ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

MOUTON CADET 2006

8_20110117163542.jpg

お正月に新年の挨拶をしに行った親戚の家でいただきました(笑)

9_20110117163542.jpg 10_20110117163542.jpg

しばらく寝かせてあったのでしょうか。
コルクがい~感じになってました。
チョコレートのような濃厚な香り。

CS、CF、メルロ-の混醸のボルドーです。

ワインの香りも濃厚でい~感じ。

なのですが。

味はちょっと物足りないというか。
口当たり軽くて、軽い酸味とタンニン。
寒いから常温でも冷えちゃってましたしねぇ。

温度が上がるとちょっと開いてきたかなぁ…。

まぁデイリ-向けな感じですかね。

ごちそうさまでした~o(^-^)o

スポンサーサイト

PageTop

穫れたて素材生ビール

5_20110117163357.jpg

お、新商品だ、とコンビニで1本買ってきて、
そのまま冷蔵庫で寝かせてしばらくして、
お、新商品だ、とコンビニで2本買ってきて、
冷蔵庫に同じビ-ルが3本、と(笑)

6_20110117163357.jpg 7_20110117163357.jpg

そんな限定醸造のビ-ルです。
えちごビ-ルっぽいデザインですよね。
あと白生とかってビ-ルありましたっけね?
そんな感じ。

って個人的なイメージですけど(笑)


こだわり具合が色々書いてありますね-。
原材料はシンプルに麦芽とホップ。
麦の香ばしい香りがしっかり生きたお味でした。

あの緑の缶のビ-ル、また出ないかなぁ…。

PageTop

Piat d’Or

日曜日。

さすがに年明け早々の5連勤&連日の残業は疲れたな…
と、帰りにスーパーへ寄った時。
ワインを買うつもりはサラサラなかったのですが、
ボトルについたオマケがふと目に留まりました。

あ、これ、いいかも。
ってことで、オマケ目当てで買ってきたワインがこちら。

1_20110117163208.jpg

メルシャンが販売しているロゼワインです。

2_20110117163208.jpg 3_20110117163208.jpg

ロゼって、色だけでなんかわくわくしちゃいますね。
どうしてでしょう?

やや甘口と書いてありますが、
そうでもないですかねぇ?
アルコールは12.5%と、ロゼにしては高めです。

880円くらいでしたし、期待はしてませんでしたけどね。
なんか苦味が感じられて、あまり美味しくありませんでした…。
ま、そんなものですかね~。

で、オマケというのがこちら。

4_20110117163207.jpg

クロスです。
ま、ゆーたら布です(笑)

いえね。
パソコンのキーボードにハンカチをかけているのですが、
ちょっと小さいので、ちょうど良いサイズの何かないかな~と
探していたのです。
こちらのオマケ、かけてみたらサイズぴったりでした♪

結果おーらいってことで(^o^)

PageTop

COLLI  PIACENTINI 2009

1_20110110174541.jpg

12月の蔵直ワインクラブ2本目です。
正月休み最終日に空けちゃいました(^m^)
度数軽めだったから1本空けても平気だなと思って(笑)

2_20110110174541.jpg 3_20110110174541.jpg

イタリアの微発泡です。
MALVASIA 100%でアルコ-ルは8.5%。

軽ぅい口当たり&軽ぅい甘み。
食事の邪魔をしないので、1杯目からスルスル飲めます。

はい、スルスル飲みました(笑)
でも翌日残ることもなく。
正月ボケはしてましたけどね(;^_^A

PageTop

Vivaldaia 2005(Villa Pillo)

9_20110110174223.jpg 10_20110110174223.jpg

本日のオマケワイン。
CF 100%でしたが、飲んだ印象はDuemaniの半値くらいだな…と(笑)
当たってました(爆)

これはこれで美味しいんですけど、
やっぱり濃度がねー。

PageTop

Suisassi 2005

8_20110110174225.jpg

本日最高値のSyrah 100%のもの。

香りは青い感じ。
ほのか~にスパイシーさもあるような…。
甘みもあって、上品な後味です。

個人的にはDuemaniが好きかな~。

PageTop

Duemani 2005

7_20110110174225.jpg

CF 100%です。
お値段も1万円超え。
そして本日はマグナムボトルと、湯せんをしたものとの飲み比べが。

通常ボトルは青っぽい濃度のある香り。
後からアルコールが鼻に抜けます。
口当たりはまろやかですが、酸とタンニンしっかり。
1本筋の通った味、という感じがします。

マグナムボトルは、さらに渋みを強く感じます。
アルコールも強いような…。
プラムのような濃度も強く感じられる気がします。
量が多い方が、空気に触れる割合が低いので、
良いワインのマグナムボトルを寝かせておくのが
オススメだそうです。

更に寒い季節は湯せんをするのみアリってことで、
デキャンダを湯せんしたものもいただきましたが、
香りは開いているというか、まるっとした感じなのですが、
味がぼやけるというか…
深みがなくなっちゃったというか・・・
個人的には常温の方が好みでした。

PageTop

Altrovino 2007

6_20110110174225.jpg

中途半端な写真で申し訳ないです(笑)
写真を撮ろうと思った時には、下げられた後だったので…。

CF 50%、Merlot 50%です。
土っぽい中にやや青臭い香り。
口当たりは軽いけど、粘土っぽさもあってしっかり。
あとから酸味が立ってきます。
更に時間が経つと、甘みも出てきます。

最近は昔ながらのセメントタンクの良さが見直されているそうです。
外気温の影響を受けにくいので。
こちらはそんなセメントタンクで醸造したワイン。

PageTop

Villa di Corlo 2003(Grasparossa di Castelverto)

4_20110110174016.jpg 5_20110110174016.jpg

甘口バージョン。
こちらも泡がやさしくて飲みやすかったです。
そして、プラムのようなしっかりとした重みと甘みが少々。
こちらも美味しかったですね~。

PageTop

Corleto 2008(Villa di Corlo)

1_20110110174017.jpg 2_20110110174017.jpg 3_20110110174016.jpg

フリッツァンテなので微発泡。
これが泡とは思えないほど濃度があって、
最初から最後まで通せそうなしっかりしたお味でした。

PageTop

Chateau Filhot

3_20110110173850.jpg 4_20110110173850.jpg 5_20110110173850.jpg

フランスのソーテルヌです。
後ろに説明が書いてある通り、
酒石酸がキラキラしていて、キレイでした。

PageTop

Chateau Fondouce 2000

1_20110110173717.jpg 2_20110110173716.jpg

フランスです。
シラーとグルナッシュと…何だったけ?
の、混醸です。

ボトルで3600円だったので、正直な話それほど期待していなかったのですが、
これがかなりのポテンシャル!
その前のグラスワインも600円だけど、しっかり濃度があって美味しかったのですが、
あんまりマージン取ってないのかしら?と(笑)
しかも2000年ってのもねぇ~。
さすが中野(^o^)

PageTop

Barons de Rothschild

4_20110110173527.jpg 5_20110110173527.jpg

シャンパンで-す\(^O^)/

お正月、貰い物を「皆で飲もう」と、親戚が持ってきていて、
御相伴にあずかりました♪
御相伴を超えてたかも?(爆)

エノテカですねぇ。
エチケットデザインがカッコい-です♪

ば-ちゃんちで飲んだので、グラスがイケてませんでしたが
キメ細かい泡で、口当たりも柔らかかったです。
お味も優しくて、スルスル飲めてしまいました(笑)

正直に言うと、泡のきめ細かさ以外で、
シャンパンの味の差ってよく分からないんですよね~(^^ゞ
飲み比べれば分かるものでしょ-か?

そんな贅沢なこと、おいそれとできませんけど(笑)

この後、赤に白までいただきました♪

完全に御相伴を超えてましたね(爆) 

PageTop

Riesling Spatlese 2009(Kallstadter Saumagen)

1_20110110173402.jpg

お正月休みに開けました&空けました♪

この文字変換をするたびに、漢字って便利だな-と思うのは
私だけでしょうか(笑)

2_20110110173401.jpg 3_20110110173401.jpg

ドイツのリ-スリングです。

甘酸っぱい甘い香りの中にミネラリ-さがあって、
リ-スリングの特徴がきちんと出ています。

蜜のような濃度の高い甘さと、
キュッとした酸味。

バランスが良いので1杯目からでもOKなお味でした。

美味しかったですけど…

赤が恋しいです(笑)

PageTop

LEDGEWOOD CREEK

6_20110110173143.jpg

12月の蔵直ワインクラブ2本目です。

7_20110110173143.jpg 8_20110110173142.jpg

カリフォルニアです。
ぶどうはわかりませ-ん。
ワインクラブ用に説明が付いてるけど、
品種が書いてないことも多いんです。

甘酸っぱいラズベリーの香り。
味は辛口な中に、フレッシュなベリーの甘み。
食事に合わせてもOKです。
アルコールは12%と、甘口にしては高め。

と、ここで説明を読んでみる。

白ぶどうで造ったスパ-クリングに、
ラズベリーの濃縮液を加えているそうです。

なるほどね-。

ちょっと邪道な気もしますが(;^_^A
ま、美味しいからよしとしましょう。

PageTop

竹鶴ハイボール

3_20110110172928.jpg 5_20110110172928.jpg

フォアロゼとハーパーはイマイチでしたが。
満を持して、竹鶴の登場です(笑)

これは心配してませんでしたよ。
だって高かったもん(爆)
モルツとプレモルくらいの差がありましたかね。

黒を基調にした渋いデザインです。
カッコいい♪
竹鶴さんのことも書いてあります。
なんか縁起のいい名前ですよね。
竹に鶴。
花札だと…松に鶴か(笑)

4_20110110172928.jpg

原材料はたった一言、モルト。
カッコいい~~~
こうでなくてはっ!!
香料とか何とか入れてる場合ぢゃないですよ(笑)

お味ですが。
ちゃんとしたハイボールです。
安心して飲める味です。
ニッカってちょっと地味なイメージですけど、
普通に美味しいですよね~。

ただ、値段がちょっと…ね。
普通のニッカクリアハイボールで十分満足です
サントリーの角ハイボールも美味しいけど、
あまりの人気に原酒不足で、
今トリスにスイッチしてますもんね。
トリスはあんまり好きじゃないので。。。
仕込んですぐには出せないのがウイスキーですからねぇ。

寒くなるとウイスキーお湯割りもGoodです

PageTop

スパークリングジンロ

1_20110110172712.jpg 2_20110110172712.jpg


ジンロってウォッカなんでしたっけ?
焼酎に近いのかと思っていたのですが…
原材料にはウォッカしか書いてありません(;^_^A

ジンロってウォッカ?

まぁそれはさておき。

アルコ-ル3%のジュ-スです(笑)
でも最近、これでもちょっと酔う気がする…(;^_^A
グレ-プフル-ツは分かったのですが、
ミントは…ねぇ…。
香りは取れませんでした。
ただ、後味がス-ス-するので、それ系が入ってるんだな、と(笑)

そして砂糖使ってないやつって、
妙な甘さがあるんですよね-。

ちょっとイマイチでした。。。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。