ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

TOSCAR MONASTRELL 2005

09.jpg 10.jpg

どストライクで好きなBarahondaと同じ
モナストレル種のスペインワインです。
ブドウが好きなのかどうなのか、確かめるための1本(笑)

で、ですねぇ。
実はこちら、先週開けたんです。
禁酒する前。
その時はその前の5本目を最後を飲み干した後だったし、
またゆっくり味わって感想を書こう、と思っておりました。

んが。
胃の調子が悪くなって、そのまま禁酒してしまい。。。
口開けして約1週間置いてしまったんですねぇ。
まぁ少々大丈夫よね?と思いながらグラスに注ぎ、
香りをかぐと少し重めの良い香り。
うん、大丈夫、大丈夫、と飲んでみると…

マズッ!

激マズです。
ブドウが傷んでいるような味がします。
てか、傷んでるんじゃないの?って思うほど。
アルコールとはいえ、傷むものなのか?
もしかしてお腹痛くなっちゃう?!
でもまだ半分以上あるから捨てるのは勿体無いし…
料理に使うっていったって、これだけの量をどうする?
リンゴでも煮る?などと、
自問自答しながらも飲み(飲むんかい)、
できればさっさと飲み終えてしまいたかったのですが、
やっぱり飲み切れず、グラス1杯半分くらい残して止めました。

記憶をたどると、結構酸味の強い味で、
あー、やっぱりモナストレルが好きなんじゃないんだな、と。
あれはカベルネとの混醸で、
しかも樽熟をかけてあるからあの味が出てるんでしょうねぇ。
残念ながら4本目までは上向きでしたが、
最後の2本はイマイチでしたね(^^ゞ

そして、安物ワインはさっさと飲まないとダメ、
というのを身を持って体感しました。
あんなに不味くなるものなのですねぇ
いいワインは少しくらいは大丈夫らしいですけどね。
どこからが「いいワイン」なのか、良く分からないのですけどね
基本的にはさっさと飲めってことですね(笑)

あ、勿体無いから残りも飲みますよー。
飲みますともさっ!
お腹痛くならなかったしっ(爆)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。