ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Rodenbach Grand Cru

01_20090616101702.jpg 02_20090616101702.jpg

ベルギービールで原材料は麦芽、ホップ、トウモロコシ、糖類。
アルコール度数は6.5%と、まぁまぁのところ。
説明を良く読むと「酸味のある」と書いてあるのですが、見逃してまして。
飲んでビックリの酸っぱさでビックリ!
日本語ヘンです(笑)
いやー、これは飲み方を失敗すると激しくむせますね(^^;
「これ、お酢ドリンク」と言って小さいカップにでも入れて出されると、
そうなんだ~と信じてしまう酸っぱさですね。

グランクリュっていうのは「20ヵ月以上オーク樽で熟成させたもの」、だそうで、
ググってみると「喉を通るその強めの酸味が喉の乾きをいやす」
なんて書いてあるサイトがありましたが、
酸っぱい飲み物では喉の渇きは癒せないかと…
ほのかなレモンとか梅、くらいならアリだと思いますけど。
いやー、面白い味でした。
いつぞや買ってきて‘酸っぱっ!’って驚いた
Val-Dieu…だったかな?も、
あれでデフォな味だったのかも。。。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。