ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Sonnenglanz 2003 (Bott Geyl)

値段の低い順に飲み進めております。
同じ蔵のワイン。
買った中では一番高いのを飲みました。

1_20120430170908.jpg

スラリと長いボトルですね~。
高いといっても、3千円ちょっと…でしたでしょうか。

2_20120430170907.jpg 3_20120430170906.jpg

これまた、ドイツっぽい名前のワインですが、
しつこいようですが、フランスです(笑)
Pinot Gris 100%で、アルコールは13%。
そうか、Pinot Grisなんだ、と。
あまり甘いワインのイメージがなかったので、
甘口と思って買ったんだけど…と、ちょっとドキドキ。

香りはカルヴァドスのような香り。
あまり嗅いだことのない香りでした。
トロッとした舌触りで、ほどよい甘み。
ぶどうというより、発酵した青リンゴのような風味。
ドルチェのようなふくよかさもあって、美味しい♪

甘口というと、ゲヴュルツやリースリング、マスカット系が多いですが、
Pinot Grisで甘口だと、こういう感じになるんだな~と、
面白かったです。

そして、同じ蔵の飲み比べで、
やはり、ワインは値段なりである、と再確認しました。
あ、ある一定以上いっちゃえば、最終的には好みだと思いますけどね。

でも逆に、「高かったのにっ!」と悔しい思いをする心配は(ほぼ)ない、
というのが良いところかなー、などと。

また、面白そうなのがあったら買ってみようと思います。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。