみください」と書いてあるし、残らず注いで飲んでやるっ!と思ったのですが、
底にくっついていて出てきませんでした…。
残りわずかになった時に瓶を振るべきだったか。。。

お味ですが。
くどくない小麦のビールって感じで、ほんのりバナナのような香り&まろやかさ。
優しいお味のビールでした。

ご馳走様でした~♪

PageTop

Veuve de Bort Brut

13_20090811144533.jpg

度数を少しずつ上げていくように選んでます。
フランスです。

11_20090811144533.jpg 14_20090811144533.jpg

セパージュはSémillon、Ugni Blanc、Muscadelleで、割合は分かりません。
アルコールは12%。

16_20090811144534.jpg

コルクの内側には☆のマークが。
反対側は…

15_20090811144533.jpg

キノコみたいな(笑)
手塚治虫の漫画にこういうキャラクター出てきますよね?

お味ですが。
……微妙。
味が無いんです。
アフターに少しだけ、麹みたいな重さが感じられる程度。
いつぞやのChablisみたいな重い感じ。

4本目にして微妙出ましたー!

で、セパージュを調べようと購入先のHPを確認したところ。
この泡セットは希望小売価格が明記されていたのですね。
1本目が1208円、2本目が1680円、3本目が2100円と、順当に上がっていました。
そして4本目。
…1134円。
はい、どーん
最安値~。

やっぱり値段なりですねぇ。。。

でも、ま、味が分かったから良しとしますか(笑)

PageTop

おいしいチューハイ マスカットミックス

前夜開けた泡の残りを飲み干し、
もうちょっと飲みたいなーと、飲んだのがこちら。

17_20090811144257.jpg 18_20090811144257.jpg

宝酒造の商品です。
マスカット果汁、スピリッツ、香料、酸味料使用で、アルコールは5%。
果汁50%ってスゴイですねぇ~。

で、今画像を見て気づきました。
これ、‘微炭酸’だったんですね。
‘無’炭酸だと思って飲んでました(^^ゞ
それぐらいゴクゴク飲める感じだったんです。
「これ系で炭酸じゃないのって、珍しいよなぁ…」と、
妙なところで感心しながら飲み干しましたよ(笑)

果汁50%で糖類不使用だけあって、スッキリ&サッパリした甘さ。
ホントにゴクゴク飲めます。
そして微炭酸なので、お酒の弱い人は2日に分けて飲んでもOKです

うん、結構好きかも♪

PageTop

CASTELL LLORD Brut

01_20090807144109.jpg

3本目はスペインでーす。

02_20090807144109.jpg 04_20090807144109.jpg

セパージュはMacabeo 100%で、
アルコールは11.5%。
CAVAの場合はMacabeoが多いのかな?

05_20090807144110.jpg

コルクの「T」は何なんでしょうね?
謎です。

お味ですが、キリッとした辛口でほのかな酸味。
スパークリングをオーダーした時に想像する、オーソドックスなお味。
んまい(^O^)

いいねー、いいねー、この泡セット当たりだねー♪

PageTop

Champolion Medium Dry

サクサク飲み進めてます。
今度、家で飲んだワインの本数数えてみようかな…(笑)

33_20090806105631.jpg

フランスです。
このエチケット、届いた中で一番好きだったんです。
好きだったのですが…
思いっきりねじれてますよね(^^;

例の如く、クール便で届いたのを我が家で常温に戻したのですが、
瓶の汗を拭いていたらズリズリっと…
ちゃんと戻して乾かせば良かったなぁ。
まぁ、絵的には面白いからいっか(爆)

34_20090806105631.jpg 35_20090806105631.jpg

Ugni Blanc 100%です。
Ugni Blancのイタリア名はTrebbianoなんですね。
ふむ。
アルコールは10.5%。
1本飲む気満々です(爆)

40.jpg

すこ~し、色が濃いですかね?
そうでもないかな…。
でね。
このコルクが可愛いんです♪

41.jpg

ね♪

…あ!
写真を撮る向きを間違えましたかね?
これじゃお祭りの時に使うあれ、みたいですよね(^^ゞ
横向きにすれば流れ星っぽかったのに…

さて、お味ですが。
Medium Dryだからちょっと甘いかな?と思っていたのですが、
1本目と同じくらいの甘さでした。
サッパリした甘さ。
そしてフルーティーというのとはちょっと違った華やかな感じ。
うん、美味しい♪
エチケットも可愛いし、箱買いしてもいいかも*^^*

何となくですが、フランスの泡は安くてもそれなり、
なイメージができつつあります。
どーかしら。

泡って、何となく‘特別’なイメージがあって、幸せな気持ちになれますねぇo(^^)o

PageTop

Villa Jolanda Prosecco Crown

28_20090805122809.jpg

早速いただきました~。
同時にたくさん届くと、順番をどうするか悩ましいところです。
一番最後は決まってるんですけどね。
一番高いやつ、と(^^)v
一番最初はコルクですらない、こちらにしました。
瓶ビールと同じ王冠だったので(笑)

30_20090805122810.jpg 31_20090805122810.jpg

イタリアの微発泡ワインです。
アルコールは10.5%。
開ける前から1本飲む気満々でした(爆)
だって、10.5%ですもの…。

29_20090805122809.jpg

グラスの写真も一応どうぞ。

微発泡ですが、物足りないほどではなく。
いつぞや西○友で買った安物より、むしろ泡が繊細な感じがします。
お味はとってもフルーティーで、軽い甘口。
充分美味しい!
ゴクゴク飲めちゃいます。

…ゴクゴク飲んじゃいました(爆)

でも、10.5%だったこともあってか、翌日、全然大丈夫なんですよね~。
いいなぁ~、泡。。。

PageTop

Bowmore 1998 10Y(Exclusive Casks)

26_20090804120701.jpg 27_20090804120701.jpg

銀のラベルがとってもカッコ良くて、
「あれが気になります」と持って来ていただいたのですが、
カスクだったので止めました。
でも気になるのでやっぱりいただくことに(笑)

Creative Whisky社の新シリーズです。
反射しまくりで写真は撮りづらいですが(^^ゞ

アイラですが、それほどピーティーではなく、飲みやすいお味でした。
カスクですが刺激はそんなに強くなかったし。
やっぱり最初のKilchomanが効きましたねぇ(笑)

PageTop

Glenlossie 1993 12Y (Macgibbon 「Provenance」)

22_20090804120701.jpg 23_20090804120701.jpg 24_20090804120701.jpg

Kilchomanの後に飲んだせいか、
とっても優しいお味に感じられました(笑)
甘みもあって、バニラ香も。
ちょっとホッとする感じ。

PageTop

Kilchoman New Spirit

20_20090804120141.jpg 21_20090804120141.jpg

モルトじゃないけど、モルトのくくりに入れちゃいます。

ラベルの日付を見ると、1ヵ月しか寝かせてないですね(^^;
いつぞや吉祥寺で飲んだのと…同じもの?
なわけないか。
去年ですもんね、あれを飲んだのは。
あの時はあまりの生臭さに、ハーフでも飲むのが大変でしたが、
今回は口当たりは強烈なものの、味はまぁ飲めました(爆)
アルコール63.5%ですもんねー。
いきなり飲むものじゃないですね(^^;
食道にまでヒリヒリと刺激がありました。
食道ガンになっちゃうよ~

強烈な刺激の中にも、ほのかにピーティーさが感じられて、
あぁ、アイラだな、と。
前回よりは今後に期待できる味だなと思いました。

PageTop

Eygubelle

17_20090804120140.jpg 16_20090804120140.jpg 18_20090804120140.jpg

店長さんがこの仕事を始めた頃にハマったジンだそうです。
フランスのジンですね。
一口飲むと、あま~い♪
とても40%あるとは思えない、柔らかい口当たり。
(そう思うのは私だけ?<笑>)
そしてキンモクセイのような花の香り。
これはこれだけで完結しちゃってるようなお味ですねぇ。
ジャスミンティーと合わせてみたい気もしました。

PageTop

Ichtegem's OUD BRUIN

14_20090804115652.jpg 15_20090804115652.jpg

最初の文字は何でしょうね?と話していたのですが、どうやらIのようです。
ベルギービールでアルコールは5.5%。
コチラのサイトによると、原材料は水、麦芽、ホップのみで
麦芽の種類がピルスナー75%、アンバー20%、ダークキャラメル5%
とまで細かく書いてあります。
でも瓶の後ろには、麦芽、ホップ、砂糖、小麦とありますねぇ。
謎ですねぇ?

お味ですが、小麦っぽさは感じませんでした。
度数はそれほど高くありませんが、ほのかな甘みとこくがあって、
ハイアルコールのビールにありそうなお味。
美味しかったです*^^*

PageTop

TANETO 2005 (Badia di Morrona)

この日はお腹が空いていたので、ブルーチーズのガレットをオーダーしたのですが、
チーズ&ペッパーのガレットを食べているうちに、赤ワインに合わせてみたいなーと。
スタッフさんにそう言うと、
「でしたらこちらがオススメです!サンジェルヴァシオ主体で…」
と、説明してくれるスタッフさん。
サンジェルヴァシオは蔵の名前ですよー(笑)
ナイスボケです。
「サンジョヴェーゼよね?」と、そっこー突っ込んであげました(^^)v

そんな赤ワイン。

13_20090804115652.jpg

イタリアのBadia di Morronaのワインですね。
HPによると、セパージュは
Syrah 70%、Sangiovese 15%、Merlot 15%となってます。。。
この場合、シラー主体と言うのでは…
まだまだだなー(笑)

そんな赤ワインですが。
シルキーなタンニンが感じられて美味しかったです。
あまりスパイシーさは感じなかったのですが、
それはペッパーの効いたガレットを食べながら飲んだせいかしら?
メルローっぽいな、と思いました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。