ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

勝沼(岩崎醸造)

5_20090928140637.jpg

Muscat Berry A、Black Queen、Cabernet Sauvignonの混醸。

これがですねぇ。
お茶っぽい香りがするな~と思って、
よくよく嗅ぐと、どくだみなんです(爆)
どくだみ茶の味と香り!
キョーレツです!
いえ、どくちゃみ茶ほどのえぐみや渋みは無いんですけどね。
面白い味でした。
多分、飲み疲れしちゃうけど。

スポンサーサイト

PageTop

甲州(岩崎醸造)

4_20090928140637.jpg

甲府駅で買ってきた、岩崎醸造のワイン。
甲州100%です。

サッパリした辛口でしたね~。
酸味もそれほど強くなくて飲みやすかったです。
済みません、その後の赤のインパクトが強すぎて、
白の印象が・・・(^^ゞ

PageTop

カベルネ・サントリー 2004(非売品)

カベルネ・サントリーはサントリーが開発したブドウ品種。
Cabernet SauvignonとBlack Queenを交配して作った品種だそうです。

紫がかった深い赤。
ちょっとクセのあるハーブ、スミレ、花粉っぽい香り。
・・・花粉に香りあるのか?
あ、これがユリの香りなのかな。
ユリは花粉が強いですからね。

結構酸味が強い。
一番最初にこれを飲んでみるよう勧められたのですが、
「酸っぱっ!」と思わず言ってしまうほど。
フレッシュな味わいで、最後にすこ~しタンニン。

PageTop

特別醸造 カベルネソーヴィニヨン・メルロ 2001

登美の丘でいただいたワイン。

Cabernet Sauvignon 50%、Merlot 50%でアルコールは12.3%。

やや枯れたくすんだ赤。
アルコール臭の中に少しベリーっぽさがあるような。
味はとてもまろやかで美味。
優しい酸味と、しっかりめのタンニン。

PageTop

登美の丘(赤)2007

3_20090928140214.jpg

Merlot 51%、Cabernet Sauvignon 28%、Petit Verdot 11%、Cabernet Franc 9%で、
アルコールは12.0%

明るい赤。
ガーネット色と呼ぶそうです。
渋くタンニンを感じる重い香りの中にスミレの香り。
味は意外とサッパリ。
まろやかで酸味とタンニンのバランスが良い。

PageTop

樽醗酵甲州2007

2_20090928140214.jpg

甲州100%でアルコールは12.1%。

淡い薄い黄色。
甘酒、酒粕の香り。
スッキリしたフルーティーな味わい。
アフターな短め。
しばらくするとナッツっぽい甘さが出てくる。

味はこちらの方が好きです。
が、酒粕の香りがどうもねー(^^ゞ
どこをどう嗅いでも酒粕なんだもんなー(笑)

PageTop

登美の丘(白)2006

1_20090928140214.jpg

Chardonnay 100%でアルコールは12.6%。

黄味の強い色。
ちょっともわっとした香り。
ナッツ香とミネラリーな感じも少し。
パイナップルの香りと甘みを少々感じるお味。
キリッとした酸味とまろやかなコク。

・・・もうちょっと冷えてた方が絶対美味しいです(爆)
樽熟と瓶熟とをブレンドしているそうです。

PageTop

ソーヴィニヨン・ブラン2003(登美の丘 非売品)

1_20090928135123.jpg

登美の丘で開催されていた「特別樽熟品」のテイスティングフェアでいただいた2杯目。

黄色の強い明るい黄金色。
香りはパイナップルとナッツの、とってもフルーティーな香り。
でも味はしっかりした重めの味。
酸も少々。
香りと味が全然違うので、ちょっと不思議でした。

PageTop

カベルネ・フラン2002(登美の丘 非売品)

1_20090928135123.jpg

登美の丘で開催されていた「特別樽熟品」のテイスティングフェアでいただいたワイン。

色は少し薄めで枯れた色合い。
フワッとベリーっぽい香りがした後は、
麹っぽい醸されたような香り。
適度な酸味と糠っぽい味わい。
アフターは結構長め。

PageTop

Kasteel Bruine

3_20090928134853.jpg 4_20090928134853.jpg

今度はベルギー、なのですが。
原材料が更にイケてない感じ(^^;
麦芽、ホップ、糖類、酸化防止剤、安定剤って・・・。

このビール、見たことあるな、とは思ったんです。
でも飲んだことはないよなぁ?と。
多分、池東で買おうかな?と裏を見て、
うへぇ~、添加物いっぱい、って買わなかったのではないかと・・・。

まぁアルコールは11%だし、
じっくり飲むにはピッタリの濃厚なお味でした。
割と甘みが強いですかね。

PageTop

Cristal

1_20090928134854.jpg 2_20090928134854.jpg

ペルーのビールです。
が。
原材料がちょっとねー(^^;
麦芽、コーン、糖類、ホップ、グルカナーゼ、酸化防止剤。
何ですかね、グルカナーゼって・・・。
ま、味わいは軽くてちょっと甘い感じ。
喉が渇いた時にはピッタリです。
アルコールは5%ですしね。

PageTop

ACLYS Crianza 2005 Rioja(Bodegas Murua)

6_20090928134644.jpg 7_20090928134644.jpg

スペインです。
セパージュはTempranillo 95%、Graciano 3%、Mazuelo 2%。
MazueloはCarinenaの別名で、CarinenaはフランスではCarignanと呼ばれるブドウ。
・・・芋づる式ってこういうこと?

こちらはしっかりしたタンニンと酸味で重めの味わい。
嫌いじゃないけど、グレープフルーツが強烈でしたねぇ。

PageTop

Raices de Garnacha 2007 Calatayud(Bodegas San Alejandro)

5_20090928134418.jpg

ちょうどスペインフェアーを開催中でして。
スペインワインです。
エチケットにGarnachaって書いてあるから、Garnacha100%なんじゃん?
と、やや投げやり(爆)
ウソです。
ちゃんと調べました。
Garnacha100%で間違いないです(笑)
蔵元のHPもありますねー。

これがですねー。
グレープフルーツなんです!
香りも味もグレープフルーツ!
白ではありますけど、赤でもグレープフルーツってあるんですねぇ。
フルーティーさとちょっと苦味みたいなのもあって、ずーっと「グレープフルーツ!」と
連呼しながら飲んでました(笑)

PageTop

Lindemans Pecheresse

1_20090928134419.jpg 2_20090928134419.jpg 3_20090928134419.jpg

暗くてデザインがよく写っていませんが、
セクシーな女性が横たわっています。
Pecheresse(罪深い人)はPeche(桃)と引っ掛けてあるそうです。

4_20090928134419.jpg

原材料は大麦麦芽、小麦麦芽、果汁で、アルコールは2.5%。
ランビックです。
2.5%なんて、リセットするのにピッタリですよね(笑)
ランビックですが酸味はそれほど強くなく、
桃のフルーティーさとほのかな酸味でとっての飲みやすいお味。
375mlと、少し量が多めですが、するっと飲めてしまいますねー。
結構好きかも♪

PageTop

Morey-St-Denis 1er cru Les Loups 1999(Domaine des Lambrays)

4_20090928133802.jpg 5_20090928133802.jpg 6_20090928133852.jpg

こちらもPinot Noir 100%。
今日は分りやすいです。
そしてこちら、お店での売値が1万円超えの過去最高価格のもの。
最近は入手困難だそうです。
30年くらいは余裕で寝かせられるとか。

ややくすみがかった赤。
プラムも感じられる枯れた香り。
前の2本とぜんっぜん別物です。
とってもまろやかで深みのあるお味。
ほのかにタンニンも感じられます。
丸みのあるお味で、アフターもまろやか。
塩胡椒のみのシンプルなお肉料理に合いそうな感じ。
美味しい!

PageTop

Nuits St. Georges 2005 Domaine Jaques Cacheux(Alain Corcia)

3_20090928133803.jpg

こちらもPinot Noir 100%です。
やや黒みがかった赤。
香りはGevrey-Chambertinとほぼ同じ。
軽い口当たりでやや酸味が強いです。
プラムっぽい酸味。
タンニンも少々。
アフターにも酸味が感じられますが、
全体的に優しいお味なので、更に飲み疲れしなさそうです。

PageTop

Gevrey-Chambertin 2007 Domaine des Chezeaux(Alain Corcia)

7ee86f2842b15999fcca63f6858993c2.png

赤です。
Pinot Noir 100%です。
シェゾー(Chezeaux)爺さんは地主で、
シェゾー爺さんの畑で取れたブドウから、コルシアさんが瓶詰めしたワイン。
うーん。
複雑ですね(^^;
爺さんの畑は黒土が多いんだそうです。

ピノですが、しっかりした濃い目の赤。
ベリーっぽい香りがします。
やや酸味がありつつ、枯れた味わい。
アフターは軽めです。
まろやかでエレガントで、飲み疲れしない味わいでした。

PageTop

Ladoix 1997(Verget)

2_20090928133803.jpg

このエチケット画像を探すのに、えらい手間取ってしまいました。。。
白はギリギリまで冷やす&クーラーに入れる&
残りはすぐに冷蔵庫へ、ってことで、
写真を撮り損ねることが多いのです。

で、Ladoixでエチケット違いがいくつか出てきまして。
多分、これで合ってるんじゃないかなぁ(^^ゞ
あ、ヴィンテージはもちろん違ってます。
せめて実物を見てこないとダメですね。

こちらもセパージュはChardonnay 100%です。
1本目とは全然違った、濃くくすんだ麦の色。
香りもシェリーっぽくてアルコールが立ってます。
ちょっとハチミツのような甘さも感じられます。
お味は丸みがありつつ、とっても複雑。
プラムのような、少し酸味がありつつ熟成感のあるお味。
12年前ですからねぇ。
それだけ寝かせるとこのようなお味になるようです。
白ワインと希望して、これが出てきたらちょっとビックリ!なお味でした。
食事に合わせるというよりは、これだけじっくり味わいたい感じ。

PageTop

Chablis La Prierrelee 2006(La Chablisienne)

1_20090928133803.jpg

超メジャーなChablisです。
名前だけは知っていましたが、Chablisは地名です。
Chablis地区のLa Chablisienneという生産者が作っているワインです。
セパージュはChardonnay 100%。

淡く薄い黄金色で、ミネラリーな香り。
ナッツ香と、フリンティな香りも少々。
はい、初めて出てきました。
フリンティ(Flinty)。
火打石香ともいうようで、火薬っぽいような香りのことを言うそうです。

口当たりはとってもまろやかで、あとから果実味が立ってきます。
アフターは意外と長め。
くどくなくフルーティーで、食事にも合わせやすいですね。
もわっと感が無くて好きです。

PageTop

PROYECT CU4TRO CAVA

先日の吉祥寺散策の時、
冷やかしで入ったエノテカでついつい買ってしまったCAVAです。

1_20090924173547.jpg

何て読むんだろうねぇ?
4をAに見立ててクアトロ?とか思ってましたが、
HPを見ると、クアトロでいいようです。

2_20090924173547.jpg

表~。
シルバーなので写真が撮りづらいです。

3_20090924173546.jpg 4_20090924173546.jpg

裏~。
セパージュがしっかり明記されてます。
ありがたい!(笑)

CAVAなのでもちろんスペインです。
セパージュはMacabeo 40%、Xarel-lo 40%、Parellada 15%Chardonnay 5%で、
アルコールは11.5%。
Xarel-loはチャレッロと読むのですねぇ。
いかにもスペインって感じ。

5_20090924173546.jpg

お味ですが。
華やかな香り&しっかりとした味わい。
甘くはないけどキリリとドライ、というわけでもなく。
ブドウの味がしっかり生きていると言うのでしょうか。
食事と合わせて飲んでもいいし、これだけを味わって飲んでも良い感じ。
うん、これ系の泡が一番好きかも(^o^)

涼しくなってきたので、そろそろ泡も飲み納めですかねぇ。
でも鍋に泡とかも良さそうですねぃ*^^*

PageTop

2009横浜ビアフェスで飲んだビールたち

メモ代わりの記事なので、あまりアテにしないでください(^^ゞ
好みによって全然違いますしね。
苦情はお受けいたしかねますのでご了承ください(笑)
そして数が多いので、原材料やアルコール度数情報も
ほぼ割愛させていただきますm(__)m

~9/24一部加筆&修正~

○サンクトガーレン 「アンバーエール」(アメリカンアンバーエール)
  美味い!!
  アンバーが好き、ということを今回初認識しました。
  「どういうタイプのビールが好き?」と聞かれても、
  上手く答えられなかったのですが、
  これからは迷わずアンバーと答えます(^^)v

○サンクトガーレン 「湘南ゴールド」(フルーツビール)
  神奈川県が開発した新種みかん「湘南ゴールド」を使ったフルーツビール。
  スッキリとフレッシュな柑橘系の香り&味がビールにマッチしてます。
  甘くなく酸っぱくもなく、ゴクゴクのめる味。

○丹沢のしずく 「ハニー」(スペシャルティ ハニービール)
  確か2種類のハニーエールがあったと思うのですが。
  ほのか~にハチミツの甘味が感じられるのと、
  甘さ強めなのとがありました。
  甘ったるくはないです。

○丹沢のしずく 「シムコーブラッディシムコー」(アメリカンIPA)
  度数高め(7%だったかな?)で、ほのかな苦味&甘味。
  じっくり味わう系。

○湘南ビール 「湘南ルビー」(デュッセルドルフアルトビール)
  うーんと。
  割とふつー?だった気が。。。

○箱根ビール 「足柄ヴァイツェン」(南ドイツヘーフェヴァイツェン)
  確かここのヴァイツェンだったと思うのですが。
  ちょっと雑味とクセがあって、あまり好きではありませんでした。

○あくらビール 「なまはげボック」(トラディショナルボック)
  これ、ヤバイ!!!
  ラズベリーのようなフルーティーさがあって、
  フルーツビールなの?!と、ブースに戻って
  ディスプレイ用に置かれていた瓶の原材料を確かめたほど。
  麦芽とホップしか使っていませんでした。
  これはビックリ!
  もう一度飲みたい!

○銀河高原ビール 「スタウト」(フォーリンスタウト)
  黒ビールなんだけどホップが利いていて、軽い味わい。
  エビスの黒、みたいな・・・?
  個人的にはもっとコクがある方が好き。

○南都サンゴ地ビール 「ニヘデビール・ソフト」(ケルン ケルシュ)
  「ソフト」の名の通り、飲みやすいふつーのビールでした。

○ホテルオークラ福岡 「シェーンアルト」(デュッセルドルフアルトビール)
  オーソドックスなアルトビールでした。

○モクモクビール 「レッドラガー」(アメリカンアンバーラガー)
  アンバーだけどラガー(下面発酵)ですね。
  サンクトガーレンのはエール(上面発酵)。
  しかーし。
  これまた地味ながら美味い!
  エールほどの濃厚さはないけれど、バランスの良いコクと甘味。
  やるなぁ、モクモクビール。

○城端麦酒 「俺の黒」(FSライトエール)
  うん、普通に黒ビール。

○スワンレイクビール 「ポーター」(ロブストポーター)
  重すぎず軽すぎず、な黒ビール。
  もちょっと重いのが好きかもよ。

○栃木マイクロブルワリー 「とちのめぐみ」(ベルジャンフルーツランビック)
  へぇ~、ランビックだったんだ。
  ほのかにピンクがかった小麦色。
  酸味はあまり感じませんでした。
  他の何かと勘違いしていて、栃木=いちごのイメージもあって
  いちごを使っているのかと思っていたのですが、
  使われていたのは梨、リンゴ、ブドウでした。
  ほのかなピンクはブドウから来ていたのですね。
  甘酸っぱい感じでした。

○那須高原ビール 「スタウト」(フォーリンスタウト)
  今回はNine Tailed Foxが出ていなくて残念。
  割と控え目なお味のスタウトでした。

○猪苗代地ビール 「ラオホ」(バンベルクラオホビール)
  富士桜のラオホに比べると優しめなお味。
  それでも独特の焦げ感というか、香りがあって、
  ラオホってこうなんだな~、という感じ。
  初めてラオホを飲むならこちらから入った方がいいかも。
  
○はこだてビール 「社長のよく飲むビール」(FSハイアルコールライトエール)
  これはネーミング勝ちですね。
  すごい人気でした。
  口当たりは軽くて飲みやすいのだけど、10%もあります。
  危険です。
  危険なビール、好きです(笑)
  バーレーワインほどのコクはないけど、美味でした。

○やくらいビール 「ピルスナー」(ヨーロピアンピルスナー)
  恵比寿の時に飲んで衝撃だったビール。
  納豆臭いです。

○伊勢角屋麦酒 「熊野古道麦酒」(ゴールデンエール)
  缶での提供でしたが、これは美味い!
  缶ビールとは思えないコクと香りです。
  成城石井かザ・ガーデンあたりで是非売っていただきたい!

○North Island Beer 「コリアンダーブラック」(ハーブスパイスビール)
  これは面白い!
  まずハーブの香りがふわっと香り、味は黒ビール。
  苦味は少なめでスッキリした味わい。
  2度ほどいただきました。

○鬼伝説地ビール 「金鬼ペールエール」(アメリカンペールエール)
  これは香りが素晴らしい!!
  色は普通の薄めのビールなのに、プレミアムモルツなんか目じゃない香り高さ。
  幸せな香りです♪

○鬼伝説地ビール 「フルーティートマト」(ハーブスパイスビール)
  トマトの青くさいような香りがして、
  味はビールの中にケチャップが隠れている感じ。
  確かにトマトです。
  面白いですね。

○鬼伝説地ビール 「赤鬼レッドエール」(イングリッシュブラウンエール)
  色は濃いですが、味わいは軽め。
  金鬼を先に飲んでしまったので、物足りなくかんじてしまいました。

○松江地ビールビアへるん 「ショコラNo.7」(チョコ/ココア フレーバービール)
  これはちょっと甘いですね。
  バランスが宜しくないというか。

○大山Gビール 「ヴァイツェン」(南ドイツヘーフェヴァイツェン)
  新商品のヴァイツェン。
  実はヴァイツェンってどれも味に大差ないイメージがあって、
  あまり心惹かれないのですが。
  こちらのヴァイツェンは本当にバナナのようなフルーティーな香りで
  味も雑味がなく、まろやかで美味。
  ここの商品はハズレがないという「イメージ」が「確信」に変わりましたよ。

○大山Gビール 「バーレーワイン2008」(バーレイワイン)
  いやー、これは秀逸です!
  買って飲んだことあるけど、あらためて文句ナシ!
  しっかりしたコクと甘味とまろやかさで、まさしくワインのようなノーブルさ。
  最後の締めにもう一度!と思ったらSold Outでした(T_T)
  田中屋さんで買って来ようっと。

○海軍さんのビール 「バーレーワイン」(バーレイワイン)
  んー。
  大山Gビールのを飲んだ後だと、物足りない。
  コクとか甘味とか・・・もうちょっとかなー。

○宮崎ひでじビール 「太陽のラガー」(ジャーマンピルスナー)
  苦味のしっかりしたラガー。
  何となく、九州!って感じ。

○宮崎ひでじビール 「もぐら(スモーキングモールエール)」(アメリカンペールエール)
  薄めのこげ茶のビールで、コクと甘味がアップ。
  こっちの方が好き。

○ブルーマスター 「ブルーマスター」(FS節税型発泡酒)
  節税型発泡酒って何ですかね?
  HPにも原材料その他の表記がないのでよく分りません。
  ハーブ等が入っているビールは、日本の法律では「発泡酒」になりますが、
  こちらはいわゆる‘発泡酒’なのでしょうか?
  よく分りませんが、なんか変わった香りがしました。
  普通のビールじゃないんだろうなー。

○ブルーマスター 「かぼす&ハニー」(フルーツビール)
  常に長蛇の列ができていた、人気のビールでした。
  かぼすの香りがふわっと香り、酸味をうまくハチミツが中和していて
  飲みやすい、フルーティーなビールでした。

○城山ブルワリー 「ペールエール【枇杷茶】」(エクスペリメンタルビール)
  枇杷茶そのものも飲んだことがありますが、
  確かにそんなお茶の味のする、ちょっと変わったビールでした。
  こちらのブースも長蛇の列で、全種類制覇はできませんでした。

○ハーベストムーン 「バーリーワイン’09」(バーレイワイン)
  やっぱり大山Gビールに比べると物足りないかなー。
  順番的には大山→ハーベストムーン→海軍さん、かな。

○牛久ブルワリー シャトービール「クランベリーラガー」(フルーツビール)
  こっちがランビックじゃないの?な、ヴィネガーのような味わい。
  クランベリーヴィネガーって感じ。
  色がキレイな濃いピンクなので、女性にはウケそう。

○常陸野ネストビール「ホワイトエール」(ベルジャンホワイト)
  どうしたの?!なスパイシーさでビックリ。
  まるでペッパーのよう。
  お肉に合いそうです。

○南信州ビール 「オクトーバーフェスト」(FSライトエール)
  少しコクのある、普通のビールって感じ。

○よなよなエール 「よなよなリアルエール」
  普通のよなよなエールより、更に香り高くて美味!
  侮るなかれよなよな、です。
  ホップ中毒になりますよ、とおっしゃっていたのが分る気がします。
  普通のビールじゃ物足りなくなるのよね。。。

○飛騨高原麦酒 「カルミナ」(ベルジャンダークストロングエール)
  名前に惹かれて飲んだことは覚えてます。。。

○金しゃちビール 「抹茶ドラフト」(ハーブスパイスビール)
  抹茶の粉を使っているそうですが、確かに抹茶の香りがします。
  そして味もちゃんと抹茶が生きてます。
  こちらの金しゃちビールは変わりものを作るのが上手い、と確信しました。

○金しゃちビール 「インペリアルチョコレートスタウト」(インペリアルスタウト)
  チョコやカカオを使わずにチョコレート風味を出しているビール。
  甘ったるくなくてこっちの製法の方が好きです。
  クリスマス~VDの季節にお目にかかるのを楽しみにしています♪


メモも取らずにこれだけ覚えてれば充分でしょ(自画自賛)
やっぱりこれだけの種類を一気に飲み比べられるっていうのはいいですよねー。

そして。
よなよなの「英国古酒」(バーレイワイン)を飲み損ねたことが悔やまれます。
どこかで買えるかしら。。。  

PageTop

「Couvreur's Choice」(Michel Couvreur)

4_20090917135038.jpg 5_20090917135038.jpg

四角いボトルにMaker's Markのような蜜蝋っぽい栓の感じが気になって、
残りちょびっとだったのをいただきました。
わざと残してあったんだったらごめんなさいよ(笑)

フランスのボトラーズで、買い取った樽を
フランスに持って帰って寝かせちゃうから、蒸留所名を名乗れないのだそう。
あま~かったです。
中身が何か教えていただいた気もしたのですが・・・(^^;

PageTop

「Caolila」2000 7Y(ACORN)

2_20090917135039.jpg 3_20090917135039.jpg

エイコーンのオリジナルボトルですね。
写真、右側だけアップで撮ってもダメなんじゃん?
アルコールは46%。
程よいピート臭でそのおかげか、一瞬味覚が戻りました(爆)
正露丸効果?
甘味もあって飲みやすいお味だったかと。

PageTop

「Blair Athol」1995 12Y(Macgibbon 「Provenance」)

1_20090917135039.jpg

こちらも優しいお味。
麦っぽかったような気がする。。。

PageTop

「Glenlossie」1993 12Y (Macgibbon 「Provenance」)

8_20090917134748.jpg

多分飲んだことあるなーと思いつつ、まぁいっか、と。
恵比寿で飲んでましたね~。
あまり刺激も強くなく、優しいお味でした。
この日は鼻も記憶も(笑)大丈夫なのに、イマイチ味覚がハッキリしませんで。。。
味覚を生かしたお仕事をしている人って、
本当に大変だろうなー、とつくづく思います。

と、話を逸らしてみる(^^ゞ

PageTop

Talisker Double Matured 1991 13Y

6_20090917134748.jpg 7_20090917134748.jpg

Famous Grouseで作ったハイボールに、コチラをフロートしてくださいました。
Taliskerを二段熟成させたもの。
シェリーカスクで仕上げているそうです。
アルコールは45.8%ですが、
優しい口当たりで、最初にキツっと感じることはありませんでした。

PageTop

OLA DUBH ALE Special Reserve 40

3_20090917134417.jpg 4_20090917134417.jpg

ちょっとレアですね~。
Harviestounのビールです。
ネックにチャームが付いていたのですが、
その衝撃を和らげるため、ネックに緩衝材が巻かれてありまして。
デザイン的に、それでいいの?!と
突っ込みたくなる感じになってました(笑)。
あー、全体像を撮ってくるべきでいたね。

19466b891741c93ccc1228918ee95692.png

こちらの写真の一番右のボトルのように、
金属製のチャームが下がってるんです。
多分、輸入に際して緩衝材を巻いたんでしょうかねぇ?

ちなみに、チャームだけいただいてきました。

5_20090917134417.jpg

ネズミが可愛いです♪

原材料は麦芽とホップでアルコールは8%。
OLA DUBH=BLACK OILの名の通り、黒ビールです。
まろやかな苦味と甘味。
スムーズな味わいで、冷えたところから常温に戻しつつ、
のんびりゆっくり飲むのにピッタリでした。

PageTop

Fuller's ESB

1_20090917134418.jpg 2_20090917134417.jpg

イギリスビールです。
原材料は麦芽とホップのみで、アルコールは5.9%。
黒に近いこげ茶色で、濃厚な味わい。

PageTop

La Trappe Tripel

1_20090917134147.jpg 2_20090917134147.jpg

割とおなじみのベルギービールです。
原材料は麦芽、ホップ、糖類、コリアンダーでアルコールは8~9%。
じっくり飲むビールですね。

PageTop

よなよなエール(ヤッホーブルーイング)

西○友で売っているビールのラインナップ、
変わり映えしなくて面白くないな~、
久しぶりによなよなエールでも飲むか、と買ってきました。

7_20090917134004.jpg 8_20090917134004.jpg

原材料は麦芽とホップのみで、アルコールは5.5%。
結構濃い目のこげ茶色で、ものすっごくフルーティー
わざわざ「香りのエールビール」と書いてあるだけあって、
しっかりとした麦の甘みと香りが活きています。

あらためて、んまいね!
ちょっと濃いから食事には合わせにくいですが。
2杯目以降にじっくり、でもごきゅっと飲むのにちょうど良い感じ。
涼しくなってくると、こういうビールもいいですね~(^o^)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。