ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Leon Manbach 2005

01_20100425152601.jpg

去年の秋のワインフェスで仕入れてきたゲヴュルツです。
デイリー価格ではないのでね。
お店の人も積極的には試飲を勧めてない風だったのです。
買ってきたやつより安いゲヴュルツをまず試飲して、
「やっぱり美味しい~♪」と盛り上がっていると、
「ゲヴュルツ好きなら是非こちらも・・・」と試飲させてくれて、
格段にそっちの方が美味しくて、
迷わず買ってきた1本。

02_20100425152601.jpg 03_20100425152600.jpg

アルザスのゲヴュルツですねー。
イタリアのゲヴュルツって、売ってるのにお目にかからないなー。

04_20100425152600.jpg

キレイな黄金色ですね~。
コルクの香りを嗅いだだけで、
あまりの華やかな香りに腰が砕けました(笑)
いや~、幸せな香りです

華やかでリンゴや蜜の香り。
ライチも少し・・・かな。
優しい口当たりと甘さ。
少しトロッとしているけど、雑味が全くなく、とってもまろやか。
「サッパリ」という表現だとちょっと違うのだけど、
優しい甘さで、最後に華の香りが鼻を抜けていきます。
     

やっぱり美味しい~~~~~~o(^^)o

ちょっと前、久しぶりにCono Surのゲヴュルツを買ったんです。
で、まぁ華やかな香りはあるにはあるけど、
濃度が低くてイマイチ物足りないなー、なんて思っちゃったんですよね。
やっぱり値段の差は濃度に出る!と思う今日この頃。

これを毎日(毎日?!)飲めたら幸せだなぁ~。
そんな不経済なことできないけど(笑)
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。