ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

世界のハイボール 樽熟シェリー&ソーダ

03_20100322173654.jpg 04_20100322173654.jpg

キリンから出ましたねー。
ハイボールといえばサントリーのイメージ。
それに対抗するかのように、キリンからハイボール。
そもそも合併なんて無理じゃん?って気がしてきます(笑)

さて。
ハイボールというと、日本ではウイスキーのソーダ割、という認識ですが、
広義としてはスピリッツをソーダなどで割ったものを
ハイボールと呼ぶようです。
こちらの原材料にはウイスキーは全く使われておりません。
広義な意味でのハイボールらしい。。。

その原材料ですが、ウォッカ、シェリー、食物繊維、
糖類、香料、酸味料、加工デンプン、カラメル色素。
・・・何ですかね?加工デンプンって
アルコール飲料で使われているのを初めて見た気がします。
アルコールは6%で、これ系にしてはちょっと高めです。

お味はといいますと、
なんといいますか、風邪シロップっぽい甘さ?
サッパリしているので後を引くことはないのですけど。
どうもなんか・・・ねー。
人工的な感じというか。
原材料を見ているからそう感じるのかもしれませんが。
2度は買わないなーって感じデス。
     

最近思うのですけどね。
こういった缶入りカクテルって、色を付けてることが多いですよね。
でも実際、どれだけの人がわざわざグラスに移して飲んでいるのかなぁ?
と、思うのです。
普通移しているのかしら・・・
個人的にはヘンに色を付けなくても良いのでは、
って気もするんですけどね~。

モルトだと、Non-color(カラメル色素不使用)っていうのが主流というか、
余計なもの入れるなよ、っていう感じがあるので、
カラメル色素が入っていると、ちょっと残念な気がしてしまうのです。

まぁ、それとこれとは別ですかねー。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。