ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

W-IPA(箕面ビール)

5_20111016184859.jpg 6_20111016184859.jpg 
 
日本のビールです。
原材料は麦芽、ホップのみで、アルコールは9%。
WでIPAというだけあって、かなりの苦み。
個人的には苦いだけじゃない味の方が好きかな~。

スポンサーサイト

PageTop

Faro (Lindemans)

3_20111016184900.jpg 4_20111016184900.jpg

ランビックビールですね。
ベルギーです。
原材料は麦芽、小麦、氷砂糖、ホップで、
アルコールは4.2%。

・・・氷砂糖?!
画像を拡大して確認しましたが、間違いありません(笑)
いわゆる、糖類、ですかね?

ランビックなので酸味があります。
ワインを飲み続けた後だと、ちょうど良い気分転換になるお味でした。
アルコールも軽めですしね。

PageTop

Coste di Mueggen 1998(Benanti)

1_20111016184809.jpg 2_20111016184808.jpg

本日のドルチェです。
こちら、バレンタインのお返しに用意してくださったのと同じもの、
だったのですが。
味の印象が全然違っていて、調べてみるまで同じものとは思いませんでした~。

シチリアのドルチェで、Zibibo 100%。
マスカットの亜種ではあるそうですが、かなり特徴的なブドウだそうです。

やや赤みがかった色。
香りは何というか…セメダイン?(笑)
グラッパの香りも取れます。
梅のような可愛い酸味と甘さのバランスが絶妙。
前回いただいた時は、完全に紅茶の香りだったんですよね~。
なので、同じものとは気づきませんでした。
こちらも美味しかったです♪

PageTop

Santadi 2005(Rocca Rubia)

41f7b3289fcce235688e3261e9453384_20111016184703.jpg 197387a7b05960c85d649f52693b08eb_20111016184618.jpg

こちらはサルディーニャの赤です。
Carignano 100%。

ボルドースタイルで作られている赤。
黒っぽい枯れた色。
枯れた木のような、硝煙のような…何とも不思議な香り。
酸はしっかりめ、タンニンは弱め。
果実味が感じられるような…。
青臭さも少々あって、アフターは軽めです。
サッシカイアの醸造家が作っているそうです。

PageTop

Terre di Ottavia 2003(Maurigi)

9_20111016184620.jpg 10_20111016184619.jpg

本日初めての国際ブドウ品種を使ったシチリアの赤。
Pinot Noir 100%です。

枯れた黒っぽい色ですが、透明度はややあります。
香りも枯れた感じ。
酸がほとんどなく、まろやかな甘み。
えぐみが少々残ります。

お値段の味に面白みのないお味。
ただ、シチリアでピノを作っているところが珍しく、
まだ手探りの状態で作っているとか。
方向性が定まれば、美味しいのが出てくるかも、とのことでした。

PageTop

Zisola 2005(Mazzei)

7_20111016184445.jpg 8_20111016184444.jpg

キャップシールの代わりに蝋で封がされていて、
エチケットデザインにも使われている赤いマークの印が入っていて
オシャレでした。
シチリアの赤で、Nero D'Avola 100%。

黒ずんだ透明度の低い色。
タンニンが強く、ちょっと青臭いような、強いていえばジャミーなお味。
Nero D'Avolaの特徴である、アメリカンチェリーっぽさが、
かすかに出ているような。。。
酸は弱めなので、あまり寝かせられません。
そして、こちらのインポーターさんは、
状態がやや心配なことが多いそうなのですが、
このワインに関しては大丈夫でした。

PageTop

Carjcanti 2008(Azienda Agricola Gulfi)

5_20111016184445.jpg 6_20111016184445.jpg

こちらはシチリアの白。
CarjcantiとAlbanelloの混醸です。

パイナップルのような酸味のある香り。
でも、飲んだ時に鼻に抜ける香りは
お香のような、何とも複雑な香り。。。
樽が効いていて、苦手な味です。
ブルゴーニュをイメージして作られているそうで、
白木の樽由来のミルキーさ、ココナッツのような甘みなども感じられます。

こちらは舌の下に落としても、あまりバラバラせず、
まとまりのあるお味でした。

PageTop

Vermentino di Gallura 2009(Piero Mancini)

3_20111016184259.jpg 4_20111016184258.jpg

その名の通り、Vermentinoで作られたサルディーニャの白。
Vermentinoはマスカットの亜種だそうです。

1本目より淡い黄色。
ミネラリーさを感じる香り。
ほのかに甘口ですが、全体的にはドライ。
アルコール臭も感じられます。
普通に飲んでいると、優しい味です。

が、塩味を感じるには舌の下に落としてみるとよく分かるよ、
ってことで、舌の下に落としてみると…
確かに塩気を感じます。
更には色んな味がバラバラと立ってきて、
さっきまでの優しいイメージはいずこへ?って感じ(笑)
このあたりにお値段の差が出るのかもしれません。

PageTop

Marzani Brut NV Metodo Classico

1_20111016184300.jpg 2_20111016184259.jpg

サルディーニャの泡です。
セパージュはVernacciaとNuragus。
どちらも地ブドウですね。
瓶内二次発酵製法で作られています。

やや濃いめの黄金色。
プラムや干しブドウのように香ばしい香り。
酸がしっかりめでドライなお味。
アフターもしっかり伸びます。
なかなかコスパの良いお味ですが、
手作りで、生産本数が少ないので、あまり入ってこないそうです。

PageTop

パラダイス

197387a7b05960c85d649f52693b08eb_20111016183819.jpg

最後は椿山荘のリベンジ、パラダイス
好きなんです、パラダイス。
やっぱり美味しい~!

PageTop

キングス・バレイ

10_20111016183820.jpg

カクテルの材料を当てましょうクイズ。
キレイなブルーです。
ブルーといえばブルーキュラソーかメロンぐらいしか思い浮かびません。
オレンジキュラソーは確実で、
レモンかライムか…で、ベースはホワイトラムかなぁ?
と思ったのですが。。。

41f7b3289fcce235688e3261e9453384_20111016183820.jpg

スコッチでした~。
キングス・バレイというカクテルのようです。
スコッチって感じが全然しませんでしたねぇ。
美味しかったです。

PageTop

Castelvecchio Rosso

8_20111016183821.jpg 9_20111016183821.jpg

セパージュを当てましょうクイズ。
3種類の混醸で、1つはCSというところまでしか分からず。
あんまり好きな香りじゃなかったです。

正解はDolcettoとBarbera。
当たるわけないですね(笑)

PageTop

巨峰を使ったカクテル

7_20111016183822.jpg

ちょっと飲んだ後です。
お酒は何だったけかな…。
巨峰と何かが合わさって、何ともいえない香りでした。
スルスルっと飲めます。

いつぞや、巨峰のカクテルをいただいた時、
「皮は濾した方がいいと思います…」と言ってしまったのですが、
今回はキッチリ濾してくださいました(^^;

PageTop

ザクロを使ったカクテル 2

6_20111016183529.jpg

ラムとグレープフルーツとザクロ、かな?
サッパリめの味わい。
そういえばザクロって、庭になっていて、
取ってきて食べるもの、なイメージだったなー、などと。
あと、それほど主張する味ではないですよね。
種多いし。

PageTop

ザクロを使ったカクテル 1

5_20111016183530.jpg

ポートワインとザクロ、ですね。
キレイな色です
ポートワインが味も香りもしっかりめなので、
ほぼ、ポートワインなのですが、ザクロで軽めの味わいになるようです。

PageTop

Paulaner Salvator

2_20111016183531.jpg 3_20111016183531.jpg 4_20111016183530.jpg

ドイツビールです。
原材料は麦芽、ホップ、イーストで、
アルコールは8%。
イースト…酵母か(笑)

しっかりめの味で、甘みと深みがあって、
好みのタイプ。
じっくり味わいながら飲むお味ですねー。
2杯目にして正解。

PageTop

すだちのジントニック

1_20111016183532.jpg

酸っぱいのかと思いきや、
みかんみたいな甘みがあって美味
程よくジンも香ります。

PageTop

Strong Zero ドライライム

糖類ゼロのやつはあまり好きではないので
めったに買わないのですが、
他にコレといったのが無かったので買ってみました。
もちろん、西〇友でのお話。。。

7_20111016183226.jpg 8_20111016183225.jpg

原材料はライム果汁、ウォッカ、酸味料、香味料、甘味料で
アルコールは8%。
ね、原材料見るとちょっと気持ちが萎えませんか?

お味は辛口で、ライムしっかりめ。
悪くはないのですが、なんかどうも…。
イメージのせいですかねー。
糖類ゼロとそうじゃないのをグラスに注いで飲み比べたら、
意外と分からなかったりするんじゃ…とは思うのですが。

やっぱり、普通のStrongシリーズが好きですね。

PageTop

Balbas Verdejo 2010

9月の蔵直ワイン倶楽部です。

4_20111016183057.jpg

キンキンには冷やさない方がいい、とお店の人がおっしゃっていたので、
とりあえず冷蔵庫に入れて、その後は出したままにして飲んでみました。

5_20111016183056.jpg 6_20111016183056.jpg

いかにもスペインっぽい感じの名前ですねー。
Verdejo(ヴェルデホ)というブドウで作られています。

梨のようにフルーティーな香り。
樽由来(かな?)の香ばしい香りもします。
口当たりはとっても軽快で、香ばしさが鼻に抜けます。
酸味は少々。
舌にちょっと刺激が感じられました。

デイリーに気軽に飲めるお味ですね。
1本飲み切ってはいけません、と体が言っていたので
きちんと2日に分けていただきました(笑)
翌日もポテンシャルは落ちてませんでした!

PageTop

Gulden Draak

秘蔵ビールです(笑)

1_20111016182806.jpg

カッコいいボトルですねー。
もちろん!田中屋さんで買ってきたビールです。

2_20111016182806.jpg 3_20111016182805.jpg

金の龍、ですかね。
ベルギービールです。
原材料は大麦麦芽、ホップ、糖類で、アルコールは10.5%。
キテますキテます(笑)

ブドウのような豊潤な香り。
炭酸は弱めで、濃縮された麦の甘みがしっかり。
以外にフルーティーです。
度数も高いので、デザートがわりにゆっくり飲むのにピッタリ。
温度もそれほど冷やさなくて良い感じ。

美味しいなぁ~(^o^)

PageTop

Fleur Petite Sirah 2007

7_20111016182626.jpg

8月の蔵直ワインの赤です。
赤ワインの美味しい季節になってきました♪

8_20111016182626.jpg 9_20111016182625.jpg

フランスっぽい名前ですが、カリフォルニアです。
セパージュはその名の通り、Petite Sirah 100%。
Petite Sirahは、シラーとプルールサンの交配種「デュルフ」と
同一品種だそうです。
アルコール度数は…

10_20111016182625.jpg

あった、あった。
13.8%ですね。
アルコール度数って、結構分かりにくいところに表示がありますよねー。
日本で貼るラベルには「ラベルに記載」って書いてあるし。
そして、最近コンマ1%まで細かく刻む表示をよく見る気がしますが、
気のせいでしょうか?

黒みがかった濃い色。
やや獣臭のある、ジャミーな香り。
酸味はあまりなく、タンニンが少々。
果実味のある甘みが感じられます。

説明によると、この品種はタンニン等が強いので、
扱いが難しいとのことですが、
こちらはそれほど力強さはなく、デイリーに飲みやすいお味でした。

PageTop

カールスバーグ

とっても久し振り…というか、有名だけど意外と飲んでないよね、
なカールスバーグです。

5_20111016182511.jpg 6_20111016182510.jpg

コンビニに並んでいて、逆に新鮮に見えて買ってきました。
デンマークのビールだったんですねー(笑)
なんか、クアーズとかバドとかと並んでいるイメージがあって、
何となーく、アメリカ?みたいな。

原材料は麦芽、ホップ、香料で、アルコールは5%。
それほどじっくり味わわずに飲んでしまいましたが、
割と甘みの強いビールでしたかね。

特に、可もなく不可もなく。
1杯目からゴクゴク飲むにはピッタリですね。
まぁそうすると、日本の大手メーカーのビールでいいかなー、
ってことになっちゃうんですけどね(^^;

PageTop

氷結 早摘みレモン

こうやってブログを書いていてつくづく思うんですけどね。
よく、ネタ切れしないものだな、と(笑)
せっせと飲んでいる自分もさることながら、

毎週毎週、初めてのネタがあるわけですよ。
まぁ発売されたのは随分前だけど、
飲むのが初めてだった、という商品も多々あると思いますが、
それにしても、結構な種類ですよね。
特に最近、平日はチューハイ系を飲むことが多いのですが、
それでも毎週何かしら新たな商品があるという…。

ものすごい数の新商品が発売されては消えていっているんだろうな、
と思うのでした。
カップヌードルも、覚えがないテイストいっぱいあったもんな~。

前置きが長くなりました。

3_20111016182403.jpg 4_20111016182403.jpg

キリンの氷結シリーズです。
早摘みレモン。
原材料はレモン果汁、ウォッカ、食物繊維、糖類、香料、酸味料で、
アルコールは4%。

レモンテイストのこれ系って、
確実にスッキリドライなお味ですが、
甘口のレモン味出ないかなーと思うのです。
あ、ほろよいのはちみつレモンがあったか。。。

こちらも、甘さ控えめなお味でした。
で、早摘みというネーミングだからそう感じてしまうのか、
なーんか青臭いんですよねー(^^;

若々しいレモンと言われればそうなんですけど、
キュウリに通じる青臭さを感じてしまいました。

ちょっと惜しい。

PageTop

こだわり果樹園 秋梨

すっかり秋ですね~。
こだわり果樹園シリーズ、りんごのみかと思っていたら、
梨もありました♪

1_20111016182226.jpg 2_20111016182226.jpg

ちなみに西〇友では置いていません。。。
よく分からないなー、西〇友の品揃え。

原材料は、梨、スピリッツ、ウイスキー、ブランデー、などなど。
アルコールは5%です。
ベースのお酒を3種類も使ってますね(笑)

美味しくいただきました*^^*
やっぱり梨よりリンゴの方が、味の想像がつきやすいし
売れるんですかね?
結局最後まで、西〇友にはリンゴしか並んでませんでした。
なんでかなー。

PageTop

ビアフェスで飲んだビールたち 2011横浜

後半は味の記憶がなくなってしまったため、
とっても偏った感想になってしまってます。。。

ピーチエール(福島路ビール)
恵比寿でもいただきましたが、
サッパリした桃の甘さが活きたビール。
美味しいです。

シャトーブラン(シャトーカミヤ)
確か8%くらいある白ビールでした。
フルーティーで美味しい!
飲みごたえのあるお味。

スコティッシュエール(那須高原ビール)
今回はブリューワーさんがいらしてました。
横浜にはナインテイルドフォックスは出ません。
程よい苦味のビールでしたかねー。

インドの青鬼(よなよなエール)
缶では苦味の強さが印象的でしたが、
ケグだとそこまででもなかったです。

ハレの日仙人 2010(よなよなエール)
大好きなバーレーワインです。
それほど甘みは強くなく、飲み飽きないお味。

黒姫スタウト(信濃ビール)
黒ビールですが、とてもマイルドな苦さ。
ギネスのような。
旨い。

アップルホップ(南信州ビール)
リンゴ香るビール。
旨い。

アンバーエール(南信州ビール)
アンバーも好きです。
ぎゅっとした甘みがあって、好みのお味のアンバーでした。

ゴールデンエール(南信州ビール)
なんかね、なんかが香るんです。
麦でもなく、ホップでもなく、不思議な香り。。。
これはあまり好みではなかったです。

大吟醸 政子(反射炉ビヤ)
ちょっと日本酒っぽさのあるビールだった気がします。

ホップ香るビール(金しゃちビール)
確かに、ホップが香ってました。

グレートブルー(城端ビール)
青いビールで注目を集めていました。
ビールというより、グレープフルーツのお酒。
酸味は弱めでサッパリした甘さ。

国産桃ヴァイツェン(箕面ビール)
ほのかぁに桃が香る白ビール。
白ビールの特徴の方が強く出てますかね。
桃なら福島路ビールの方が好きです。

リアルエールW-IPA(箕面ビール)
ぬるめの温度でいただくリアルエール。
炭酸も弱め。
リアルエールは好みが分かれる気がします。

ウィートワイン(大山Gビール)
今回はバーレーワインがありませんでした。
ウィートでハイアルコールのビール。
小麦っぽさがありつつ、甘みもありつつ、でしたかね。

しんじ湖MOON蜂蜜ヴァイツェンボック(松江地ビール ビアへるん)
蜂蜜の甘さが活きてました。
旨い。

ゴーヤDRY(ヘリオスクラフトビール)
お初にお目にかかります。
行列できてました。
でも、割とふつーなお味でした。

ペールエール(ヘリオスクラフトビール)
サッパリめのペールエール。

ジャパニーズハーブエール 山椒(いわて蔵ビール)
確かに山椒!
面白い!

…他にももっと色々飲んだのですが。
最初の方に飲んだやつでも、味の記憶が定かじゃないですね。。。
ちょっと残念。

PageTop

Gentleman Jack

5_20111003162427.jpg 6_20111003162426.jpg

ブレンデッドですねー。
・・・って、それだけかい!

写真を撮るので精一杯でした。。。

PageTop

Glencadam 1990(Connoisseurs Choive)

3_20111003162428.jpg 4_20111003162427.jpg

お久しぶりのモルトです。
でもロックでないと飲めません。
そして、味も覚えていません(爆)

PageTop

ヴィクトリア・ビター

1_20111003162234.jpg 2_20111003162233.jpg

オーストラリアです。
とっても、ふつー(笑)

PageTop

Big Wave ゴールデンエール

9_20111003162015.jpg 10_20111003162015.jpg

ハワイコナビールです。
最近すっかりおなじみですね~。
原材料は麦芽とホップのみ。

ホップの香り豊かな、コクのあるお味で美味しい!
このシリーズはハズレがないですね。

PageTop

モデロ・エスペシアル

7_20111003162016.jpg 8_20111003162016.jpg

メキシコです。
原材料は麦芽、ホップ、コーンに酸化防止剤。。。
お味は軽めで美味しかったです。
コロナに近い感じ?

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。