ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドメーヌ・サン・ミッシェル2007

015_20081227113625.jpg

安物ワイン2本目です。
アルコール度数12.5%と低め=薄いかな、と想像しまして。
こちら、ラベルにはセパージュが書いてないのですが、
カベルネ・ソーヴィニヨンとカリニャンが50%ずつのようです。

色はか~なり濃厚なぶどうジュース色。
香りはしっかり重い感じで、ほのかにバターを感じるような。
香りの通りの味ならかなり好みのはず…と、
期待しながら一口。


…。

……味がない(爆)
     

いや、無くはないんですよ、無くは。
ワインですから(^^;
ただ、飲み口と後味はスッキリサッパリ水のよう。
喉に入る時に、ちょろっとだけフレッシュな酸味とタンニンを感じますが、
すぐに消えます。
食事と一緒に飲むと、「ちょっと!これ、誰か水入れたでしょ?!」
と言ってしまいそうな薄さ。
うーーーーーん。
まぁヘンに臭いよりは飲めますけどね(笑)
値段と密度が比例するのでしょうか。

香りから、メルローっぽさを期待したのですが、
カベルネかぁ。
カリニャンはスペイン原産種のブドウで、
カリニエナもしくはマスエロとも呼ばれるそうです。

好きなのを○本選びなさい、と言われて
最後の1本、他に欲しいのがないなぁ~、
というシチュエーションなら、これを選ぶかな~…。
という感じのワインでした(笑)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。