ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こだわり果樹園 山形県水晶果樹倶楽部 桜&さくらんぼ

01_20100322175344.jpg 02_20100322175344.jpg

春限定ってことで買ってきました~。
原材料は佐藤錦(さくらんぼ)、桜リキュール、スピリッツ…ですって。

まぁさくらんぼって、そんなに特徴強くないし…と思って
期待はしておりませんでしたが。

なんといいますか・・・。

・・・薬っぽいのねー。

子供用風邪薬、みたいな(^^;


アメリカンチェリーは味がしっかりしてますが、
日本のチェリーは繊細ですからねぇ。
あれをきちんと生かそうとすると、すごく値が張りそう…。

佐藤錦(生)を、惜しげもなく潰して作ったカクテル。
一杯おいくらぐらいかしら(笑)
飲んでみたいような…

スポンサーサイト

PageTop

Can Wine(赤)

先日、コンビニのお酒売場の隅っこに、
見慣れない缶が並んでいるのに気付きました。
見ると、缶入りワイン。
赤白2種類。
どーかなー、と思いつつ、
ちょうどその日、ワインは飲みたいんだけど、
口開けするほどでもないし…な気分だったので、買ってみました。

08_20100322175139.jpg 009_20100322175139.jpg

サントリーです。
輸入ぶどうジュースから造ったそうです。
アルコールは11%とやや低め。
いつぞや飲んだ缶の発泡赤ワインが微妙だったので、
あまり期待はしていなかったのですが…。

以外にもアリでした♪
ちゃんとワインなんです(笑)
缶のまま開けて一口飲んで、
ちゃんとワインの味がするから、グラスに移し変えた方がいいかしら?
と思ったほど。
面倒だから止めたけど(爆)

ぶどうのフレッシュな果実味があって、
普通に飲めました。
思いまするに、普通の工程を経てワインを造ると、
時間も手間もかかるし、味もできてみないと分からないところがありますよね。
これは最初からこういう味にしよう、
と決めて造っている印象を受けました。
ワイン風アルコール飲料っていうか。
最後にぶどうジュース足してもいいしー、みたいな。

って、実際にどうやって造っているか知りませんので、
勝手な推測ですけどね(笑)

今度白も飲んでみようと思いまーす♪

でもやっぱり、缶でワインを飲むって
ヘンな感じですね。。。

PageTop

Blueberry Fizz(Dr.Demuth)

03_20100322175028.jpg 04_20100322175028.jpg

買った時には普通にフィズだと思っていたのですが、
良く見ると「Fruit Wine」と書いてあります。
そしてドイツ産。
やっぱりドイツは甘いのが好き?
アルコールは5.5%と軽めです。

飲んでみると、確かにワインの香りがします。
そして酸味がちょっと強いかな。
甘いのを期待していたから余計にそう感じるのだと思います。
そしてそして、この香りは…
奈良漬?(爆)
炭酸はやさしめでスルッと飲める感じでした。

ブルーべリー以外にもバージョンがあったので、
気が向いたら試してみようと思います。

PageTop

おいしいチューハイ いちごミックス

…写真を撮るのを忘れてました。。。

今週の資源ごみで缶も捨てちゃったし。。。

こちらも果汁50%です。
イチゴ果汁50%は、原価的に無理なんじゃ…と思ったら、
ぶどうとのミックスで50%でした。
なるほろ。

でもイチゴの香りがしっかりして、
こっちも美味しかったな~。

西○友でも売ってくれればいいのに。

PageTop

おいしいチューハイ ブラッドオレンジミックス

01_20100322174811.jpg 02_20100322174810.jpg

西○友では売ってないし、
ちょっと地味なイメージのあるTAKARAのおいしいチューハイシリーズですが。
実は美味しいのですよ。

オレンジです。
期間限定ですが、買ってからしばらく冷蔵庫で眠っていた気がするので、
いつの「期間」限定なのか不明です(笑)

果汁(オレンジ、ブラッドオレンジ)、スピリッツ、香料、酸味料、野菜色素。
野菜色素ですって。
良い感じです。

アルコールは4%と低めですが、果汁が何と50%!
なのでとってもフルーティーです♪
オレンジなんだけど、みかんっぽい感じもして。
そして発泡性ではありますが、微発泡って感じのところも好みです*^^*

PageTop

Marron Chocolate Stout(Sankt Gallen)

01_20100322174523.jpg

今年もVDに合わせてサンクトガーレンから
色んな種類のチョコレートビールが発売されていましたが、
新商品のマロンのみ買ってみました。
色々考えますねー。
チョコとマロン。
アリだと思います。

02_20100322174523.jpg 03_20100322174523.jpg

相変わらずデザインは地味めですが、
金を使って色は派手になってます(笑)
原材料は麦芽、麦、ホップ、酵母、栗。
麦芽と麦って違うんだ…
アルコールは6.5%。

Sweets Beerとラベルにある通り、ほのかに甘口のビールです。
でも甘ったるくはなく。
ただ、栗…栗…栗?
あんまり栗な感じがしませんでした。
栗って、砂糖煮の甘いイメージがありますが、
元はそれほど味が強い食材ではないですよね。
そのせいか、あまり栗の味とか香りは取れませんでしたかねぇ。

ま、普通に美味しくいただきましたけど。

   

他にチョコに合うものといえば、イチゴ!
イチゴチョコビール!
…どっかが出してたかな?
あと、好みは分かれるけどチョコミントとか♪
歯磨きの味がする、って嫌う人も多いですけどね(^^ゞ
チョコバナナもアリですねぇ。

チョコって意外と何でも合いますね。
あ、コーヒーチョコビール!
果物より造りやすそう!

宜しくお願いしま~す♪

PageTop

Baron de Boutisse 2005

01_20100322174259.jpg

フランス、St.Emilionのワインです。
5本で7千円だかのセットの1本だと思ったのですが、
リストに入ってないんですよね・・・。

02_20100322174259.jpg 03_20100322174259.jpg

裏のラベルとか、金賞受賞ワインセットっぽいのですけど。
福袋に入っていたやつだったのかな?
最近、何が何だかよく分からなくなってきました(買いすぎです)

04_20100322174258.jpg

こちらは「Challenge International du Vin 2007」で
金賞受賞だそうです。
Merlot 70%、Canernet S 30%。

08_20100322174258.jpg

オレンジがかった濃度のある色です。
香りはジャミーで期待のできる香り(笑)
口当たりもアフターも軽めで、程よい酸味とタンニン。
梅っぽいですね。
開栓翌日は、ちょっと酸が強くなっていた気がします。

これはアリです♪

やっぱり福袋だから、かしら。

PageTop

Beringer Sparkling White Zinfandel

01_20100322174013.jpg

いつぞや西○友の日に買ってきて、
でも寒いと泡を飲む気にならなくて、冷蔵庫で眠っていた泡。
ちょっと寒さも緩んできたし、鍋と泡でいってみよー!ってことで開けました。

02_20100322174012.jpg 03_20100322174012.jpg

カリフォルニアのロゼスパークリングです。
西○友価格で1300円弱。
White Zinfandelなんて、美味しそう♪と思いまして。
要はZinfandelで造ったロゼスパークリング、ですよね。

04_20100322174012.jpg

カワイイ色です。
ロゼは目でも楽しめるなー、と香りを嗅いでみると。

んぐっ?!

薬クサイ・・・
かすかにイチゴとかベリーのような甘い香りもしますが、
それを上回る薬品っぽさ。

なんじゃ、コレ?
と思いながら飲んでみると・・・。

味も薬っぽい・・・。

これがブショネってやつ?
いや、ブショネはカビ臭いっていうけど、
これはカビではなくて薬品臭・・・。
亜硫酸入れすぎた?(爆)

      

サッポロが売ってるぐらいメジャーなものなので、
これが本来のポテンシャルでは無いのだとは思います。
でも、自分でもう一度同じものを買ってくる気にはなれません。

やっぱり最初の出会いって大事よねー。



ちなみに。
開栓翌日も同じく薬臭かったです(>_<)

PageTop

さつま美人 黄金千貫天然水割り

08_20100322173824.jpg 009_20100322173823.jpg

発売元の福徳長酒類株式会社は東京の会社なので、
こちらでも売ってるんでしょうねぇ?

原材料はシンプル!
さつまいも&米麹。
焼酎の原材料のまんまですね。
シンプルイズベストです♪
アルコールは10%。
焼酎の水割りそのまんま、って感じですかねー。

まろやかな甘みで美味しかったです。
飲む前日とかに水割りを作って冷蔵保存して飲む・・・
前割りって言うんですかね?
味がまろやかになって美味しいって言いますけど、
そんな感じだと思います。

あとは値段との兼ね合いですかね。

PageTop

世界のハイボール 樽熟シェリー&ソーダ

03_20100322173654.jpg 04_20100322173654.jpg

キリンから出ましたねー。
ハイボールといえばサントリーのイメージ。
それに対抗するかのように、キリンからハイボール。
そもそも合併なんて無理じゃん?って気がしてきます(笑)

さて。
ハイボールというと、日本ではウイスキーのソーダ割、という認識ですが、
広義としてはスピリッツをソーダなどで割ったものを
ハイボールと呼ぶようです。
こちらの原材料にはウイスキーは全く使われておりません。
広義な意味でのハイボールらしい。。。

その原材料ですが、ウォッカ、シェリー、食物繊維、
糖類、香料、酸味料、加工デンプン、カラメル色素。
・・・何ですかね?加工デンプンって
アルコール飲料で使われているのを初めて見た気がします。
アルコールは6%で、これ系にしてはちょっと高めです。

お味はといいますと、
なんといいますか、風邪シロップっぽい甘さ?
サッパリしているので後を引くことはないのですけど。
どうもなんか・・・ねー。
人工的な感じというか。
原材料を見ているからそう感じるのかもしれませんが。
2度は買わないなーって感じデス。
     

最近思うのですけどね。
こういった缶入りカクテルって、色を付けてることが多いですよね。
でも実際、どれだけの人がわざわざグラスに移して飲んでいるのかなぁ?
と、思うのです。
普通移しているのかしら・・・
個人的にはヘンに色を付けなくても良いのでは、
って気もするんですけどね~。

モルトだと、Non-color(カラメル色素不使用)っていうのが主流というか、
余計なもの入れるなよ、っていう感じがあるので、
カラメル色素が入っていると、ちょっと残念な気がしてしまうのです。

まぁ、それとこれとは別ですかねー。

PageTop

シルクエビス

01_20100322173521.jpg 02_20100322173520.jpg


原材料のところは写真が撮りにくいです。
麦芽(大麦・小麦)とホップのみで、アルコールは5.5%。

シルクかどうかは良く分かりませんが、
香ばしい麦の香りがします。
麦の甘みというよりは香ばしさ。
ほのかに白ビールっぽさも香りますね。

ここのところ暖かくなってきたので、
ビールもアリになってきました

それにしても、ヱビスの色んなバージョンありますけど、
発売のタイミングがどうもよく分かりません。
なんで今なんだろう?って。
シルクヱビスの缶は白。
白っていうと雪とか・・・ねぇ?
「これから冬!」ってタイミングの方がいい気もするし。
四季でいうと白秋で秋かぁ・・・。
でも秋って感じじゃないですよねー。
琥珀ヱビスと合わせて紅白セットとかどうかしら?(笑)

あ、ホワイトデーに合わせての発売?
でも基本的にホワイトデーにお返しを貰うのは女性ですからねぇ・・・。
ビールを貰って喜ぶ人はあまりいないかと。
酒好きの私でも、普通にスーパーで売っているビールを貰うと、
なーんだ、って思っちゃうし。

ま、とりあえず匠ヱビスが欲しいので、
あと5本は買ってきますo(^^)o

PageTop

Yellowglen

03_20100228170424.jpg

オーストラリアのChardonnayです。
グラスに注ぐと、底からシュワシュワと泡が立っていました。
舌にも炭酸をしっかり感じるので、
シャンパーニュとの違いはそこかなー、などと。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。