ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BIRBA 2005(LAGERLA)

暑くなると、赤ワインに手が伸びにくくなりますが、
気分的に赤でもいいかもしれない…と、
ふと思ったので、開けちゃいました。

3_20120723160224.jpg

お値段5千円くらい。。。
確実に、デイリーではありません(^^;
ま、外に飲みに行ったと思えば…。

4_20120723160223.jpg 5_20120723160223.jpg

イタリア・トスカーナのワインです。
IGTですね。
Indicazione Geografica Tipicaの略で、
1992年に新設されたもの。
生産地の名前が表示され、
その地域のブドウを85%以上使うことが義務付けられているワイン、
だそうです。

Sangiovese 100で、アルコールは13.5%。

ややくすんだ透明度の高いルビー色。
コルクはプラムやチョコレートのような、良い香りでした。
フレッシュな果実味を感じる香り。
口当たりは柔らかく、後から軽めの酸味とタンニンが
じゅわっと立ってきます。

最初、かなりぬるめの温度で飲んだ時は
ん?という感じでしたが、
少し温度が下がってくると、フルーティーさが出てきました。

が、若干熱劣化している気がしないでもありません。。。
いつ買ったやつだったかなぁ(^^;
去年の秋だったらそれほど問題ないはずなんだけど。

あと1本、デイリー価格ではない赤があるので、
それもさっさと飲んでしまおうと思います!

スポンサーサイト

PageTop

Rolling Gold

先日のシトラスハイボールに続いて、
別の商品も試してみました。

1_20120723160225.jpg 2_20120723160224.jpg

インパクトあるパッケージですね~。
「エナジーテイスト」とあるので、
オロナミンCとかそんな感じだろうな…と。

原材料は、スピリッツ、ジン、ローヤルゼリーエキス、
マカエキス、糖類、酸味料、香料、紅花色素、アルギニンで、
アルコールは5%。

・・・体にいいんだか悪いんだか、よく分からないですね(笑)
そして、明らかに、可愛くない(爆)
ま、Rolling Stonesですからね。

お味ですが、まさしくオロナミンCとかそんな感じ。
アルコール臭も感じないので、
間違えて飲んでも気づかない…ことはないかな
オロナミンCほど炭酸が強くないので、
暑い季節にグビグビ飲むのにピッタリです。
食事には合わないですけどね

そういえば、サントリーからRollong Stonesボトルの
ウイスキーが発売されるらしいですね。
山崎、白州と、知多の原酒をブレンドしているそうです。
グレーンも入ってるようなのでブレンデッドウイスキーですね。
お値段なんと50万円!

機会があったら見てみたいです(笑)

PageTop

INICIAL 2005

おかげさまで(?)ワインのストックがだいぶ減ってきました!
糖度の高いマディラ酒は少々置いておいても平気でしょうし、
(暑くなると、あまり甘ったるいのは手が伸びないですね…)
ちょっと高めの赤ワインをどうしよっかな~というところです。

9_20120723160035.jpg

大丸で買ってきたワインです。
木村社長のブース(笑)

10_20120723160034.jpg 11_20120723160034.jpg

スペイン、プリオラートの赤ワインです。
Garnacha 70%、Carinena 25%、CS 5%です。
それぞれ、グルナッシュとカリニャンのスペイン後ですね。
アルコールはまさかの15.5%。
さすが、スペイン。。。

ジャミーでブラックチェリーのような香り。
口当たりは甘く、後から軽い酸味とタンニンが立ってきます。
全体的にとてもフルーティーな味わい。
05なのでそこそこ熟成されていそうですが、
まだまだ元気です。
まとまりもありますねー。

12_20120723160033.jpg

産地によって、こういうシールを貼っているのでしょうか。
そういえば、スペインワインを飲む機会はあまり多くないかもしれない。。。

PageTop

Rela 赤

6_20120723155910.jpg

ちょーお手頃ワインの赤です。
商品についていたグラスでいただきました。
ワイングラスを出すまでもないな、って思って
ちなみにこのグラス、ハートのラインが2本入っていて、
それぞれ、ワイン、炭酸水をラインまで注ぐと
ワインスプリッツァーができますよ♪
な、グラスになってます。

それでなくてもアルコール度数低いワインを、
更に薄める気はありませんが(笑)

7_20120723155909.jpg 8_20120723155909.jpg

赤は白よりやや高めの10%ですね。
それほど差は感じませんでしたが。。。

まぁ、軽~くて、ちょっとだけ甘いです。
あの、ワインをグラスに注いで香りを嗅いだ時のように
テンションは上がりません。
ジャブジャブ注いで、ガブガブ飲む感じ(笑)

まぁ、ちゃんとワインを飲む時間はないけど、
気分だけ味わいたい時にはいいかなー、と思います。
ペットボトルだから、飲みかけでも保存しやすいですしね。

PageTop

シトラスハイボール

洋楽には疎いですが、このロゴがローリングストーンズだ
ということは知っています。

4_20120723155634.jpg 5_20120723155633.jpg

そんなシリーズが発売になってます。
とりあえず、無難なハイボールを買ってきてみました。
シトラスハイボール。
原材料はウイスキー、ライム浸漬酒、レモン浸漬酒、
糖類、酸味料、香料で、アルコールは4%。

これがね、ハイボールにレモンを入れているのとは一味違って、
ちょっと甘いレモン酒を加えているイメージ。
甘すぎないけど、普通のハイボールほどドライでもなく。
チューハイ感覚で飲めるお味。
ウイスキーの香りはしっかりしつつ、ほのかに甘みが感じられて、
個人的には結構好きかもです。

他の商品も試してみましょうかねぇ。

PageTop

Rela 白

今年の夏も、Yellow Tailのモスカートをリピートしてます。
ほんと、これだけは箱買いしてもいいんじゃないか、と思うほど(笑)

で、スーパーでいつものように買おうと思った時、
ふと、違う商品が目につきました。
そういえば、ネットで広告を見たな…
どうなんだろう…
ま、安いし試してみてもいいかな、と買ってきたのが、こちらです。

1_20120723155635.jpg

アサヒから発売されている、ちょっとアルコール度数低めのワインです。
瓶ではなく、ペットボトル入り。
高級感は無いですが、日々飲む分にはゴミの処分が楽で良いかも、
とは思います。
お値段400円弱。
安っ!

2_20120723155635.jpg 3_20120723155634.jpg

しっかりと「輸入ぶどう果汁使用」と書いてあります。
アルコールは8%と、結構控えめ。
発泡ではありません。

お味ですが。
軽~く甘口なので、甘ったるくはないです。
まぁ香りとか味とかは、それほど特徴的なものではなく。
ぶどうの種子っぽさがちょっと感じられる、かな?
Yellow Tailのフルーティーさとは比べるまでもありません。
が、糖度はコチラの方が断然低いので、
そこまで甘いものはいらないんだけど…という時には良いかも。

何より、お値段がね。
安いですもん。

気分によって使い分けてもいいかな~と思いました。

PageTop

Vogelsang Huxelrebe 2009

ちょっと前、「今日はどれを飲もうか…」と
ストックのワインを確認していた時、
1本のワインの首の部分が、ベトベトしていることに気づきました。
おそらく、液漏れ。
白だし、危険!ってことで、飲んじゃいました~。

9_20120723155410.jpg

大丸で仕入れてきたワインですね。
お値段3千円ちょっと。

10_20120723155409.jpg 11_20120723155409.jpg

ドイツ、ですね。
裏の「ラインヘッセン」というのは読めますが、
表の「Huxelrebe」はどう読むのかしら。。。

12_20120723155408.jpg

あ、そのままフクセルレーベでいいのね。
そしてこちら、ベーレンアウスレーゼだったのね。

糖度の高さによって分類されているドイツワイン、
ベーレンアウスレーゼは、トロッケンベーレンアウスレーゼの次に
糖度の高い種類です。
稀に貴腐化していることもある、とWikiには書いてありますねぇ。
流通量はそれほど多くないようです。

13_20120723155408.jpg

アルコールは9.5%。
かなり控えめです。
これはますます早く飲まなくては!

劣化していたらどうしようかと、ちょっとドキドキしましたが、
幸い、味は大丈夫でした。

やや濃いめの黄金色。
草原のような爽やかな香りの中に、蜜の甘い香り。
味はしっかりめの甘味。
サッパリとした蜜の甘さです。

糖度が高いと、保存はできますもんね。

最近気づいたんですけど、
試飲の時に、アルコール度数まで分からないんですよね~。
それでいつぞや、4%くらいの低いのを買ったこともありましたし。

次回は、アルコール度数まで気を付けてみようと思います(笑)

PageTop

カクテルパートナー 金のキウイカクテル

7_20120723155221.jpg 8_20120723155221.jpg

夏限定バージョンです。

原材料はラム、パイナップル果汁、キウイフルーツ果汁、
グレープフルーツパルプ、糖類、酸味料、香料、カラメル色素で
アルコールは3%。

最近、3%の商品が増えてる気がする。。。

お味ですが、美味しいです(笑)
キウイの香りがしつつ、パイナップルの味が強いかな。
パイナップルの酸味も感じられる、さっぱりめのお味。
そういえば、キウイってあんまり見ないですね?
それほど味が強いフルーツじゃないですからねぇ。

缶飲料だと、ブルーベリーも見かけないですねぇ。
最近、ブルーベリーが好きなんです。
ポリポリ食べられるので。
粒が大きい方が甘いということを学習しました(笑)
是非、ブルーベリーテイストも、よろしくお願いします(^^)v

PageTop

Grand KIRIN

3_20120723155013.jpg

セブンイレブンとキリンのコラボ商品です。
PB商品というと、安いもの、というイメージがありましたが、
最近はちょっと高級なスイーツとか、
コンビニも色々頑張ってますよね~。
あ、これは別にPB商品ではありませんが。

4_20120723155012.jpg 5_20120723155012.jpg 6_20120723155011.jpg

原材料は麦芽とホップのみで、アルコールは6%。
華やかな香り(プレモルほどではない)と、濃い麦の味が味わえます。
濃すぎず、薄すぎず。
なるほど。

ディップホップという、独自の製法で香りを出しているそうです。
プレモルのフルーティーさが苦手な人には良いかも。

こちら、見ての通り、ボトル商品なのですが、
口が結構大きいんですね。
缶よりはもちろん大きいし、普通の瓶ビールよりも大きいんじゃないかな?
グラスに注ぐ時、ちょっと緊張しました。
どばっと出そうなので(笑)

普通のビールよりはちょっと高いですが、
見かけたら、試してみてはいかがでしょう♪

PageTop

Strong Zero 甘夏ストロング

1_20120723155014.jpg 2_20120723155013.jpg

完熟梅はうぇぇ~となってしまった、Strong Zeroですが。
夏限定の甘夏ストロングが発売されてました。

原材料はオレンジ、甘夏、ウォッカ、酸味料、香料、甘味料。
ま、柑橘系なら大丈夫だろうと見込んで買ってきました。

結果、大丈夫でした(笑)
結構酸味しっかりめのサッパリした味。
まぁ確かに最後に舌に残る甘さが、
甘味料独特の甘さではありますが、
飲めないほどではありませんでした。

ぶどうも大丈夫だったんですよね~。
微妙な何かがあるんでしょうねぇ。

ま、定番のレモンが一番無難なのは確かです。

PageTop

Classic Shiraz Petit Verdot Viogner 2010(Rietvallei)

10_20120723154729.jpg

6月の蔵直ワインの赤です。

11_20120723154729.jpg 12_20120723154728.jpg

ぶどう品種がそのままワインの名前になってますね。
南アフリカです。
白のぶどう品種まで入ってますね。
南アフリカの赤は強そうですもんねぇ。

シラーらしい獣っぽい香り。
ペッパーの香りも取れるような取れないような。。。
味はほのかな甘みと、ごく軽めのタンニン。
酸味や渋みはほとんどありません。
スルッと飲める味。
ヴィオニエで渋みとかタンニンが中和されてる感じでしょうか。
アフターも軽めです。

ぬるいと、もわっとした感じになっちゃうので、
ちょっと冷やした方が飲みやすいですね。

がっつり、お肉と合わせたいお味でした~。

PageTop

手造りビール ペールエール

9_20120723154730.jpg

去年造ってきたビール。
後生大事にまだ持ってたんです(笑)

ペールエール、最後の1本です。

こちらは、造りたての方がフルーティーで美味しいかな~
なんて思ってましたが、
半年以上置いてみて、
オレンジピールのようなコクも感じられて美味しかったです。

何とな~くですが、瓶によっても味が違うような。。。

アンバーがまだ1本残ってますが、
こちらも近々飲んでしまおうと思ってま~す(^^)v

PageTop

Molendores 2010(Villacezan)

5_20120723154554.jpg

大丸で買ってきたワインです。
順調に減ってます。

6_20120723154553.jpg 7_20120723154553.jpg 8_20120723154552.jpg

スペインのロゼワインです。
木村社長のブースで買ったやつですね。
Prieto Picudo 100%。
初めて聞きます、プリエトピクード。
地ぶどうですね、きっと。

オレンジがかった濃いめのローズ色。
何となく獣っぽいような、野性味の感じられる香り。
酸味がしっかりめで、アフターも伸びます。
ちょっと冷やして飲んだ方が美味しく飲めますね。

お手頃価格でしたし、
気軽に飲める1本でした♪

PageTop

Mikkeler Belgian Tripel

田中屋さんに行くと、たくさん並んでます。
多分、今も。
ミッケラーのビール。

1_20120723154349.jpg

随分前に買ってきて、ずーっと熟成してました。
気づくと賞味期限を1年以上経過してしまっていたようです(爆)
大丈夫です。
アルコールですから
しかも、ハイアルコールですしね。

2_20120723154348.jpg 3_20120723154347.jpg

何とも味のあるラベルですね~。
私にしては珍しく、色が濃くないのを買ってきたようです。
Mikkeler とは、特定の醸造所を持たない
「ファントムマイクロブルワリー」です。
各国のブルワリーの設備を利用したり、コラボしたりして
ビールを造っているという、面白いブルワリーなんです。

4_20120723154347.jpg

猫…がビール飲んでます(笑)

原材料は、日本語表記だと麦芽・ホップのみになってますが、
英語表記だと、水、麦芽、オート麦、小麦、
Candy Sugar・・・って、糖類でいいのかしら?
Sweetなオレンジピール、コリアンダー、酵母、となっています。

・・・全然違いますね

これだけ副原料が入っていたら、
日本だと「発泡酒」になるんじゃ…

ま、そんなことはさておき。
ややピンクがかったキレイな色ですね~。
アルコールは9%です。
見るからに濃くないやつは危険です(笑)

香りは、ちょっと甘みを感じる香ばしい香り。
お味は、苦味しっかり。
特に冷えている間は苦味を強く感じて、
アルコールが9%あるとは思えない感じ。

が、温度が上がってくると、複雑な甘みと香りが出てきて、
美味しいですねぇ~。
冷やしすぎない方が良いようです。

確か、相当種類があったんですよねー。
そして、お値段も結構良かったような。
片っ端から飲むのは…難しいかな(^^;
でも、また買ってきてみようと思います♪

PageTop

アサヒ Red eye

10_20120723154214.jpg

缶入りのレッドアイです!
ありそうでなかったですね、レッドアイ。

11_20120723154213.jpg 12_20120723154212.jpg

原材料は、麦芽、ホップ、糖類、カラメル色素、トマト果汁、レモン果汁、
酵母エキス、大豆タンパク、香料、野菜色素、酸味料。
…何やらたくさん使われてますね。
酵母エキス?
酵母のエキス?
不思議です。
あと、カラメル色素が4番目に出てくるのが、
ちょっと気になります。

アルコールは3.5%で、トマト果汁は20%。
結構、比率高いですね。

缶の裏に、飲み方の説明があります。
マッコリと似た感じですかね~。
ゆっくりとひっくり返してから飲みます。

お味ですが、うん、レッドアイですね。
って、レッドアイをそれほど飲んだことがない気もしますが
トマトジュースを使ったのだと、
ブラッディメアリーにいっちゃうので。

いや、でも普通に美味しかったです。
ビールじゃないけど、甘いものでもない…
って時にいいかもしれない。
何となく、ヘルシーな感じもしますしね♪

PageTop

Strong Zero ダブル完熟梅

以前から、合成甘味料の味が苦手、
というのはちょくちょく書いております。
その中で、なぜかかStrong Zeroだけは、
イヤじゃなく飲めるんです。
同じく合成甘味料が苦手な友人も、
同じことを言っていました。

で、こちらを飲んでみたわけです。

8_20120723153914.jpg 9_20120723153913.jpg

原材料は、梅、ウォッカ、党利、梅エキス、酸味料、香料
甘味料、カラメル色素。
アルコールは8%。

‘完熟’梅…
甘いのか酸っぱいのか、想像がつきません。

まずは一口。


・・・


子ども用風邪シロップの味(*_*)

舌にまとわりつくような甘さ。
もはや梅だか何だかわからない味。

まっず!

頑張って3口飲んで、残りは流しへ。。。

Strong Zero でもダメなフレーバーがあることを学習しました。
あー、ビックリした。

PageTop

Rietvallei Chardonnay 2011

5_20120723153917.jpg


6月の蔵直ワインの白です。

6_20120723153916.jpg 7_20120723153915.jpg

南アフリカです。
その名の通り、Chardonnay 100%…と思いきや、
Vionierが少々混醸されているそうです。
アルコールは13%。

香ばしく、ミネラリーな香り。
程よく樽が効いた、甘味と酸味のバランスの良いお味。
このくらいの樽の効き具合なら、
良い感じです♪
でも、しっかり冷やした方が、飲みやすくていいかなー。

PageTop

直搾り 山形産ぶどう

3_20120723153709.jpg 4_20120723153708.jpg

原材料はぶどう果汁、焼酎、糖類、酸味料
香料、アントシアニン色素、ぶどう種子抽出物。
・・・謎なものが出てきましたね。
「ぶどう種子抽出物」ですって。
種子から何か取り出してるんでしょうね…?
ワインでも、妙に種っぽい味がするの、ありますしね?

アルコールは4%で果汁は1.2%。
甘さ控えめで、スッキリ飲めるお味でした。

HPを見ると、柚子とか日向夏とか色々あるんですね…。
見たことないな~。

PageTop

氷結・ゴールデンパイナップル

1_20120723153711.jpg 2_20120723153710.jpg

なんか、夏!って感じですね~

原材料はパインアップル果汁、ウォッカ、糖類、酸味料、香料で、
アルコールは5%、果汁は3%です。

少し酸味も感じられる、スッキリしたパインの甘さ。
ぐびぐび飲めますね。
甘ったるくないし、じめじめした季節にはピッタリです。
着色料を使ってないのも良いですね~。

PageTop

La Bastide Saint Dominique 2011

8_20120723153410.jpg

最近、携帯から画像をアップするとサイズが大きくなりました。
PCからだと前と変わらないのですが。
まぁいいや(笑)

9_20120723153409.jpg 10_20120723153408.jpg

フランスですね。
Roussanne 100%。
このブドウ品種は初めてかも?
ローヌ地方~南仏にかけて生産されているブドウだそうです。

フレッシュな酸味。
スルスル飲める味。

…実は、風邪、治ったかな~?
なタイミングで飲んだので、
イマイチね、特徴を感じ取れてないというか(^^;
いや、デイリーにはちょうどよい、飲みやすいお味だったと思います。

PageTop

2012年の梅酒

7_20120723153411.jpg

今更ですが、
梅酒には青梅がいいんですよね?
お店にも「青梅は梅酒で、梅干しの場合は追熟させて」
って書いてあったし。

で、買ってきた時は見事な青梅だったんです。
んが。
ちょっと置いておくと、あっという間に真っ黄色です

ただね、個人的な感覚からすると、
ある程度熟した梅で漬けると、
実もジューシーに出来上がります。
青梅で着けると、実はシワシワになっちゃいます。
・・・その分、エキスがよく出ているのでしょうか。。。

来年は、青梅で漬けるのを目標にしたいと思います。

今年のレシピです。

Suntory Brandy XO 1920ml
梅 1kg
氷砂糖 800g

原点回帰です(笑)
多分、間違いない味に仕上がるはずですし。
お砂糖を、ちょっぴり控えめにしてみました。
さて、どうなりますか・・・。

PageTop

Chateau Ollieux Romanis 2008

4_20120723153155.jpg

5月の蔵直ワインの赤です。

5_20120723153154.jpg 6_20120723153153.jpg

フランスですね~。
GrenacheとMourvèdreの混醸。
フランスにしては、ちょっと珍しいセパージュ…ですかね?

ブラックベリーの香り。
甘みもありますが、かなりのタンニンンです。
翌日、残っちゃうだろうなーっていうのが
飲んでいるときから想像できる重さ
この値段にしては、濃度もありましたね。

ところで。
ワイングラスが変わっていることにお気づきでしょうか?

はい、愛用していたグラスを割ってしまいました。。。
最近、立て続けにグラスを食器を割ってしまいましたねぇ。
また、どこぞに仕入れに行かなくては!です。

PageTop

Mc Sorley'S

1_20120723153039.jpg

ビアフェス土産、今回は3本いただきました。
うち1本はまいどお馴染みシメイブルーなので、
割愛させていただきます。

2_20120723153038.jpg 3_20120723153037.jpg

お初にお目にかかりますね。
アメリカのビールです。

原材料は麦芽とホップで、アルコールは5%。

香りは凝縮された麦の甘みが感じられて、
結構好みな感じ。
お味には甘さはなく、程よい苦味と…酸味も少々感じられますかね。
最近、アメリカ=苦い、のイメージができつつありましたが、
こちらは大丈夫でした。

ごちそう様でした~♪

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。