ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

OCHAGAVIA Silvestre 2007

ワインの名前はどこまで、どう書いていいのかよくわかりませんねぇ。
地名とか、蔵の名前を知らないせいだと思われます。
本を買ってこなきゃと思って、まだ買ってないしな~(^^ゞ
ワイン会講師の山本さんオススメの本を本屋で見ると、
とてもサイズが大きくて、本棚に収まらないなぁ…
ってそこかい!(笑)

で、第3弾安物ワインシリーズ1本目です。
今回は特に安物を狙ったつもりは無かったのですが、
6本で5千円弱という安物セットを買ってました(爆)
多少なりとも当たりがあるといいですねー。
(他人事?)

01_20090318142105.jpg

 OCHAGAVIA Silvestre 2007

最初にラベルで飲む順番を何となく決めるのですが、
これと、スクリューキャップのメルローとどちらにするかすごーく悩みました。
フランスのスクリューキャップなんて、いかにも期待できなさそーじゃないですか(^^;
なのでそっちにしようかな、とも思ったのですが、
そのインポーターが巴工業だったんですよね~。
巴工業といえば、大好きなBarahondaを仕入れているところ。
なので「巴工業を信じてみよう」ってことで、こちらを先に開けました(笑)

02_20090318142157.jpg

03_20090318142246.jpg

チリワインで、カベルネS100%です。
ゴムのコルクでした。
まず色で見ると、いかにも薄そー
香りはプラムやバターっぽさも感じられて、濃厚。
味は…薄い。
「水入れたでしょ?!」とまでは思いませんが、薄い。
チリワインでも薄いのあるんですねー。
ま、千円以下のワインですから、こんなものでしょうか。。。
薄い中にも酸味とタンニンが少~し感じられます。
ベリーっぽさもあり。
これで濃度が濃かったら、好きな系統の味なんだけどな。
ま、テーブルワインとして食事と一緒にスルスル飲むには良いかも。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。