ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

琥珀ヱビス

今年も琥珀ヱビスの季節がやってまいりました。
発売日当日に買ってきて飲みました~o(^^)o
これがあるから、超長期熟成をあの微妙なタイミングで発売したのかなー、などど。
ちょっとかぶりますよね(笑)

1_20091012164456.jpg 2_20091012164456.jpg

今年はデザインがちょっとリニューアルされましたね。
マットな質感&シンプルなデザインで、ちょっと高級感アップな感じ。
アサヒのプライムタイムと路線が似てますかしら?

ちなみに去年のデザインはこちら。

3_20091012164455.jpg

うん、今年の方が好きかも♪
原材料は麦芽とホップのみで、アルコールは5.5%。

香ばしくて美味しいですね~。
苦すぎず甘すぎず。
食事にも無理なく合わせられますね。

また買ってこようっと♪

スポンサーサイト

PageTop

伝説のビール職人 生

1_20091012164237.jpg

どこまで安いのか知りませんが、一応「今月のお買い得品」の札が付いていたのです。
それでも315円。
大手のビールに比べるとちょいとお高めですよね。
どうしよかなーと思ったのですが、最後の1本だったので買ってきました(笑)

2_20091012164237.jpg 3_20091012164236.jpg

原材料は麦芽とホップで、アルコールは5%。
色的にはちょっと濃いめかな~?というのと、
ちょっと濁りがあるかな?という気がします。
基本的には一般的なビールに近いお味なのですが、
な~んでか、小麦っぽい香りがするんですよね。
ヴァイツェンではないのですけど。

で、ですねぇ。
時々「大麦麦芽」「小麦麦芽」と表記されているビールがありますよね。
もしかして大麦と小麦で味が違うのでは・・・と、気になる今日この頃なのです。
どうなんでしょう。。。

あ、こちらのビールは濃すぎず、苦すぎず、で
1杯目から、普通に食事に合わせて飲めるお味でした
ホップの香りもちょっと強めでしたね~♪

うちは瓶ゴミが多いよ(笑)

PageTop

André Rosé

仕事始めの日、みょ~に疲れていて、
甘いものが飲みたいな~と、コチラを買ってきました。

1_20091012163956.jpg

酔っ払い河童君、ようやく登場です。
一気に脱力系な写真になりますねぇ(笑)
一度、我ながらナイスな名前を付けたのですが、忘れました(爆)

2_20091012163956.jpg 3_20091012163956.jpg

以前、こちらの白は買ってきましたが、ロゼは初めてかと。
カリフォルニアで、アルコールは9~10%。
900円くらいでしたかね。

4_20091012163956.jpg

いや~、ヨッパ君さいこー!!
しばらく登場し続けていただきます(笑)

やっぱり泡は大きめですかね~。
んで、グラスの底から立つ泡、ありますよね?
あの立ち方が安物はイマイチな感じがします。
グラスの側面から立ってたりとか。

お味ですが、思ったほどは甘くはなく。
ほのかに甘口って感じで、これくらいなら食事にも合わせられますかね~。
ブドウの果実実が感じられて、このお値段なら十分満足なお味です。

西○友の千円以下のは制覇してしまったので、
後は千円以上になってしまいます。。。
あ、マテウスはまだだったな~。
でも甘いんだろうな~。

PageTop

Asti Parini

1_20091012163816.jpg 2_20091012163816.jpg

確か750mlで900円弱でした。
アルコールは7.5%と、かなり控えめ。
すごーく安いやつは西○友が販売元なんですね~。
そういえば、西○友のPBのチューハイ、無くなったみたいですね。
・・・美味しくなかったもん(爆)

で、こちら。
普通に辛口だと思って買ってきたんです。
飲んだ瞬間、余りの甘さにうほっ?!と

泡は大きめですかね。
ゆっくり注いでもすごい勢いで泡立って、
一度泡が消えるのを待たないとグラス1杯注げませんでした。
で、まぁ甘口は甘口ですけど。
基本的に甘けりゃ甘いでそれなりに飲めちゃうんですよねー(笑)
結構フルーティーでしたし。
ただ、食事には合わせにくいです。

デザート感覚でいただくには良いかな~。

PageTop

おいしいチューハイ 赤ぶどう

3_20091012163535.jpg 4_20091012163535.jpg

原材料はぶどう果汁、スピリッツ、香料、酸味料で、アルコールは5%、果汁は50%。
砂糖不使用で、甘みはすべて果汁からくるもの。
うん、体には良さそう。

マスカットミックスのときにも書いていますが、微発泡ですが、あまり炭酸は感じられません。
こっちもごくごく飲める感じです。
ただ、結構甘い・・・と感じてしまいました。
果汁からくる甘みだけですが、赤ぶどうの方が糖度が高いのでしょうか?
グラスに氷を入れて、温度を保って飲むと良いかもですね。
薄くはなりますけど。

PageTop

Slat すっきり白ぶどう

1_20091012163536.jpg 2_20091012163536.jpg

きっと、えー、いまさら~?な感じですよねー。
発売されてから随分経ちますもんね。
西○友での売場面積も、増える一方です。
いやー、こういうカロリーオフ系って、ヘンな甘味料使ってることが多いじゃないですか。
妙な味がして、あまり好きではないんです。

ま、たまにはいっか、ってことで買ってきました。
原材料は白ワイン、ブドウ果汁、食物繊維(ポリテキストロース)、
糖類、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)で、
アルコールは3%で果汁は1%。
カタカナのは何のことやら分かりません(^^ゞ

正直、あまり期待はしていなかったのですが、
ちょうど喉が渇いている時に飲んだからでしょうか。
全体的に甘さはもちろん、味も薄めでごーくごく飲める感じで、アリかな、と(笑)
炭酸も弱めでしたしね。
ビールじゃないけど甘いのもイヤ・・・という時には、良いかもしれません。
3%じゃ酔えないけど(爆)

PageTop

「Glenlivet 1997」12Y(atomizer8)

8_20091012163154.jpg 9_20091012163153.jpg

Atcf.Ltd 、Abbot's Choice 、Bar Cielo の三社合同ボトリングで、
120本のみのリリースだそうです。
お、120本目だ*^^*

これがですねぇ、グラスに注がれた瞬間はリンゴのようは芳醇な香りがして
「美味しそう」なのですが、飲むときっつーい(>_<)
それもそのはず、カスクで61%とかあるんですもん。
14%の次に61%はキツイっす。
トワイスアップセットをいただき、加水しながら飲んでみましたが、
やっぱり香りは最初が一番良かったんですよねぇ。
でもキツイ。
味は甘めの丸いお味でした。

PageTop

Les Emirs 2004(Clos St.Thomas)

3_20091012162903.jpg

レバノンワインです。
はぁ~レバノンノン。

4_20091012162903.jpg 5_20091012162902.jpg 6_20091012162902.jpg


セパージュはCabernet Sauvignon、Syrah、Cinsaultと、裏に書いてありますが、
ネットで調べるとCinsaultではなく、Grenacheと書いてあります。
・・・どっち?
あ、フランス語のラベルを目を皿のようにして見てみると、Grenacheになってますね。
日本語のラベルが誤植だと思われます。

7_20091012163154.jpg

ブリュッセルワインコンクールで銀賞受賞だそうです。

栓の開け方を指南していただき(でも見てるだけ)、
開けてみるとコルクの香りは大丈夫そう。
2種類の大きいグラスを出してくださったのですが、
それだと香りがサビくさくなっちゃいまして。。。
テイスティンググラスでいただくと、きちんと楽しめる香りだったので、そちらでいただきました。
うーん。
オシャレなグラスに合わないって・・・ちょっと残念(^^;

お店は暗くて色がよく分からないのですが、多分濃い目のルビー色。
しっかりとした重め(中重くらいかな)の味で、くどくない程度のタンニン。
最初は酸がありましたが、しばらくすると取れてまろやかな味になりました。
うん、これ系の味が好きだった!と、去年の自分の好みを思い出してみたり(笑)
今でも好きですけどねー。

PageTop

Brooklyn Lager

1_20091012162903.jpg 2_20091012162903.jpg


アメリカです。
原材料は大麦麦芽とホップで、アルコールは5~6%。

実はですねぇ、ビアフェスの時、木内酒造さんがこれをケグで出していらっしゃいまして。
酒造メーカーさんが輸入もしてたりするので、
そういうことかな、と特に気にせずいただいてきたのですが、なかなか美味しかったんです。

で、チョイスしてみたのですが。
ん~、ちょっと違う・・・ような・・・。
ビアフェスでいただいた時はもっとフルーティーで「美味い!」と感じたのですが、
こちらはやや苦味が強くて、こんなもんかなー、と。
瓶とケグだと味が多少違うって言いますしね。

しかし、ここで更に気になることが。
このビールの輸入元は日本ビール株式会社です。
じゃあどうして木内酒造さんがケグを持ってきていたのか?

調べてみて判明しました!
木内酒造とブルックリン・ブルワリーが提携して、
10月から木内酒造がライセンス生産を始めるのだそうです。
それに先立ち、ケグを輸入販売していて、それがビアフェスにきていたわけですね。
あれはドラフトだったようで、そりゃ味違うわ(爆)

でもどういう味でできてくるのか、楽しみですねぇ。
あ、今輸入されてる分を取っておくべきかしら。。。
飲み比べしてみたいですよね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。