ゆんの酒blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Purnar 2007(Weissburgunder)

5_20101128145537.jpg

イタリアでPinot bianco 100%です。
かなーり淡い色。
ちょっと香ばしいような香りがします。
凝縮感のあるお味。
酸味もしっかりしています。

が。

同じワインを4日前に抜栓して置いておいた、
というものと飲み比べてみると、
同じワインとは思えないお味なんです。

4日前に開けておいた方が、よりミネラリーな香り。
ドライだけどアフターに甘味。
濃度も感じられます。
ちょっとピリッとくるので、まだ若い感じ。
こちらを飲んだ後、再度抜栓直後のを飲むと、
薄くて物足りなく感じられます。
1杯目はまだ舌が慣れていないからもあるのだと思います。

量さえ減っていなければ、
栓を開けてもしばらくは持つのだそう。
なので、1本を半分に分けて飲むなら、
ハーフボトルの空き瓶に移しておけば、
数日は保存できるそうです。
なるほど。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。