ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Bacardi Apple Mojito

前飲んだ別のフレーバーが、
あまりにあまりで、全部飲めなかったバカルディシリーズ。

新しいテイストが出ましたよ。

7_20130114175013.jpg 8_20130114175015.jpg

どうしようか迷いましたが、
まぁ一度は試してみないとね(笑)
アップルモヒートだそーです・。

原材料は、ラム、糖類、酸味料、香料、
酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、カラメル色素で、
アルコールは6%。
‘アップル’ですが、果汁は使ってません。。

ドキドキしながら飲んでみました。

まず、リンゴっぽい香りがします。
その後に、ミントの香りが立ってきます。

うん、飲めなくないです(笑)
特にイヤな香り・味はないので。
時間が経つと、リンゴが弱まり、ミントが強くなってきます。

リピートはしませんが、
今までの中では一番飲める味でした。

・・・ひどい言いようしてます?w


ひっさしぶりにこちらのブログを編集しました。。。
画像が5枚まとめてアップロードできるようになったのは
少しは前進って感じではありますが、
相変わらず使いづらいですね。

画像入力するのに、いちいち別ウィンドを都度クリックしなきゃだし、
改行したくてエンター押したのに、画像が2枚貼り付けられたり。
はたまた、あっという間に投稿されちゃったり。
ストレスたまりまくりです。

で、放置しちゃってたわけですが。

メインブログをここにしなくて本当に良かった。。。

スポンサーサイト

PageTop

つぶつぶ果肉 オレンジチューハイ

昔、ありましたよね。
つぶつぶオレンジジュース。
一時期すごく飲んでいた気がする。。。

4_20130114175010.jpg

サンガリアのつぶつぶシリーズです。
ローソンが定期的に入荷してくれてます。
GJローソン!(笑)

5_20130114175011.jpg 6_20130114175012.jpg

原材料はオレンジ果汁、醸造アルコール、糖類、酸味料、香料
乳酸Ca、ビタミンCで、アルコールは3%。

つぶつぶの果肉が楽しいです!
味はサラッとしていた、水のように飲めます(コラ)
デザート感覚でいただくのに、ピッタリです♪
そして、この程度の果肉の大きさが、一番飲みやすいかも。
ぶどうとパインは、果肉が結構大きいので、
ちょっと飲みづらいんですよね。。。

でも、このシリーズ、結構お気に入りです♪

PageTop

冬物語

10_20130114174110.jpg

秋味が出たと思ったら、すぐ冬物語ですね。

11_20130114174111.jpg 12_20130114174112.jpg

原材料は麦芽、ホップ、米、コーン・スターチで、
アルコールは5.5%。
1988年の味を限定復刻だそーです。
発売初年度の味、ってことですね。

そんなに違うものかしら…と思いましたが、
なんか、甘いです。
麦の甘味っていうより、ガムシロの甘味。
もちろん、甘ったるいわけではないですが、
あれ?甘い、と感じるお味。

面白いですね。
毎年少しずつ味が違うのでしょーか。
飲み比べ、してみたいですねぇ(笑)

PageTop

LOT88 2009

7_20130114173743.jpg

9月の蔵直ワイン白です。

8_20130114173744.jpg 9_20130114173745.jpg

オーストラリアです。
Semillon と Sauvignon Blancの混醸。
アルコールは13%。

ほのかに酸味を感じる香り。
やや、もったり感のある味。
味は酸味弱めで、甘さを感じます。
ボリュームもしっかり。
そして、ぶどうが育っている間、暑かったんだろうな~と感じさせます。

値段にしてはボリュームしっかりで、コスパがいいですね~。

PageTop

-196℃ 白桃ヌーヴォー

5_20130114173741.jpg 6_20130114173742.jpg

山梨県産の白桃を使っているそうです。

原材料は、桃、スピリッツ、糖類、酸味料、香料で
アルコールは5%。
桃浸漬酒使用、だそうです。

サッパリした甘み、桃が優しく香ります。
炭酸が強くないのもいいですねー。
スルスルといただきました♪

コンビニ…ローソン限定商品だったかな?

この前、エビアンにリラックマの付箋がオマケでついていて、
リラックマ好きの同僚のために買ってみました。
とても喜んでいたので、他の絵柄も買おうかな…
なんて思っていたのですが、次に行った時には影も形もなく。。。
人気なのね、リラックマ。
そして、ローソンでしかやってないとは知らなかった~。
色々独自にやっているのですね。

PageTop

甲州 酵母の泡

1_20130114173522.jpg

西〇友で珍しく日本の泡を売ってまして。
最初は買うつもりはなかったのですが、
おまけで付いていた、スパークリング用のストッパーが
何だか使い勝手が良さそうでいいなー、と。
オマケ目当てで買ってきました(笑)

2_20130114173523.jpg 3_20130114173524.jpg 4_20130114173525.jpg

国産ぶどう100%使用だそうです。
品種は甲州ですね。
アルコールは11%。

無色透明に近い色ですね。
ぶどうを感じさせる香り。
味にも果実の甘みが感じられます。
甘口ではありますが、
甘さ控えめ。
フルーティーでキレがあります。

甲州のイメージがイマイチだったのですが、
これはなかなか美味しかったです。

キッコーマン、なんですね?
キッコーマンというと、醤油のイメージしかないのですが…(笑)
値段も手ごろだし、デイリーに良いと思います。

PageTop

Pilsner Urquel

9_20130114173351.jpg

いただきものです♪
あらためて写真を見ると、中途半端な注ぎ具合でしたね(^^;

10_20130114173352.jpg 11_20130114173353.jpg

結構有名ですよね。
アルコールが4.4%というのしか分かりませんが…
多分、麦芽とホップのみじゃないですかね。

とてもオーソドックスなお味。
スッキリしてますが、ドライではないですね。
で、日本のビールと違って、何か独特の香りがします。
ホップ、ですかね。

ごくごくといただきました。
ごちそう様でした~♪

PageTop

Julimar Cabernet Sauvignon 2007

5_20130114173220.jpg

9月の蔵直ワインです。

6_20130114173221.jpg 7_20130114173222.jpg 8_20130114173223.jpg

オーストラリアのカベソーです。
アルコールは14.5%。
さすが、ちょっと高めですね。

ブラックチェリーの香り。
ものすっごいボリューミーで、
グラスから香りがあふれてきます。
程よい酸味で、タンニンはやさしめ。
果実味たっぷりで飲みごたえのあるお味です。
でも、飲み疲れはしないです。

この値段でこのお味は、かなりコスパが良いのではないでしょーか。
また買ってもいいかも、なんて思いました♪

PageTop

北海道ハイボール ハスカップ

コンビニでゲットしてきました。
ちょっと高かったですけど。。。

1_20130114173104.jpg

ハスカップ・・・名前はよく聞きますが、
実物を見たことはありません。
加工されたものでした食べたことがないので、
本当の味も知りません

2_20130114173105.jpg 3_20130114173107.jpg 4_20130114173108.jpg

原材料は、糖類、スピリッツ、酸味料、ビタミンC、香料で
アルコールは5%。
・・・あれ?
ハスカップは??

表のラベルには「美唄産発カップ使用」って書いてあるから、
使ってるんですよね?
果汁とか何とか…ねぇ?

お味ですが、あまーいです。
微炭酸。
ハスカップというと、レアチーズケーキにかけるソースで食べた時、
結構酸っぱかったので、酸っぱいものだと思っていたのですが、
これはかなりの甘さ。
実際は、どうなんでしょう。。。

デザートって感じですね。
あまりアルコールも感じないし。

別のテイストも買ってきているので、
飲んだらまた報告しまーす♪

PageTop

SPARX 刺激的ワインスパークリング

合成甘味料系はあまり買わないのですが、
味がどんなものか気になるので、買ってきてみました。

12_20130114172853.jpg 13_20130114172854.jpg

アルコール9%のシリーズです。
原材料は、ウォッカ、白ワイン、糖類、酸味料、香料、
カラメル色素、甘味料ですが、
甘味料の種類が少ない気がします。

さて、気になるお味ですが。

スプリッツァーでしたっけ?
白ワインのカクテル。
イメージ的にはあんな感じです。
確かにワインの香り&味。
炭酸しっかり。
で、甘さ控えめなので、合成甘味料のイヤな味があまりしません。

甘くないやつなら、イケる、ということを学習しました(笑)。

ただ、9%、結構きますねー。
これ系は1杯目に飲むことが多いですが、
さっさと酔います(爆)

これは、リピートしてもいいかな~。

PageTop

白ハイボール

ハイボール人気も健在…というか
すっかり定着しましたかね。
新商品が出ていたので、買ってきてみました。

10_20130114172851.jpg 11_20130114172851.jpg

キリンから、白ハイボールだそうです。
何が白いのかよく分かりませんが、
イメージ的にはクセがなく、飲みやすい味をイメージしますかね。

原材料はウイスキー、糖類、香料、酸味料で、
アルコールは5%。

まずは一口。

・・・うぇぇぇ~。

どこが‘クセがない’味ですか。
クセありますがな。
なんか酸っぱいし。

イメージ的にはモルトじゃなくて、バーボン?
バーボンも嫌いじゃないですけど…
白ハイボールという商品名からは、この味は想像しないです。
角ハイボールの方が全然クセがないというものですよ。

個人的には残念なお味でした。。。

PageTop

ほろよい レモン&ジンジャー

8_20130114172437.jpg 9_20130114172438.jpg

まだまだ生姜人気は続いてますかね。
ちょいちょい見かけます、生姜入りの食品。

ほろよいからも出ました~♪ 

原材料は、レモン、スピリッツ、レモンsぴりっつ、生姜、糖類、
酸味料、香料、カラメル色素で、
アルコールは3%。

酸味は弱め、生姜の辛味もほとんどなく、
ほぼ、ジンジャーエールな感じ。
ごくごくイケます。
炭酸も強すぎず、結構好きなテイスト。
ほろよいの中では、紅茶味に続いてこれが好きかも~♪

また買ってこようっと。

PageTop

秋味

5_20130114172434.jpg

なんか、去年はいつまでーも夏って感じで、
なかなか涼しくなりませんでしたが、
ようやく秋めいてきました…かね。
合服を着る期間が年々長くなっている気がします。

さて。
毎年恒例秋味です。
特に好みというわけではない、ということが分かっていても、
一度は買うのです。
季節ものだから(笑)

6_20130114172435.jpg 7_20130114172436.jpg

原材料は麦芽、ホップ、米、コーンスターチで、
アルコールは6%。
ちょっと高めですね。

確かに濃度はありますね。
麦の甘みを強く感じるような気がします。

PageTop

Bourgogne Blanc 2010(Père Guillot)

1_20130114172216.jpg

それほど冷やさなくてもいいかも?などと。
飲む少し前に冷蔵庫に入れてみました。

2_20130114172217.jpg 4_20130114172221.jpg

3_20130114172220.jpg

フランスです。
Chardonnay 100%でアルコールは12.5%。

淡い黄金色。
もわっとした香ばしい香りの中に、
パイナップルのようなトロピカルな香りも。
シャルドネだなーって感じ。
口当たりは丸く、酸味も弱め。
ほのかに甘みも感じられます。
結構ボリューム感のあるお味。

樽の効いたシャルドネは苦手なのですが、
これは気にならずにいただけました。
説明を読むと、樽熟成をかけていないそうです。
それでか~。

最初はちょっともわっとしてましたが、
ある程度冷えてくると、キリッとした味になりました。
やっぱり、そこそこ冷やした方がいいですね。

PageTop

コーヒー焼酎

10_20130114172102.jpg

漬けてみました。
コ-ヒ-焼酎♪

瓶が一つ空いていて、何か甘くないのを漬けたいな…
と考えていたのです。

そこで、コ-ヒ-焼酎o(^-^)o
コ-ヒ-豆と、焼酎、それだけ。

コ-ヒ-豆の分量はレシピによってかなり差がありましたが、
一番多い200グラムにしました。
専門店のホテルブレンド。
浅煎りの方がいいらしいので、色が薄いのを選んできました。

焼酎は、25度の方のいいちこ。
やっぱり梅酒の季節じゃないと、
果実酒用の甲類焼酎って売ってないんですね。
ま、いいちこならクセもないですしね。

割と早く出来上がるらしいので、楽しみです♪
飲み方も色々試してみたいですねぇ~(^^)v

PageTop

Tulip Cabernet Sauvignon

たまにはアリかなぁ…と思って、
買ってきてみました。
プラカップ入りのワイン。

8_20130114171920.jpg 9_20130114171921.jpg

その名の通り、CS100%のようです。
オーストラリアで、アルコールは14%。
187mlという、中途半端な量ですww

そのまま飲めて便利…なのか?

縁ギリギリまでワインが入っているので、
空ける時に気を付けないと、こぼしてしまいそうです。
そして、飲んでる時も、倒さないように気を付けないと、
なカップですね(笑)

冷やして売っていたので、冷蔵庫に入れていたのですが。
サッパリした味。
特に何のひっかかりもなく、スルッと飲める味。

しかーし。
カップの縁がね、ごついんです。
結構な厚みがあるんですよ。
飲む度に上唇にごつい縁が当たって、不快。
かといって、この形じゃ移し替えるのも微妙ですし。

やっぱり、グラスって大事、と思ったのでした。

PageTop

アメリカンペールエール(銀河高原ビール)

銀河高原ビールだと思っていたら、
軽井沢高原でした、なんてオチが先日ありましたが。
今度は間違いなく、銀河高原ビールですww

5_20130114171524.jpg

こちらも、季節限定商品のようです。

6_20130114171525.jpg 7_20130114171526.jpg

原材料は麦芽とホップのみ。
アルコールは5.5%。

写真だとちょっと分かりにくいかもしれませんが、
ちょっと白く濁りがありました。
無濾過ですかね?

色は濃いめのこげ茶で、ホップがしっかり香ります。
しっかりめの苦み。
ホップのアロマが鼻に抜けます。
やや、もったりした味ですね。
苦くてホップが香るといえば、IPAを思い出しますが、
これは全然違います。
製法の違いでしょうか。

美味しくいただきました♪

PageTop

Five Year Old Bual(Blandy's)

寒くなってくると、マデイラワインの出番です!
今年の春のワインフェスで買ったものの、
暑い時期には手が伸びず。。。
ようやく出番がやってきました(笑)

1_20130114171357.jpg

スニフターグラスとどっちにしようか迷いましたが、
スイートワイン用のグラスにしてみました。

2_20130114171358.jpg 3_20130114171400.jpg 4_20130114171401.jpg

確か、いくつか種類があったんですよね。
当然、熟成期間が長いほとお値段もよろしくて。
味と値段とで考えて、こちらを買ってきた気がします(笑)
アルコール19%と、結構高めです。

オレンジがかった茶褐色。
キレイな色ですねぇ~。
紹興酒のような濃度のある香りですが、
口当たりは軽くサッパリ。
甘ったるすぎない甘さと、香ばしいナッツのような香り。
アフターはしっかり伸びます。
じんわりと、体に沁みてくるお味です。

これ系は、開けてもしばらく持つのがいいですよね~。
ちびりちびりといただけます。
これから寒くなるし、他にも仕入れて来ようかな。

・・・そういえば、田中屋にマデイラを色々置いていたような…?
いつもビールコーナーに直行しているのですが、
他も色々見てみよう、そうしよう。

PageTop

Belgian White 2012(ヤッホーブルーイング

10_20130114171200.jpg

シーズナルビールを売っていたので、買ってきてみました。

11_20130114171202.jpg 12_20130114171203.jpg 13_20130114171205.jpg

えっとー。
実はこの記事を書くこの瞬間まで、
「銀河高原」ビールだと思い込んでました(爆)
銀河高原なのに、なんでヤッホーブルーイングなんだろう?
銀河高原って東北のメーカーよね?と。
確認のためググってしまいました(^^;

で、改めて写真を見て、あ、軽井沢だ、と(爆)

よなよなでお馴染みヤッホーブルーイングからの、
ベルジャンホワイトが発売されてます。

原材料は大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、コリアンダーシード、オレンジピールで、
アルコールは4.5%。
ホワイトといいつつ、小麦色ですね。
お味は甘さしっかりめだけど、小麦の香りは控えめでした。
スパイスの要素はそれほど強く感じなかったかな~。
クセがなく、飲みやすかったです。

いやー。
びっくりしたなーww
銀河高原ビールといえばヴァイツェンだけど、
結構味違うなー、なんて思いながら飲んでました(^^;

PageTop

Chateau Grand Bourry 2009(Père Guillot)

7_20130114171032.jpg

8月の蔵直ワインです。

8_20130114171033.jpg 9_20130114171034.jpg

フランスです。
ローヌ地方の南、って書いてありますかね。
セパージュはGrenache 50%、Mourvèdre 30%、Syrah 20%。

濃度のある濃いルビー色。
スパイシーな香りが取れます。
Syrah由来でしょうか。
口当たりは軽く、ほのかな甘み。
優しいタンニンと渋みで、疲れないお味。

最初はまだ開いてないのかなー?とも思いましたが、
最後までその味だったので、そういうワインだったようです(笑)
このくらいの重さだと、疲れなくていいですね~。

PageTop

よなよなエール(ヤッホーブルーイング)

西〇友でね、売ってたんですよ。
よなよなエール。
珍しい!と思って買ってきました。
3_20130114170800.jpg

もう今更言うまでもないですけどね。
ちょーメジャーですし。

4_20130114170801.jpg 5_20130114170802.jpg 6_20130114170925.jpg

最近気になるのですが、
大半のクラフトビールは瓶ですよね。
よなよなとか銀河高原とかエチゴビールとか、缶で出してるところは少数です。
瓶と缶、何が違うんですかねぇ?
やっぱり、ロット数の問題かしら。

さて、缶で発売されているよなよな。
原材料は麦芽&ホップのみで、アルコールは5.5%。
缶の後ろに色々書いてありますねー。
8年連続金賞受賞とか、すごいですね。

お味ですが、ケグと遜色ないホップの豊かな香り。
コクがありつつ、濃すぎず、バランスが良いです。
美味しいですねぇ。
確か、バーレーワインもあるんですよね~。
飲みたいな~♪

PageTop

KANOKA 焼酎ハイボール

〇のか、で〇に入る文字というと
何となく「ほ」のイメージが強くて、
こちらも「ほのか」と思い込んでいましたが、
「かのか」でしたね。

1_20130114170758.jpg 2_20130114170759.jpg

アサヒから焼酎ハイボールです。
原材料は焼酎(甲乙混和)、酸味料、香料で、
アルコールは7%。

お味ですが。
うん、甲類焼酎の味がするね(笑)
そして、何となく酸味っぽい感じもあるような…。
香料のなせる業でしょうか。

冬場に、いいちこお湯割りを飲むことはありますが、
梅干しを入れるのが前提なんですよね~。
シンプルな水割りだと、
乙類の方が美味しいですよね、やっぱり。

あ、缶の「糖類ゼロ」の下に
「※栄養表示基準による」とわざわざ書いてあるのが気になりました。
糖類は使ってないけど、
焼酎には糖分が含まれてるとか、そういうことでしょうか。

PageTop

Chianti San Martino 2011

6_20130114165810.jpg 7_20130114165812.jpg


締めはイタリアのChianti。
程よい酸味でバランスが良かったような気がします。

PageTop

安心院 Sauvignon Blanc

3_20130114165807.jpg

面白そうなので、日本の白をいただきました。

4_20130114165808.jpg 5_20130114165809.jpg

大分のワインです。
NVなんですね。
安心院と書いて「あじむ」と読みます。
小学校の同級生にいました。
でも、同級生は「あじみ」と読みました。

味は、覚えてません(キリッ

PageTop

Chateau de Jaunay 2011

12_20130114165532.jpg 13_20130114165533.jpg

ブラインド2種類目。
Rieslingかなー、なんて思いましたが、
Muscadet でした。
全然当たらないですねー(笑)
フランスです。
ミネラリーでフルーティーな香り。
味はやっぱり辛口。

PageTop

Vina Aralia 2010

10_20130114165530.jpg 11_20130114165531.jpg

ブラインド3種のうちの1種。
とっても華やかでフルーティーな香りはとても好み。
だけど、ゲヴュルツとも違うなーと思ったら、
GewürztraminerとChardonnayとSauvignon Blancの混醸でした。
味は辛口。
なるほどー。

PageTop

甲州にごりわいん

8_20130114165350.jpg 9_20130114165529.jpg

こちらは日本のヌーヴォー。
甲州100%です。
その名の通り、マッコリ並に濁ってました。
お味は‘ぶどう’って感じ。
うん、甲州だね。

PageTop

Rosso Novello(Lizzano)

6_20130114165348.jpg 7_20130114165349.jpg

ボジョレは11月17日に解禁ですが、
イタリアのNovelloは一足早く解禁になってます。
2012年はかなり不作らしいですねぇ。
こちら、ちょっと甘みも感じられて美味しかったです。

PageTop

Moore’s Creek Sparkling 

4_20130114165346.jpg 5_20130114165347.jpg

オーストラリアのスパークリングです。
炭酸はそれほど強くなくて、ふくよかな味わいで結構好みでした。
Semillon 100%のようです。

PageTop

Birra Ambrata(Collesi)

馬場にイタリアンを食べに行った時のこと。

カンパリソーダを飲み干して、
ワインにしようかなぁと、メニューを眺めていて、
ふと、「イタリアの地ビール」なるものを発見。
デキャンタのワインなんかより、良いお値段です。
が、何にでも合うしな~ってことで、
ビールをいただきました。

1_20130114165055.jpg

ボトルがなかなかオシャレです。
500mlです。

2_20130114165055.jpg  3_20130114165056.jpg

原材料は麦芽、ホップ、糖類で、
アルコールは7.5%。
苦味は控えめで、ほんのり甘味が感じられます。
濃すぎないコクがあって、飲み疲れしないお味。
美味しいですね~♪
ゆるゆるといただきました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。