ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

赤ワインの酸っぱいカクテル

2_20120220191159.jpg

酸っぱいのが飲みたい!とオーダーしました。

暗くて分かりにくいですねー。
下の方にレモンたっぷり&ソーダ?
で、上に赤ワインがフロートされてます。
目が覚めます。

スポンサーサイト

PageTop

Piconを使ったカクテル

1_20120220191200.jpg

友達がPiconっていうリキュールを使ったカクテルを飲んでいたので、
私もそれ飲みたい、と。
オレンジや薬草を使ったリキュールのようです。
ロックスタイルです。
Piconとオレンジ、かな~?

PageTop

Pas Cuntent Biznco

11_20120220190947.jpg 12_20120220190947.jpg

全く同じエチケットデザインですが、別物です。
初めてドルチェを造ったんだそうで、
様子見な感じなのでしょうか。

Moscato 100%で、アルコールは12.5%。

Moscatoですからね。
幸せな香りなわけですよ(笑)
マスカットのね、あま~い、ね。
ハチミツのような甘さがありつつ、
甘ったるくなくて、後味はサッパリ。
フルーツの酸味も感じられて、キレのある甘さというか。

美味しいですね~。
裏切らないですね~。

PageTop

Pas Cuntent Rosso

9_20120220190948.jpg 10_20120220190948.jpg

ドルチェです。
12.5%。
Barbera 100%の、珍しい赤のドルチェです。

黒っぽい枯れた色。
セメダイン…セメント?みたいな香り。
甘さはかなり控えめで、熟したプラムのようなお味。
濃度はしっかりあります。

甘いのはちょっと苦手…という方にもオススメなお味です。

PageTop

Barber d’Asti Sansi Selezione 2008

7_20120220190949.jpg 8_20120220190949.jpg

こちらもBarbera 100%。
グレードもアルコールも上がって、15%(笑)
なかなかないですよね15%。

枯れた濃度のある色。
さらに乳酸発酵の香りを強く感じます。
アルコール臭もありますね。
濃度はしっかりで、甘さも強く感じますが、
その中に青臭さも感じられます。
とってもシルキーなタンニン。

これは美味しいですね~。
もうちょっと寝かせても良さそうなお味です。

PageTop

Barbera d'Asti Sansi Superiore 2009

5_20120220190636.jpg 6_20120220190635.jpg

こちらもBarbera 100%。
Fremより、グレードが上がってます。
アルコールも14.5%と、やや上がってますね。
樹齢30年のぶどうの木から造られているそうです。

やや枯れたルビー色。
香りは同じくなめし革。
乳酸発酵の酸味も感じられます。
濃度とタンニンが、Fremよりやや強く感じられますかね。

個人的にはコスパ考えるとFremの方がいいかなー、という気がします。

PageTop

Barbera d’Asti Frem 2009

3_20120220190637.jpg 4_20120220190636.jpg

その名の通り、Barbera 100%。
アルコールは14%。
Barberaという品種は‘安い’イメージがついてしまっていましたが、
最近その価値が見直されてきているそうです。

オレンジがかったルビー色。
なめし革のような香り。
甘味が感じられて、酸味は強くは感じませんが、
ちゃんと存在しているようです。
タンニンは控えめ。
控えめというか、とてもシルキーで丸い味なので、
イヤな感じが残りません。

これは自宅用に買ってもいいな~。

ちなみに、こちらの蔵は兄弟でやっていて、
イラストも自分たちで書いているそうです。
お兄さんがトリュフ獲りの名人だそうで、
このわんこはトリュフ獲りのわんこですかね
山本さん曰く、犬がうるさい蔵、だそーです(笑)

PageTop

Metodo Martinotti Brut

1_20120220190638.jpg 2_20120220190637.jpg

スパークリングです。
Pinot Gris 80%、Pinot-Nero 10%、Chardonnay 10%の混醸。
アルコールは12.5%。

梨のようにフルーティーな香り。
グラスの底からしっかり泡が立っているけど、
飲んでみると炭酸はあまり強く感じられず、
飲みやすいです。
スッキリ辛口ですが、アフターに余韻が感じられます。

スルッと1本飲んでしまうお味ですね。

PageTop

Old Crow

6_20120220190504.jpg 7_20120220190504.jpg

バーボンです。
アルコールは40%ですね。
あんまりクセがなくて、美味しかったです♪

PageTop

直搾り地中海ピンクグレープフルーツ

4_20120220190405.jpg 5_20120220190405.jpg

原材料はグレープフルーツ果汁、焼酎、糖類、酸味料、香料で、
アルコールは6%で果汁は3%。

スッキリしたグレープフルーツの酸味と香りで
美味しかったです。
アルコール臭さが全然ないんですよねー。
焼酎だから?

これも西〇友では売ってません。
さらには、セブンイレブンでも売ってません。
うちの近所だと、ローソンが定期的に新商品が入っていて
良い感じです。
ローソンも時々チェックしに行かないといけないわけですねー。
いえ、無理に行かなくてもいいんですけどね(笑)

PageTop

Julimar Verdelho 2010(Western Range)

1_20120220190222.jpg

白もちゃっちゃといただいちゃいました~。
2本で3500円ですのでね。
惜しげもなく飲めるというものです(^^)v

2_20120220190222.jpg 3_20120220190221.jpg

赤と同じ、オールトラリアのWestern Rangeのワインです。
Verdelho 100%。
Verdelhoって、スペインの地ブドウですっけね?

スッキリとした酸味と香ばしさの感じられる香り。
キレイな酸味とナッツの香ばしさ。
果実味もあって、なかなかふくよかなお味。

うん。
美味しいですね。
この値段でこのお味なら、
コスパが良いと思います。

そろそろ、1年継続ですねぇ。
早いなぁ。。。

PageTop

直搾り 青森産青りんご

10_20120220190125.jpg 11_20120220190125.jpg

TAKARAの直搾りシリーズです。
青森産青りんご。

原材料は、りんご果汁、焼酎、糖類、酸味料、香料で、
アルコールは5%、果汁3%。

スッキリしたリンゴの甘みと酸味。
食事の邪魔をしない、ドライな仕上がりです。

いいですねぇ~、宝酒造。
今後も楽しみにしてますよ~(笑)

PageTop

那須 森のビール プレミアム ドゥンケル

7_20120220185949.jpg

成城石井で、見慣れないビールを売っていたので、
買ってきてみました。
3種類あったかな。

8_20120220185949.jpg 9_20120220185948.jpg

サッポロが栃木県内で販売しているビールのようです。
県外にはあまり出ないらしい。

原材料はシンプルに麦芽とホップ。
アルコールは5.5%。

見ての通り、やや濃いめの茶褐色。
味もそこそこのコクはありますが、
期待したほどではなく。
1杯目からでも全然OKなお味です。
ローストした麦の香ばしさと甘さと…って感じかな。

結構いいお値段だったので、
他の2種類は無理にはいっかな~(^^;

PageTop

カルピスサワー 白ぶどう

5_20120220185848.jpg 6_20120220185848.jpg

カルピスサワーから、季節限定の白ぶどうテイストでてました。

原材料は、ぶどう果汁、脱脂粉乳、乳酸菌飲料、
ウォッカ、糖類、酸味料、安定剤、香料、甘味料…
アルコールは3%とやや控えめ。

うーん。
美味しくないわけではないのですが、
ぶどう果汁のおかげでかなりスッキリした味わい。
カルピス度が弱まってます。
カルピスはカルピスなのでねぇ。
きちんと主張していただきたいのです。

ちょっと物足りなかったかな~。

PageTop

桃のカクテル(カクテルパートナー)

3_20120220185652.jpg 4_20120220185652.jpg

こっちも春限定。

原材料はアプリコットリキュール、もも果汁、あんず果汁、
グレープフルーツパルプ、糖類、酸味料、香料、
カラメル色素、アントシアニン色素。
アルコールは4%で、果汁は1.5%。

こちらは、割とふつーに桃。
うんうん、桃だね、なお味でした(笑)

PageTop

すっきり梅酒のカクテル(カクテルパートナー)

1_20120220185653.jpg 2_20120220185652.jpg

春限定です。

原材料はウォッカ、梅酒、りんご果汁、グレープフルーツパルプ、
うめ果汁、党r次、酸味料、香料、カラメル色素。
アルコールは4%で、果汁は0.5%。

あんまりね、期待してなかったんです。
まぁ、梅酒でしょ?って。

ところがところが。
りんごが入っているおかげで、
梅の酸味とりんごの酸味が絶妙にマッチしてるんです。
サッパリ。
でも甘みもあり。
これ、なかなか美味しいです♪

PageTop

角瓶ハイボール 濃いめ

10_20120220185541.jpg 11_20120220185541.jpg

角ハイボールじゃなくて、角瓶ハイボールなんですね。
原材料はモルト、グレーン、炭酸ガス含有。
アルコールは9%です。
かなり濃いめですね。

お味は、ふつーに美味しいハイボール。
トリスみたいなクセもなく、飲みやすいです。
で、酔いますね(笑)
9%って、結構ですもんね。

最近、アルコール高めのものが増えている気もします。
その一方で、ほろよいみたいな低アルコールもあり。
高低で差別化って感じでしょうか。

PageTop

Julimar 2007 Shiraz Viognier (Western Range)

7_20120220185415.jpg

どんどん飲んじゃいましょー。
2012年最初の蔵直ワインクラブです。

8_20120220185415.jpg 9_20120220185414.jpg

オーストラリアです。
アルコールは14.5%としっかりめ。
そして、セパージュが何と、
Shirazという赤ブドウと、Viognierという白ブドウの混醸なんです。
初めてですねー、そういう変わり種。

色はかなり濃度しっかりめの黒紫がかったワインレッド。
とても白ブドウが入っているとは思えません。
香りは最初は控えめで、おぉ、これが赤+白の特徴か、
と思いきや。
しばらくすると野性味のある香りが立ってきます。
かなりしっかり。

お味も、しっかり。
やや苦味が感じられますかね。
酸味は控えめ。
タンニンは程よい感じ。
ジャミーな甘みも感じられます。
ですが、お腹にずしっと来る濃度があります。
Shirazだけだと濃すぎちゃうので、
Viognierでちょっと中和させた感じなのかなー、などと。
かなり力強いブドウができる土地なのかも、
などと想像してみました。

しっかり、お肉料理に合わせて飲みたい感じでした。

PageTop

Merlot 2010(Fermier)

4_20120220185302.jpg

順調に飲み進めてますねー。
おかげで、あと1本、だったかな?
それ以外は大丸で買ってきた、デイリーには高いよね…
なのが数本眠ってます。

5_20120220185301.jpg 6_20120220185301.jpg

アルコールは12.5%とやや控えめですね。
キレイなルビー色。
なめし革と、サビっぽい香り。
フレッシュな果実味の感じられるお味。
気持ち良い酸味。
若い、ドライなプラムのような感じがしますかね。

2010年に初めてMerlotに挑戦された、と
後ろに書いてありますねー。
会員になるのもアリだなー、などと考え中です。

PageTop

2012年1月のアルコール摂取量!

1ヶ月間、ちゃんとカウントできました(笑)
多少の誤差は気にせず、
次の法則でカウントすることにしました。

ビール:5%の大手メーカービールも、10%超の外国ビールもまとめてカウント
     外で飲む中生も1本(350ml)でカウント
チューハイ:ビール以外の缶飲料(ハイボールも含む)
ワイン:ポートやシェリーも含む。グラスで飲んだものは8杯で1本。
カクテル:外でちゃんと作ってもらったもの(ハイボール含む)
梅酒:ウメッシュなど缶のは含まず
ウイスキー:ロックで飲んだもののみ
その他:上記以外のお酒

こんな感じでカウントしてみましたー。

では、1月のアルコール量です。

ビール:16本
チューハイ:17本
ワイン:9本と6杯
カクテル:16杯
焼酎:3杯
梅酒:6.5杯
ウイスキー:2杯
その他:0.5杯
休肝日:4日

まぁ、ちょー適当ですけどww
こうやってメモを取っておくと、
休肝日がどれだけあったかがハッキリして良いな、と。
ちなみに、今月の「その他」は日本酒です。
ワイン会でいただいた分ですね。

多いのか少ないのか、よく分かりませんが…
ビールの多さ=外飲みの多さ、だと思います。
家では週末に飲むか飲まないか、なので。

頑張ってカウントして、
1年間のアルコール量をまとめてみようと思います(^^)v

PageTop

Rose 2010(Femier)

1_20120220185046.jpg

順調に飲み進めてます。
気温が低いうちに、ストックを減らしておかないとねー。

2_20120220185046.jpg 3_20120220185045.jpg

まとめ買いをしたフェルミエのロゼワインです。
CF主体で、CSとMerlotの混醸だそうです。
アルコールは12%。

コルクがね、途中までスクリューを刺したところで
クルクル回っちゃって、最後まで刺せなかったんです。
しばらく置いておくと液漏れしちゃいそうですね。
そして、長期保存は危険か。。。

オレンジがかったローズ色。
ちょっと焼けたような香り。
酸味はキレイで、ほのかに甘みのある可愛い味。
アフターは軽め。

ロゼって難しいなーと思う今日この頃。
赤とか白だと、こういうのが飲みたい!というのがハッキリしてますが、
ロゼは何とも言えないですよね。
見た目の色は可愛いですけど。

フェルミエのワインも、残すところあと2本かな?
そうこうする間に、ワインクラブのワイン引き取り時期になったりして、
一進一退を繰り返すのです(笑)

PageTop

Abbey Beer

7_20120220184932.jpg

近所にオープンしたリカーショップで買ってきたビールです。
なかなかキレイに注げてますね~(^^)v

8_20120220184932.jpg 9_20120220184931.jpg

えっとー、アビービールって
缶の説明に書いてある通り、
ベルギーの修道院で造られるビールの総称ですよね?
アビーとトラピストと。。。

まぁいっか。

原材料は麦芽とホップのみ。
アルコールは6%。
原産国はフランスです。
缶が日本語ってことはタンクで買って、日本で詰めてるんですかねぇ?

コクのある好みのタイプのお味。
ちょっと甘みが強かったですかね。
この程度のアルコール度数のビールだと、
もう少し甘さ控えめの方が好きかもです。

でも、缶で気軽に楽しめるのはいいですねぇ♪

PageTop

Stassen Apple Cider

5_20120220184836.jpg 6_20120220184835.jpg

ベルギーのシードルです。
アルコールは5.4%。

ドライとスイートがあった気がしますが、
ドライな方です。
スッキリしたリンゴの甘さのみ、のお味。
甘ったるくなくて美味しいです。

ベルギーっていうとビールのイメージが強いですが、
こういうのもあるんですねー。
・・・って、当たり前か(笑)

この缶だと、リンゴサイダーと間違える人もいるかも?

PageTop

木内梅果実酒

4_20120220184657.jpg

ビールを造りに行った時、ついでに買ってきた梅酒です。
場合によっては帰りの車中で飲もうと思ってました(笑)

1_20120220184645.jpg

開栓前の写真。
シールが貼ってありました。

2_20120220184645.jpg 3_20120220184644.jpg

あ…。
改めて写真を見て気づきました。
梅酒じゃなくて、梅ワインだったのか。。。

原材料は梅、果糖、ぶどう。
アルコールは11.5%。

ドルチェのような香り。
甘味はほとんどなくて、酸味が少々。
夏場にキンキンに冷やして、涼を取るのに良い感じ。

梅酒だと思ってたんですよねー。
その割にはちっとも甘くないし、
若干麹っぽい味も感じられるし、
どうしてこんなにドライな梅酒を造っちゃったんだろう…

なんて思いながら飲んでいたのですが、
梅ワインなら、納得です。
どおりで、あんまり梅っぽくもないわけですね。

ほのかぁに梅の酸味の感じられる、
麹っぽい白ワイン。

納得。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。