ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Isola dei Nuraghi 2007

01_20100221174642.jpg 02_20100221174642.jpg

最近グラスワインのラインナップを変えた、とかで
お手頃価格のものが登場しまして、こちらがその赤。
値段の割りにコスパが良いんですよ、ということだったのですが。

注いでいただいたワインの香りを嗅いでみると、
なんかすごい匂いなんです
使い込んだマットのような・・・。
「なんかすごい匂いしますよ?」と、正直に言うと
「ええっ?!」と、グラスに注いで香りを嗅ぐ店長さん。
「あれ?このワイン、こんなじゃないはず・・・。
 開けたばっかりだし、ブショネとも違うし・・・。」
ってことで、こちらはサービスしていただきました(笑)

かなーりスワリングすると、ちょっと香りが落ちついて、
軽い口当たりの中に、チェリーっぽい果実実感じられるワインなんだな、
というのは分かりました。

原因は何だったんでしょうねぇ??
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。