ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブラインドコンテスト~6回目結果&7回目~

去年の秋に、MY7回目のブラインドコンテストに参加してきました。

あ、その前に。
そういえばMy6回目の結果報告してませんでしたね。

◆私の解答:GlenMoray 1992年 14Y 
◆正解:Glengrant 1989年 15-16Y

見事に外れました
注いで2時間経った問題のモルトは
確かにGrantっぽかったんですよね~。
でも、熟成年数が結構近かったのは嬉しいです♪

気を取り直してMY7回目。
再びアイラ特集です。
問題のモルトはか~なりスモーキーでピーティーですが、
味はかなりまろやかで美味。
このスモーキーさは・・・ArdbegかLaphroaig?
というのがファーストインプレッション。
でも、「いかにも、という感じのスモーキーさなので逆に怪しい」
という店長さんのコメントにも納得。

Caolilaじゃないし、Bruichraddichじゃないし、
Kilchomanなんて絶対違うし、
Port Ellenもここまでじゃなかった気もするし・・・と、
メモを見ながら4つに絞り、それぞれハーフでいただきました。

●「Ardbeg」1994 Spirt of Scotland(Gordon&Macphail)
   か~なりスモーキーな香り。
   味もスモーキーで焦げてる感じ。
   カスクなので55.8%あります。

●「Bunnahabhain」1991 15Y Douglas Laing
   こちらはあまりスモーキーさはなく、
   麦っぽい甘味があります。
   若干オイリー。

●「Laphroaig」8Y Provenance(Douglas Laing)
   こちらもダグラスレインがリリースしているものですね~。
   ピーティーなのですが、なんか違う気がする・・・

●「Lagavulin」Official 18Y
   既に面倒くさくてメモを取ってません(笑)
   いつぞや飲んだ時もメモ取り損ねてるラガヴーリン(^^ゞ

で、時間が経ってくると問題のモルトからも焦げが感じられたりして、
結局良く分りません(爆)
なので、ファーストインプレッションに従うことに。

◆今回の解答:「Aedbeg」16Y 1990年

普通は1ヵ月くらいで結果が発表になるのですが、
社長さんが御多忙なようでなかなか結果が発表されず、
ついに年を越してしまったな~と思っていたら、
昨日、ようやく発表されました。

◆正解:「Ardbeg」 8Y 1996年

またも熟成年数違いです。
あのわざとらしいくらいのスモーキーさは、
若さのなせる技だったのかー(笑)
でも数年の差なら悔しいけど、
倍で答えちゃってるので、あまり悔しくないです。
My6回目は蒸留所を外しちゃってるので、
蒸留所が当たってただけでも嬉しい♪
 
振り返ってみると、
7回参加したうち、1・3・4・5・7回の計5回、
蒸留所は当ててます。
いいぞーo(^^)o
今年も頑張ろっと(笑)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。